« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

円山散策=小春日和=

こないだ、円山を散策してきました。

円山公園駅で、待ち合わせ。

Pa280416_1 雨という予報にもかかわらず、

良い天気でした。

まず行ったのは円山ドラッグという薬屋さん。

Pa280417薬屋にもかかわらず、

なぜか、ワインがたくさんそろえられている

素敵な・・・、不思議なお店。

今度、シャトー・ラギオールくんの

獲物を探しに行こうかな・・・。

次に向かったのは、新しくできたイタリアンレストラン。

お店の名前は・・・忘れちゃった(汗)

Pa280418 でも、なかなかおしゃれなお店でした。

値段もリーズナブルだったし。

とくに、パスタはもちもちしていて

Pa280420 最高でした・・・うっとり。

しかも、ピザもおいしかったし。

写真を取り損ねてしまったなぁ・・・。

店の迷惑も考えず、写真を撮りまくっていました。

Pa280421 デザートもかわいかったです。

・・・おなかいっぱいになるまで食べたので、

今度は、散歩もかねて境内方面へ。

Pa280423 坂下公園野球場です。

よく、草野球でお世話になっています。。。

Pa280425紅葉はとてもきれいでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

パリ症候群

こんなニュースを見つけました。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20061023134627/JAPAN-233173-1_story.html

日本人旅行者、夢と現実のギャップで「パリ症候群」 

 [パリ 22日 ロイター] パリを訪れる日本人観光客のうち、年間12人程度は心理療法が必要な状態になるという。22日付の仏ディマンシュ紙が、現地の精神分析医などの話として報じた。
 不親切なパリジャンや薄汚れた通りなど、さまざまな現実を目することで旅行前の期待が裏切られたように感じ、精神的なバランスを崩すことが原因だとしている。
 同紙によると、在パリ日本大使館は今年に入り、宿泊している部屋が何かの陰謀で盗聴されていると訴えた女性2人をはじめ、自分がルイ14世だと信じ込んでいる男性や、電子レンジから攻撃を受けていると思い込んでいる女性など4人を本国に送還させたという。
 同紙はこういった症状を、2004年に精神科医が最初に名付けた「パリ症候群」だと指摘している。
 ある日本人女性は「私たちにとってパリは夢の都。フランス人は皆きれいでエレガントで、、、それで実際に来てみると、フランス人の性格が自分たちと正反対であることに気付くのです」と語った。(エキサイト・ニュースより)
結構、このことは以前から言われていました。
留学生はこのことから精神不安定になる人はいますし。
むかし、アメリカに留学していましたが、こんな症状に陥る人も中にはいました。
しかしそれはそれとして、
私はあえて、提言したい。
「パリ症候群」と名付けるにはもっとふさわしい症状がある事を
すなわち
パリに行って帰ってくると、パリがすばらしい街並みであったがために
帰国してきても、遠くの国に思いをはせてしまい、社会復帰が
出来ない人たち。
をさすべきであろうと思う。
実際、そういう人の方が多いと思うし。
そんな定義ならワタシも”パリ症候群”と言えるのだけども・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

お見合いレクイエム

今回もありました。

お見合い。

相手はなんと宗教関係。

1度目のお見合いの後、もう一度会う約束をしていたのですが

相手の葬祭で流れました。

そして、そのままになっていたのですが

相手の仲人さんから電話が・・・。

「いま、どうなっているんですか?」

「はぁ。。。(本人に聞いて)」

「なんか、前回は流れたようで。」

「えぇ、まぁ。」

「まぁね。もっと、積極的にならないといけないと思うんですけど

 随分おっとりしていらっしゃるでしょう。」

「はぁ。。。」

「いま、夫に変わりますから。」

・・・!会った事ないですけど・・・。

「いや、コチラから連絡をしないといけないと思うんですけど

 あれでしょ?嫌な気分とか、そんなのはないんでしょ?」

「はぁ。。。まぁ(1回しか会った事ないし)」

「もう一度会ってもいいんですよね。」

・・・とそこから時間をおかず、

相手から連絡が来ました。

「いや、そろそろ次の待ち合わせを

 決めておこうと思って。」

だって。

なんだか、わざとらしい・・・。

コチラが断らない事を見てから連絡をするのは

なんだか卑怯だと思うんですけどねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月18日 (水)

かぶぬしぶる

今日のニュースで

「株主の8割が1年以上株を持っている」

とのニュースがありました。

http://www.excite.co.jp/News/economy/20061018192000/20061019M20.041.html

そうだろうなぁ。

ワタシも一つだけ株を持っているけど、

気に入った会社を選んで買った買い方だったので、

たぶん、今後も持ち続けるだろうなと思う。

お金が必要になったら売るのかもしれないけれども。。。

ネットトレーディングとか流行のように持ち上げられているけど、

本来の株の姿は

会社に直接投資する。

ことなのだから、気に入っている会社を持ち続ける事は

それなりに意義がある事だと思う。

確かに、購入したときより減ったら悲しいけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

シャトー・ラギオールくんの得物たち

久しぶりにワインを開けました。

ワインは、「セリエ デュ プランス メルロ」

です。

プロヴァンスのワインだそうで・・・。

ワインのにおいは酵母のような

甘い香り。

香りは強い割には軽い口当たり。。。

といったところでしょうか。

食事と一緒に飲むとおいしいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

パウル・クレー展

久しぶりに、美術館に行ってきました。

見てきたのは「パウル・クレー展」

すごく楽しみにしていたんですけど・・・。

うーん・・・。

いや、作品が悪い訳じゃないんですよ。

結構良い作品も並んでいるんだけど

なんだか、ただ並べているという・・・(ドクゼツ・・・)

展示数は半数でも良いから

もう少し見せ方に力を入れて欲しかった。

前回の伊藤道隆展は良かったのに・・・。

道近美にはも少し頑張ってもらいたい、と思うのであります。

(エラソウ・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »