« ようやく | トップページ | ウォームビズ »

2005年11月11日 (金)

おうちのはなし。

今回引っ越したのは市電の駅の近く。

職場も、市電の駅の近くだから、と言う理由もあったけど

実際私は市電の側に住んでみたかったのだ。

市電は、ちょっと古い田舎物の私にとって

街中でようやく乗る事が出来る乗り物で、

レトロ感を思わせる物だった。

最近は、市電が見直されているようで、

最新型の車両もヨーロッパの都市のように走り始めたらしいけど、

私の街の市電は昭和30年代から変わっていないのではないかと

思うようなスタイルだ。

全力疾走の自転車にすら追い抜かされるようなスピードでのろのろ走る。

狭い車両はすぐに満員になる。

でも、そんなのろのろ感もなんだか心地良い。

外を見れば、建設途中のタワーマンションに挟まれた

米屋や酒屋や薬屋や小さな本屋。

道の奥に行けば金物屋や駄菓子屋に突き当たる。

一瞬今自分が生きている時間がわからなくなるような

当惑を時折感じながらも

こんなゆったりとした時間を過ごしながら年を取っていくのも

せかせかと時間に追われながら必死で生きて聞く生き方と同じように

一つの人生の選択肢ではないかなと

ふと感じる今日この頃です。

|

« ようやく | トップページ | ウォームビズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうちのはなし。:

« ようやく | トップページ | ウォームビズ »