« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月27日 (木)

フォトコンテスト

E-500購入熱が日に日に高まっております。

ボーナスまで待ちきれるのか自分。。。

と、いうよりボーナスで買う事決定なのか、ワタシ・・・。

ボーナスが出るかどうかもわからないのに・・・。

で、ネットサーフィンをしていると、フォトコンテストを発見。

なんでも、グランプリには好きなカメラが授与されるらしく・・・。

・・・・・。

・・・・。。。。

はっ!イカンイカン!

大それた事を考えてしまいました。。。

頑張って、500円貯金を貯めよう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク

全く予定を立てていなかった九連休。

ちょっとした遠出をしようと思います。

札幌市内か近郊か。。。。

一眼レフを持って写真を撮りに行こうかな・・・。

あぁぁぁぁ。デジカメが欲しい(結局そこかいっ!)

でも、せっかく銀塩レンズを持って行くのだから、

いっそのこと、”便利な者を持たない旅行”もいいかも。

携帯等の電子機器を持たない。

カード類もテレカなどのプリカのみ。

コンビニ、ファーストフード、ファミレスも使わない。

全て現金、アナログな旅行というのも、良いかも。

後は、連休中の天気次第・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月23日 (日)

お金がピンチ!!

と、いうのも今回外食が多かったから。

ワタシの職場はお昼がA,B,Cと分かれていて、

30分交替です。

別室に行けば、カップラーメンが常備されていて

無料でお昼が食べられるのですが。。。

ワタシはA班で、A班がお局様と二人きり。

このお昼が一緒になると、さらにお昼後30分が

A班のみになるので、もし、お昼別室に行くと

都合1時間半お局様と一緒になります。

(お局様はいつも別室で食されてます)

お局様は自分にしか興味がないので、

ご自分の自慢話とか(しかもたいしたことがない)、お昼から人の悪口とか、

聞いていてイタイ、彼氏さんの話とか、

(結局親の手術より優先した彼氏さんとのデートは

 すっぽかされ、帰ってきた翌日の仕事中に職場の電話で

 彼氏と痴話げんかを始めたくせに、次の日に

 「子供産むかも・・・。」という世にも恐ろしいお話。)

もう、十分なんですよっ!

ただでさえ、3ヶ月に1回はお局様と所長の3人で飲みに行く事を

義務づけられているし・・・。

そんなわけで、出来るだけ外食をしていたのですが、

やっぱりお金が続かない。。。。

はぁ~。お金ってひつようなのね・・・やっぱり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

ソビエト紀行修正を読んでみた。

ずっと読みたいと思っていた、アンドレ・ジッドの

『ソビエト紀行修正』を読んでみました。

元々は『ソビエト紀行』を読んでみたかったのですが・・・。

出してもらうように司書に頼むと、

「70年前ですよ。読めないかも・・・。」

と言われましたが、それでも出してもらいました。

出してもらうと、確かに古書でしたが、本は壊れていませんでした。

旧漢字以外は問題なく読み進めてしまいました。

では、この本の感想を。。。

この本は、ジャーナリズムの先駆けといわれています。

アンドレ・ジッドが、ソビエトの旅行に行き、

ソビエト革命はどのような結果を生んだのかを分析しています。

この本が出たのは昭和12年(!)、

ソビエト革命からわずか20年後の事でした。

当時はファシズムが台頭してきた時代です。

ファシズムや資本主義の問題点が明らかになったとはいえ、

社会主義に対しては、熱狂的ともいえるインテリをはじめとした

支持者が社会主義国家が人を幸福にさせる事が出来る

そう考えられていました。

そして、そう考える事が知識層の常識のようになっていました。

学生運動よりもずっとずっと昔の話です。

そんな時代に、そして、共産、社会主義特有の

”いつもガイド(見張り)が、その国のすばらしい部分のみを観光させる”

状況で旅行をしたにもかかわらず、その国内の異常さを敏感に感じ取り

真実の状況を見事に切り取った著者の洞察力には感嘆を禁じ得ません。

国民は全て国家の元で平等であるという社会主義でありながら、

豪華な列車、ホテル、食事に観光客を招待する、そんなソビエトの抱えた

自己矛盾の姿にいち早く気づき、社会主義の理想の元で外観を整えつつ

逆に官僚が覇権をきかせて貧富の差を激しくしている矛盾した現実を

見事に書いています。

矛盾した現実を当時のソビエト連邦が出した資料を鵜呑みにせずに、

自ら調べ上げた数字に基づいて根拠を出している部分は特に

すばらしいと思います。

もちろん、彼の著作に対してたくさんの共産主義者達から、批判が紛糾し、

その後世界は戦後の冷戦時代へと進んでいくのですが、

彼の視点が間違っていたかどうかは、歴史が雄弁に物語っていると

思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

OM-1

Image0052 未だにワタシはデジカメよりも

フイルム一眼レフをよく使います。

空の色の青さがとてもステキなので、

旅行で使いたくなってしまう。

いや、必ず旅行に持って行きたい。

が、やはり、一眼レフは重い。

旅行に連れて行くと必ず、

「ホテルに置いていこうか・・・」と

悩み出すのでした。

レンズをはずして本体だけをはかると545g。

レンズをつけると1kg弱になる。

フイルムや、レンズの替えなんて持ち出すと

2kg近くになってしまうから、一苦労なのです。

それで、デジタル一眼レフで軽いのを探して

みたのですが・・・。

重さは435g・・・うーん、100gぐらいしか変わらない。。。

パソコンに載せる事を考えると、デジカメの方が良いのですが、

うーん、うーん。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

ランチグルメ紀行

お昼、どれだけおいしいところに行こうかと

外食に命をかけております。ハイ。

さて、今日は、イタリアンカフェ

”AJ+Foodess @LAVAZZA”

に行ってきました。

始めていったお店なのですが、

ドリンクが飲み放題なのがうれしかったです。

味は結構濃いめでしたが、

ズズンとおなかに来る量で、サラダ、デザートが付いて

980円は安いかなと思いました。

お店の雰囲気も明るかったし。

また、近いうちに行きたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークは

ウィーン、パリ、ブリュッセル

旅行に行きたいと思っていたけれども

ロンドン、ベルリン、バルセロナ

せっかくの9連休なのに、

ローマ、チェコ、イスタンブール

お金もないし

ランス、マドリッド、フィレンツェ

一緒に行ってくれる人もいないので

ダブリン、オスロ、チェニス

部屋の中でぐったりしています。

あぁああああ、旅行に行きたいなぁ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

パイレーツ・オブ・カリビアン

いよいよ、公開間近。

2は二番煎じでおもしろくないと思いつつ、

(『タイタニック』で2がでるという噂は嘘で良かった・・・。)

ジョニー・デップの船長姿はとても観たい!

『プリジット・ジョーンズの日記』で

ヒュー・グラントの腹黒さにくらくらしたように、

ジョニー・デップのラリってる?演技に是非注目したい。

・・・『ショコラ』のワイルダーな感じも捨てがたいんですけどっ

いやはぁ、すてきです。デップ様(いつの間にやら”様”付け。。。)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年4月17日 (月)

方言

仕事中、

電話をでるとその声は

関西弁を喋るオバチャンでした。。。

しかも、たちが悪い事に方言を隠そうとせずに

むしろアピールしたがるのが関西人の悪いところが

でまくっておりました。

早口で、イントネーションが違っているので

聞き取るのも大変。

「・・・それでですね。先方さんに話したら

『コチラに電話したらええで』なんて

言われたものですから。」

・・・。

きっと”ええで”なんて話していらっしゃらなかったでしょ?

先方は北海道の人なんだし・・・。

やっぱり、仕事はフォーマルなんですから、

フォーマルな話し方でお願いしたいと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

寒い・・・。

雪は融けましたが、まだまだ寒い日が続いています。

今日もストーブをたいています。

しかし、原油は高騰が続いております。

世界的な原油消費量の拡大、戦争による資源の浪費

原油高を見越したマネーゲームの結果、云々言われておりますが、

結局、無駄遣いをしないように生活していくしかないですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

。。。

お客さんに、お茶を出そうとしたら、

お盆に、同僚の肘が当たり、

ジャッ

と手首にお茶がかかり

派手にこぼしてしまいました。

イタイし大変だったし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

NHK

NHKの受信料を契約して数日。

今日もNHKの調査員がやってきました。

ここのマンションは衛星放送が見られるという事で

衛星放送がテレビから見られませんか?との事でした。

ざっくばらんに言うと

”衛星放送見てるんだろ?ちゃんと衛星放送分払えよコノヤロー”

と言う事だと思うのですが・・・。

残念ながら、ワタシのパソコンにはチューナーが付いていない・・・。

と思ってとりあえず帰ってもらったのですが、本当は付いているのかな?

今度調べないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

お見合いレクイエム

今回もお見合いをしました。

今回の方は、公務員、といっても特殊な仕事なのですが。

そんな人と、2回目にあったとき、

「今度、ウィーンに行きたいと思っているんですよ。」

とワタシが言うと、

ウィーンですか、第一次世界大戦で負けた国ですね。

・・・・。

まぁ、そうですけど。

でも、普通は、音楽の都、とか、お菓子とか、そういう切り口をするのでわ・・・。

そこから、歴史の話になり、

禁断の政治の話へ・・・。

ワタシは、よっぽど親しくなければ政治の話や宗教の話はしたくない。

それは、必ずけんかになってこじれるから。

とはいえ、全ての話を聞き流せるほど人間が出来ているわけでもない。

「この国は愛国心がないと思うんですよ。

 日本という国は数十年後にはなくなると思いますよ。」

・・・と熱く語る見合い相手。

中には聞き苦しい方もいると思いますが、話の流れという事で・・。

「そうですか・・・?でも、日本がなくなるとかいうのはちょっと・・・。」

と言い返してしまったのですが、

「いやしかし・・・。」

と、いかに日本がなくなるかという事について熱く語り出しました。

うーん、愛国心があるわりには日本の事をひどくいうのだなぁ・・・。

そして、随分ゆがんでいるし。

なんだか具合悪くなってきました。

そして、あいての一言でワタシは遂に切れ、

自分の意見を放ってしまったのでした。

そんな意見に何も言えない見合い相手。

そして、数日後、

『もう会えません』

というメールをいただきましたとさ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月 2日 (日)

とうとう・・・。

アンテナを購入してしまいました。

ということでNHKの受信料も申し込みしました。

しかし、次に気になるのはワタシのパソコンは

アナログしか受信出来ないという事・・・。

まぁ、2011年までにはパソコンを買い換えるとは思うのですが

後5年・・・。

次に引っ越すときに買い換えようかな・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »