« お見合いレクイエム | トップページ | 円山散策=小春日和= »

2006年10月23日 (月)

パリ症候群

こんなニュースを見つけました。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20061023134627/JAPAN-233173-1_story.html

日本人旅行者、夢と現実のギャップで「パリ症候群」 

 [パリ 22日 ロイター] パリを訪れる日本人観光客のうち、年間12人程度は心理療法が必要な状態になるという。22日付の仏ディマンシュ紙が、現地の精神分析医などの話として報じた。
 不親切なパリジャンや薄汚れた通りなど、さまざまな現実を目することで旅行前の期待が裏切られたように感じ、精神的なバランスを崩すことが原因だとしている。
 同紙によると、在パリ日本大使館は今年に入り、宿泊している部屋が何かの陰謀で盗聴されていると訴えた女性2人をはじめ、自分がルイ14世だと信じ込んでいる男性や、電子レンジから攻撃を受けていると思い込んでいる女性など4人を本国に送還させたという。
 同紙はこういった症状を、2004年に精神科医が最初に名付けた「パリ症候群」だと指摘している。
 ある日本人女性は「私たちにとってパリは夢の都。フランス人は皆きれいでエレガントで、、、それで実際に来てみると、フランス人の性格が自分たちと正反対であることに気付くのです」と語った。(エキサイト・ニュースより)
結構、このことは以前から言われていました。
留学生はこのことから精神不安定になる人はいますし。
むかし、アメリカに留学していましたが、こんな症状に陥る人も中にはいました。
しかしそれはそれとして、
私はあえて、提言したい。
「パリ症候群」と名付けるにはもっとふさわしい症状がある事を
すなわち
パリに行って帰ってくると、パリがすばらしい街並みであったがために
帰国してきても、遠くの国に思いをはせてしまい、社会復帰が
出来ない人たち。
をさすべきであろうと思う。
実際、そういう人の方が多いと思うし。
そんな定義ならワタシも”パリ症候群”と言えるのだけども・・・。

|

« お見合いレクイエム | トップページ | 円山散策=小春日和= »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリ症候群:

« お見合いレクイエム | トップページ | 円山散策=小春日和= »