« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

ミミドシマ

人は年を取るに従って、能力が衰えてきます。

人には聞こえなくても、犬に聞こえる犬笛があるように、

若い人には聞こえても、老人には聞こえない音

があるらしいです。

早速可聴周波数域チェックで確認。

http://masudayoshihiro.jp/software/mamimi.php

16140キロヘルツまで聞こえました。

ちなみに若い人がよく携帯着信音として使用している

音は17000キロヘルツ。

そう、もう耳はすっかり年寄りに・・・。

ちょっと具合が悪くなるくらい一生懸命聞いたのに・・・。

くはっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

’07冬の陣~甘い旅路~

P1030671 フランスは洋菓子の本場!

ということで、洋菓子の

ディスプレーもなかなか

すばらしいデス♪

ぜひ、イースターのときも来てみたいデスね。

P1030672 日本のお菓子よりも

甘いですが、

飾り付けはとても

きれいです。

P1030673お店の前で親子が

見ていました。

写真を撮ったら、

なぜかカメラ目線。。。

P1030676  紅茶のお店の

フォーションの

お菓子のデコレーションです。

とてもかわいいですが、700ユーロって・・・。

P1030677 どこの国にでも

マックとコーラは

ありますね。。。

でも、ちょっとぬるかった。。。

P1030678アイスクリームです。

イタリアのアイスよりも

あっさりしていると思います。

とっても、おいし

かったです。

P1030679

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

’07冬の陣~いもグラタン~

P1020665 ヴォ・ル・ヴィコント城は

とても良かったです。

ただ、街から少し

離れているので

移動がちょっと大変でした。

P1020668 ムラン駅に戻ってきてから

近くのブラッスリーで

食事をしました。

コースを頼むと、グラタンとステーキ。

P1020669 ちょっと、量が多い・・・。

でも、グラタンはとても

おいしかったです。

グラタンはジャガイモの厚切りを敷き詰めて

上にチーズを載せたものでした。

日本に比べるとホワイトソースが少なかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

’07冬の陣~めりくりでこれ~

P1020637 通常は、夏期間しかオープンしていない

ヴォ・ル・ヴィコント城。

今回は、クリスマスの特別開演中でした。

部屋の中もクリスマス仕様に。

ゴージャスでかわいいデコレーションにうっとりデシタ。

P1020639 暖炉にも火が煌々と。。。

こんな部屋でまったりと

本を読んだり手紙を書いたり

してみたいです。

P1020642 食卓にもホンモノの食材が!

シュークリームのてんこ盛り!!

フルーツもてんこ盛り!!

そして、キャンドルもゴージャス!

夜になったら、キャンドルがつくのかな・・・?

P1020645 そして、一番ゴージャス

だったのは大広間にあった

クリスマスツリー。

5メートル以上は

ありそうでした。P1020650

そして、モールに囲まれた

胸像の面々。。。

ゴージャスな飾り付けでした。ふむふむ。

P1020654 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

’07冬の陣~ぷちベルばら~

P1020602 今回、パリ郊外に出て

ヴォ・ル・ヴィコント城へ

行ってきました。

ヴォ・ル・ヴィコントはムラン駅から離れたところにあります。

タクシーで10分ぐらい・・・。

P1020605 着くとすでに、家族連れで

並んでいるフランス人が。

その日は「美女と野獣」

(ミュージカルだと思う。。。)を

お城の中で上演するという事で

たくさんの人が並んでいました。

日本人はあまり見かけませんでした。

P1020606 建物の中にはいると、

馬車博物館がありました。

トリノの自動車博物館を思い出す。。。

さらに、中に入っていくと庭園が見えてきました。

P1020613 整理された庭園はまるで

ヴェルサイユ宮殿のよう・・・。

それもそのはず、この庭園を

設計したのはヴェルサイユ宮殿を造った

ル・ノートルが設計しています。

P1020618 当時財政総監だったフーケが

財産の全てをかけて

建てられたお城なのです。

そして、贅を尽くして当時の王であるルイ14世を

招いて祝宴を開いたのでした。

P1020623 しかし、その建物の豪華さ、

食器の贅沢さに腹を立てた

ルイ14世が財産を没収し、

結局フーケは投獄される事に・・・。

P1020624 そして、その後ルイ14世は

そのスタッフをそのまま用いて

ヴェルサイユ宮殿を造ったのでした。

だから、ヴォ・ル・ヴィコント城はヴェルサイユ宮殿の

元になった城だと言っても過言では・・・ないのかな?

(ジシンガナイノカイ・・・)

P1020625 庭は広々と開けていて、

それでいてちゃんと機密に

配置されている庭はまるで

絵画のようでした。

P1020632

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

’07冬の陣~雨の凱旋門~

P1020583 食事をして、外を出ると

モウすっかり夜になっていました。

日本でも、このようなイルミネーションは

よく見かけるようになりましたが、

P1020585 光の渦といった表現がぴったりな

シャンゼリゼ大通り。

この周りにも一流店が軒を連ね

世界一華やかな通りという表現が

ぴったりデスね。

P1020590 そして、きれいにライトアップされた

凱旋門。

パリには凱旋門が外にもあり、

ホテルの近くにはサン・ドニ門や、サン・マルタン門もありました。

滞在しているときには普通の道からにょっと

飛び出していて一体何の門??

と驚いていたのですが、ルイ14世が建てた凱旋門

だったのでした。

P1020592 でも、規模も知名度もこの

エトワール凱旋門が抜群!

今回は上りませんでしたが、

この凱旋門からの眺めもなかなかすばらしいのです。

P1020598 今回は地上からの眺めです。

シャンゼリゼ通りの奥に見える

観覧車のデコレーションが

とてもきれいですね。

P1020594 雨が降ってきたのでそうそう

引き上げてきてしまいました。

ちょっと残念。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

’07冬の陣~ぽんぽこシャンゼリゼ~

ぽんぽこシャンゼリゼとは、「狸小路」の事。

よくAMラジオで

ぽんぽこシャンゼリゼ~

と狸小路のテーマソングが流れていて、

子供ながらにワタシは

どんなに、すごい通りなんだろう。

と夢見て、あこがれを持って見に行ったら

アーケードかいっ!

・・・いえ、狸小路には狸小路なりの良いところは

たくさんあります。

嫌いなわけではけしてありません。

(同じようにラジオで聞いて夢をふくらませた建物に時計台もあり)

閑話休題。

さて、これは本場のシャンゼリゼ。

P1010570 シャンゼリゼ大通りはコンコルド広場から

凱旋門へつながっています。

シャンソンでおなじみですよね。

コンコルド広場にある観覧車です。

札幌の「ノリア」も回転のスピードが速いと思いましたが、

コチラの観覧車もなかなか。。。

しかも、観覧車が途中で止まったり、観覧車のかごも

遊園地のコーヒーカップのように回転します。

載りたいとも思ったのですが、怖そうなので諦めました。

P1010571 シャンゼリゼ通りをコンコルド広場から

凱旋門に向かって歩いていきました。

札幌なら、ちょっとした距離でも地下鉄を

使ってしまったりするのですが、旅行になると

歩いてしまうのは旅行者の不思議ですよね。

P1020574 木が、同じ大きさに切りそろえられているので、

背の高い木でもあまり圧迫した感覚を

味わいません。

日本だと、手を加える西洋的感覚と、出来るだけ自然のままで

自然と共生しようとする東洋的感覚があまり街作りの中で

生かし切れていないと思います。

P1020576 随分、思い切ったデコレーションです。

でもクリスマスシーズンだと、どこもかしこも

クリスマスデコレーションが行われているので

街の中でも浮いたカンジがないです。

また、石造りの建物とも合っています。

ヨーロッパらしい街角です。

P10105720 所々で、雪の降らないパリでは

雪の降ったイメージを出すために

木に白い塗料(?)をつけている場所も。

でも、これはちょっと木がかわいそうかも・・・。

P1020577 しばらく歩けば、もう少しで凱旋門です。

どこでも絵になる素敵な街並みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

ゲホンゲホン。。

風邪を引いてしまいました。

旅行から帰ってきて、時差ボケと仕事の忙しさのせいで

体調管理が行き届いていなかったのと、

上司が「人にうつせば治る」

マスクもせずにオホ!オホ!オホ!と咳をしていたからでしょうが・・・。

ちなみに上司はまだ風邪は治っていません。

深夜に「水曜どうでしょう」という番組がやっていました。

始まって10年だそうです。

そうか、そりゃぁ当時女子大生だったワタシだって

ゲホンゲホン!!

と最初は横になりながら観ていたのですが、

旅程が

ローマ(バチカン)から始まり

サンマリノ。

(オオウ!東リヴェラ海岸ガミレルノカ?!)

そして、エクス・アン・プロヴァンスを通り

(ウヒヤア♪)

スペイン、そしてポルトガルと。

・・・・。これは

観たい国てんこ盛りじゃないですかぁ!!

というわけで気が付いたら前のめりで

観ていたのでした。

そりゃあ風邪もこじらせるって。

そして、風邪よりも重い病に今まさに

かかっているって気づいたよ。。。

(イマサラ?!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

’07冬の陣~睡蓮をこの目で~

しばしばプラプラした後、

遂に、美術館へ!

が、長蛇の列が!

考えてみれば、ここしかやっていないから

当たり前なのか・・・。

が!遂に中に入りまずはお待ちかねの睡蓮の間に

P1010560 いきます。

オランジュリーの中はこんな感じ。

やはり、天井がガラスになっていて

温室だったという説明も納得。

睡蓮は連作が360度ぐるっと部屋の壁一面に

飾られていました。

天井は、絵画を守るために布が張られていましたが、

出来るだけ日の光を取り入れる作りになっています。

とても開放的な部屋になっています。

下の階は、ルノアールやルソーなどの

印象派を中心としたコレクションが

飾られていました。

子供の頃道立近美に来た作品も!

ポスターを買ってもらい、ずっと部屋に飾っていた

のですが、やっぱり、ポスターとは違います。P1010559

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

’07冬の陣~ウィンドーショッピング~

今回はとても高かったユーロ・・・。

本当に手が出せなくて、

仕方がないから紙幣も使わずに

持って帰ってきてしまいました(ダメジヤン・・・)

P1010555 それでも、ウィンドーショッピングは

しっかりとしてきました。

・・・・タダだからね。

エルメスです。

窓から馬が覗いているのがなかなかおしゃれです。

しかも、馬のいななきや走る音が聞こえてきたり。。。

元日なので、お店は閉まっていたのですが、

観ているだけで楽しいです。

P1010547 おもちゃ屋さんの

ディスプレーです。

フランスは個人店主が多くて

それぞれが、ディスプレーを楽しんでいるようにみえます。

P1010548 おもちゃ屋さんもクリスマスシーズンなので

飾り付けにも力が入っています。

これは・・・大統領のビリヤードボール・・・?

ちょっとアダルティな感じなおもちゃ・・・。

P1010551 ワタシの身長よりもおおきな

熊のぬいぐるみ。

なんだかリアルで怖い・・・。

ぬいぐるみってかわいいんじゃ・・・。

まるで閉まっているお店の門番のようです。

P1010552 しかも、ロバを従えています。

テディーベアというよりも

「くまおやぢ」という表現のほうが

しっくり来ます・・・。

ううむ。

P1010554 クリスマスが終わっても

まだまだクリスマスの余韻は

あちこちに残っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

’07冬の陣~オランジュリーへ行こう!~

早速、年明けで向かった場所は

コンコルド広場からそう遠くないオランジュリー美術館です。

元旦は休みになる美術館が多い中で(当たり前?)

元旦からやっているという事で勇んで行ったのですが。。。

P1010536 ・・・開館はお昼からでした。

そうだよね、元旦の朝からは

やっていないよね・・・。

と、いうことであたりを散歩して

時間をつぶす事に・・・。

P1010537 雨の予報だったのですが、

うれしい事に日が昇るにつれ雨がやみ

このころには日も射していました。

P1010541 コンコルド広場の側にある

チュイルリー公園です。

寒いけど噴水は勢いよくあがっています。。。

そのまま、マドレーヌ寺院まで

P1010542 周りが黒くなっているのは

露光が失敗したから・・・。

教会の中ではミサが執り行われていました。

新年、だったからなのかな?

観光客も数多く訪れていました。

P1010545 ナポレオンが建設した寺院で

ギリシア時代の建築物を模倣しています。

大きな花のデザインは

凱旋門に似ていますね。。。

少し歩き疲れたので、カフェに入って一休み。

P1010546_1

カフェでは年末騒ぎ疲れた

年明けのせいか

血気盛んな人が店の中で

言い争いになる一幕も・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

’07冬の陣~パリで大晦日~

長時間のフライトのあとようやくパリ市内へ。

パリに降り立つと、早速向かうはロワシーバス。

このバス、市内に行くのに値段も手頃で安心。

RERで行くという方法もあるようなのですが、

治安が悪いという事で、オルリー航空に行くときしか

使った事がないのです・・・。

エールフランスも安心できれいだけど、

オペラ座付近ならばやっぱりロワシーバスです。

パスが来て、前払い制なので支払おうとしたら

「入って!入って!」と(フランス語でそれらしき言葉を・・・)

え?なんで・・・・?

でも、そのままオペラ前で降りました。

・・・・無料?

P1010528 ラッキーという事なのでしょうか。

オペラ座の裏手で降りると

目の前にラファイエットデパートが!

すごく、きれいでした。

年末という事ですごい人混み!

疲れていたので、ケンタに入りました。

パリに来てケンタって・・・。

P1010529 しかも、ちゃっかり頼んだのは

ツイスター。

でも、マヨネーズではなくてドレッシング

デシタ。

こっちのほうがワタシはすきです。

そして、夜。

ちょうど、ホテルの部屋が中庭に面していて、

カーテンを開け放して、パジャマでくつろいでいたら

観ている団体が!!

きゃぁ!

あわててカーテンを閉めました・・・。

夜更けまであちこちでパーティが繰り広げられていたのでした。

そして次の日。

P1010532 コンコルド広場までやってきました。

ここまでも改札口にキップを入れようと

したのですが、入らず、

そのままただ乗りしてしまいました。

・・・良かったのか?

P1010534

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

’07冬の陣~パリに浮かれ気分~

今回も旅に行ってきました。

今回こそは旅の記録を書ききる!!

と最初は思っているのですが・・・。

ま、とりあえず。

Pc310508 成田航空から乗り換えて行ってきました。

本当はその日のウチに乗り換えて

行く予定だったのですが、

天候が不安だったので、前泊していきました。

前泊した成田全日空はきれいでした。

フロントで飛行機のチェックインが出来るし。

Pc310510 今回もものすごく笑っております。

・・・よくわかりませんが・・・。

そして、飛行機へ!

酔い止めを飲んだのですが、

期限が切れていたためかその後

軽い頭痛が・・・。

Pc310516 しばらく気流が不安定で

揺れていましたが、

そのうち、上空について

安定したところで、飲み物が配られてきました。

そしてワタシのトコロに回ってきたCAは

外国人なお兄さんデシタ。

「ナニガ ヨロシイデスカ?」

と聞かれたので、

「炭酸の物を・・・。」

と言ったら、通じなかった・・・。

そうだよね。通じないよね・・・。

それでもなんとかスプライトをもらいました。

意外と機内ではお酒は飲めないワタシ。

酔っぱらうと大変だからね・・・。

Pc310517 Pc310519 次に出てきたのは

機内食(夕食)です。

ANAでは、メニューを

座席に備え付けてくれなくなってしまいました。

ちょっと寂しい。。。

でも、暖かくておいしかった。

しかも!

Pc310522 ハーゲンダッツも付いてきました。

飛行機の中でハーゲンダッツ。。。

おいしかったです。

帰りも楽しみにしていましたが、

帰りにはなかった・・・(寝ていたかもしれないけど)

Pc310526 そして、降りる直前に

軽食が・・・。

結局全部食べました。

おいしかったんだもん!

そんなわけで、一路パリへ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »