« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

竹篭の中の鳥

今日は、久しぶりに親子ゲンカをした。

ケンカなのか、怒られたのか

あまり、よくわからない。

きっかけは、よくあるように複合的な事だ。

父のメールに呼び出され実家に行ったものの、予定が入っていて、そのまま部屋に帰らなければならなかった。

父が一日、部屋の掃除をしていて疲れてイライラしていた

結婚式に父が行かないと言ったため、代わりに行く手はずを進めていたところ急遽また行くと言い出した。

また、ワタシの荷物が追い出された。

ルールを押しつけられたワタシがあからさまにうんざりしていた

・・・などなど。

その不満は火薬となり互いの(特に父の)

ココロに敷かれ、火花は

お見合いに対し、気のない返事をしたワタシの態度だった。

(でも、あの悲惨なお見合いのあとで、積極的になれというのも・・・)

「オマエ馬鹿にしているだろう!」

という、父。祖父も同じような事を言っていたような・・・。

祖父は、家族に馬鹿にされているという不安を抱えていたと思う。

だから、人の目を必要以上に気にしていたのだろう。

でも、その原因と言えば・・・。

父の話は続く

「おまえ達の年では、俺は結婚して一人前になっていた。」

「会社を興していて、親に心配なんかさせた事はない。」

そう、馬鹿にされていると心配しているが

実は馬鹿にしているのは父であり祖父であった。

おまえらなんかに日々の糧は作れるのか、と。

「今すぐ出て行け!荷物を持って!!そして二度と帰ってくるな!!!」

そう言って、父は困らせたいのである

そして、自分への依存を確認している。

どうして尊敬し合えないのだろう。

お互い、自分に依存してもらいたいと願って

尊敬されたら自惚れて、相手を蔑ろにしてしまう。

些細な事で足を引っ張るくらい互いに大差ない存在なのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

ノゥ・・・。

今現在、上司とはんにゃん先輩がいないので

のびのびしております。

のびのびしているので、肩こり頭痛がしません。

恐ろしいね、こんなにストレスがたまっているのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

みもっちはレベルアップした!

4月それは、始まりの季節。

そう、NHKのラジオ講座も新しくなります。

と言うわけで懲りもせず

英語力判定テストをやってみました。

去年は、レベル2と3の間(中学2,3年程度)

というアイタタな結果でしたが、

今回はなんと!

レベル4(高校生程度)に!!

若さは減ったが知識はついた?ということで

継続は力なりですなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

途方もなくくだらない愚痴

今現在勤めている職場ってのは

ほぼ全員が女性なわけで

まぁ、例外もおりますが、

その上司も性格が女々しいというか

乙女ちゃんなので。

女性が多い職場とか、組織になると

どうしても出てくるのはうわさ話。

いや、オイラだってうわさ話の一つや二つ

言われるのは仕方がないと思っている。

そうして、自分の耳まで届いてしまう事も。。。

今日も届いてきたのはその上司のワタシに対する悪口。

いやね。

そりゃあ、ワタシだってつたない部分はありますよ。

仕事の知識だってかなわないでしょう。

失敗だってするさ。

その言葉だったら、まぁオイラだって我慢しよう。

しかしだ。

「みもっちさんが歌がオンチだって言っていましたよ」

オイオイオイオイオイオイ!

なんなんだ

その、仕事とまっったく関係ない悪口は!

しかも、正直

その上司には言われたくない。。。

仕事中に気持ちよく歌っていらっしゃいますが。

一度行ったそのカラオケだって、

半ばというより強制的に連れて行ったんじゃないか・・・。

まったく

今までも直接

「字が汚い」とか

「前の前の職場を一年で辞めたのは問題があったんじゃないか」とか

言われた事はあったけどさ・・・。

しかし、小学生のような字を書いて

人の目を見て話せぬあなたに言われたくないッス。

しかも、影でそんな事を言うなんて!

うーむ。そろそろ我慢の限界・・・か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

ぶちゃいく・・・。

200703181718000 今日は、実家に帰って

きました。

荷物整理のためです・・・。

部屋には入りきらないので、

かなり処分しないと・・・。

飼い主である妹が帰ってこないので

ぶーたれています・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

シャトーラギオールくんの得物たち

今回のお酒は

200703151921000 Chateau de  Tersac

Corbieres

です。

えぇと・・・

シャート・ドゥ・・・・てるさっく?

まぁ、いいか(イイノカ?)

南フランス産の赤ワインです。

甘さよりも酸味のほうが強いかも。

しかし、体調が悪いせいか

お酒一杯でダウン・・・。

ふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

生活にハリをココロに潤いを

と、思いながら生活をしているものの、

実際に張るのは肩ばかり。。。

むぅ。。。。

これぢゃイカンと給料で早速お買い物♪

(ムダヅカイトモイフ・・・)

200703151922000

植物を育てれば、少しは

心優しい人になれるかも。

とは思っていたのですが、

旅行で家を空ける事も

あるので、あまり手間のかかる植物だと

枯らしてしまう事も。。。

と、いうわけで初心者向きだと

店員さんが勧めてくれたポトスを

購入しました。

飽きっぽいワタシですが、

枯らさないように気をつけたいと思います。

仲良くしようね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

またまた

風邪を引いてしまいました。

ずずず・・・。

鼻がシュンシュンいっております。

実家に帰るたびに風邪を引くなんて・・・。

は。

・・・・・・・・。

クシッと。

まだまだ、引き初めなので

早く寝て治そうと思います。

さて、ピアノの査定を現在やっておりますが、

10万円程度になる予定。

本当は黒いピアノなのですが、

白く塗られていても大丈夫なのでしょうか。。。

査定先の話では、

どうやってピアノを入れたのか教えて欲しい

と言われましたが、

何にせよ30年近く前の話ですから

どうやって入れたのか覚えていないんですよね。

親の話では、ワタシがこのピアノをすごく気に入ったから

購入したらしいのですが。。。

5歳ぐらいの時にはすでにこのピアノが

家に来ていたはずなので、

うーん、お子ちゃまのくせに

グランドピアノが良い

なんて、わがままを言う娘。

オイラはそんな娘いらないな・・・。

クシッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

お見合いレクイエム

昨日はお見合いでした。

前回の話より修正され、相手は同い年らしいです。

いつもは10歳以上年上だからね・・・。

試験に破れ(ヤツパリ・・・)

英語力測定テストでは60点だったし(ヒドイナ・・・)

ここは、やっぱりお見合いして結婚するしか・・。

(ツイニ、ケツシンシタノカ・・・オヤ、ヨロコブネ)

たとえ、ちょっと外見を気にしない人でも

ちょっとけちくさくても

ちょっと一緒に歩くのにためらってしまっても

ちょっと酒癖悪そうだなと思っても

ちょっと趣味が・・・と思っても

ちょっと・・・・と思っても

ここは、もう見合いを突き進むべきなのかな。と

そう思って、気合いを入れて行ってマイリマシタ。

見合い先には仲人さんが待っていました。

お願いします。と仲人さんに一礼したあと

ところで、相手は・・・?

「まだ、来ていないみたい。・・・あの人かしら?」

”かしら?”・・・て?

写真とか一切もらっていないから。」

えええええ?

「いや、相手の人がね二人きり出会いたいって。

そして、みもっちさんを

帽子をかぶって 壁に立ってもらえればいい。”

と相手に言われたのだけど。」

・・・・いやですよ。そんな怪しげな待ち合わせ。

犯罪に巻き込まれても文句が言えないじゃないですか。

しかも、その日は就職面接のための話し合いが

そのホテルで行われたようで、あちらこちらで待ち合わせが。

せめて、相手はコチラの顔を知っているだろうから

(顔を知らずに見合いをする命知らずはワタシぐらいだろうと思われ)

声をかけてくれれば良かったのですが、もともと

来ているのか来ていないのか。

仲人さんがとりあえず声をかけておりましたが。

(しかも名字しか知らない模様)

「違います。」と言われていました。

そりゃそうだ・・・。

「今回の見合いはかけていたんですけど。」

と仲人さん・・・そうですか?

「もう一人、いたんですけどね。見合い相手の候補者。」

はぁ。

「でも、その前来決まってしまったんです。

来たときに、びしっとした格好で、コートを手にかけてきたんです。」

へぇ、珍しいですね。仲人さんの紹介の人って

よれよれで汚れたジャンバーを羽織ってくるのが基本ですから。

「そして、女性にはチョコを、私にも落雁をいただいたのですが、

 でも、私落雁嫌いなんですよ。」

・・・なんですか。その好みの一口メモ的なコメントは。

「でも、会った瞬間わかりました。

 この人は、遊ぶ人だと。」

は?

「みもっちさんも行った事があるでしょ?すすきの。」

まぁ、ススキノは行きますけど。

「そしたら、行きますでしょ。若い男の人がいっぱいいるところ。」

は?

ホストクラブの事ですか?

・・・いえ、行った事ないですけど。

「そうですか?行きませんか?」

あなたは男性に事欠いているから絶対行っているでしょ

みたいな対応が若干気になりましたが、話はすすみます。

「その人みたいだったんですよ。」

はぁ、ホストチックだったと。

「収入も安定していないですし、心配でしょ?」

は?収入も安定していない人を見合いに紹介するか?

何で紹介したんですか・・・?

「それは、断ってもらいたかったから。」

えええええええええええ!!!

そんな仲人の仕方ってありッスか!!

「だからね、行ったんですよ。その人の親に。

 興信所に行くべきだって。ここまで言って、つきあうんですから

 コチラに責任はないですよね。」

・・・そうか?

この仲人さんには最初から見合いをセッティングしないほうが

良かったという選択肢はなかったのだろうか・・・。

「だからね。みもっちさんには

 そんな遊んでいる人より、まじめな人がいいですって。」

・・・・。

・・・・・・・・。

そうですか。その結果、よれよれのジャンバーで、

鼻の頭が赤くて頭が油まみれで加齢臭が漂っている

人を紹介してくれているんですね!

でも、そういう人が遊んでいない証拠は全くないと思うのだけど・・・。

やっぱり、結婚も縁遠そう。考え直すか。(ハヤツ!!)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年3月 9日 (金)

ピアノ離れ

実家は現在荷物のリストラ中。

リストラ・・・それは非情な合理化。

ついに、家にあるピアノも

処分の対象になってしまいました。

最近は弾かなくなってしまったとはいえ、

やはり、物心が付いたときからずっと

一緒にいたピアノを処分するというのは

えもいわれぬ寂しさにとらわれたわけで、

昔ママンが

「家がなくなるというのは戻る場所がなくなる

 という事で寂しい」

といっていた事を思い出しておりました。

ネコは家に懐きますが、ワタシは間違いなく

ピアノに懐いていた模様。

ますます、実家からは足は遠のくでしょう。

そんなことより、

問題は、自分のホームグラウンドを

いい加減探せよワタシってことで。

骨を埋める覚悟をそろそろ決めないと

迷っているウチにあっという間に

おばあさんになってしまう予感。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月 6日 (火)

’07冬の陣~お初なポンピドゥーセンター~

P1050738 市役所前です。

前の広場では

なにか、催し物が・・・。

しかし、そんな催し物には目もくれず

そして、サントシャペルすら目もくれず

P1050739 ずんずんと、ある場所に

向かっていきました。

初めてパリに行ったときから

行きたかった場所。ポンピドゥーセンターです。

P1050740

たしかに、ポンピドゥーセンターは

何度か前まで来たのですが

ここに入っている国立近代美術館

には、ずっと行けずじまいだったのです。

ここにある、カンディンスキーの絵が好きで

札幌の芸術の森に来たときには2回も見に行ってしまいました。

んが。今回も

P1050743 長蛇の行列が行く手を阻みます。

しかし、今回こそ諦めるわけには

いきません。

だって、そのために、サントシャペルも諦めて

ここまでやってきたのですから・・・。

ようやく、行列の先にあったセキュリティーチェック

(しかも、随分いい加減な・・・)を通り抜け、

チケットを買うまでに右往左往した後

ようやく国立近代美術館へ!!

P1050745 エレベーターで、

上へ上へと向かいます。

このエレベーターから

見える景色もなかなかステキです。

P1050747 こんなかんじです。

中から見ると、

パリの街並みは

なんだか精巧なミニチュアのようです。

P1050744 ふう。ようやく

ここまでたどり着きました。

ここの景色だけでも、

観る価値はありそうです。

しかし!!残念ながら、楽しみにしていた

カンディンスキーの絵は観られずじまい。

そう、国立近代美術館の絵

東京の新国立美術館の企画展として

来ていたのです。・・・くわっ。

P1050749  しかし、現代美術は

展示されていました。

でも、ニューヨークや

バルセロナでも思いましたが、

家族連れで現代美術を観に来るなんて

日本だとあまりないですよね。

現代美術というだけで敬遠する人が

多いのではないのでしょうか。

・・・ひょっとしてオイラがイナカモノなだけ??

P1050751_1 展示を見終わったときには

すっかり日ぐれておりました。

夜景がぽつりぽつりと、

風景すら、絵になってしまうんですね。

P1050752 サクレ・クール寺院方向です。

残念ながら、エッフェル塔

とは違って、360度をぐるりとは

見えないのですが、それでもいろいろな

観光名所を見る事が出来ます。

P1050753

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 5日 (月)

’07冬の陣

P1040736 泊まっていたホテルです。

急に、旅行を決めて選んだ割には

安くて広くて良い部屋でした。

パリのビジネスホテルといったカンジです。

水回りはイマイチでしたが、それはヨーロッパの

ホテルはどこでも言えるので・・・。

P1040715 一番、ユーロが高かったにも

関わらず、結局

大量に購入してしまいました。

おみやげもしっかり購入したところで、

いよいよ、帰る日が近づいてきました・・・。

P1040725 エッフェル塔に行ってきました。

残念ながら雨でしたが、

さすがエッフェル塔。

どんな撮り方をしても絵になります。

でも、雨だったので散歩は諦めて

ラファイエット・デパートに行ってきました。

P1040730 いやはや、やはり

ラファイエット・デパート

のクリスマスツリーは

すごいです。

7年前にフランスに来たときも感動しましたが、

今回もやはり感動してしまいました。

P1040731 もう少し後には

バーゲンが始まるのですが、

残念ながらそのときまでは

いられませんでした。

でも、こんなにユーロが高かったら、

バーゲンどころではなかったのでした。

P1040733 帰り道で

クレープを食べました。

とってももちもちしていて

おいしかったです。

でも、いよいよ帰国の日が近づいてきています。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

失われた時

マルセル・プルーストが書いた「失われた時を求めて」

主人公が紅茶にマドレーヌを浸して食べる事によって

失われた時を取り戻すシーンがあります。

今日、オバチャンあったのよ。

失われた時がサ(ナゼイキナリ、オバチヤンニナル・・・)

リーデルのグラスはハンド・メイドとマシン・メイドがあるのですが、

手作りのリーデルのグラスを触ったとき、

いきなり、子供の時の記憶がよみがえりました。

そう、あれは小学生・・・だとおもう。

場所は、実家。

現れるのはママン。

ママンがワタシに謝っている・・・・なぜか。

ポッペンを割ったから。

ポッペンとは、ビードロともいわれますが

ガラスのおもちゃで、

吹き口から息を吹くと「ポッペン」

と若干間抜けですが、かわいい音がします。

あのポッペンは江戸ガラスだったと思う。

すごくきれいな音がして、とても気に入っていたのですが、

ママンが掃除の時に割ってしまったのでした。

怒ったのかどうかは覚えていないけど、

たぶんめちゃめちゃ怒ったのだと思う。

ママンが後でポッペンを買ってくれたから。

でも、そのポッペンは以前のそれと

肌触りも、デザインも違っていて

何となく好きになれなかった。

突然、そんな思い出がワタシの頭の中に現れたのは

たぶん、ハンド・メイドのクリスタルの手触りが

そのときのポッペンに似ていたのだと思う。

しかし、「失われた時を求めて」の主人公が思い出したのは

詩的な話になるのに。オイラが思い出したのは

ポッ・・・ペンという音だけ。

自分の思い出の引き出しの薄っぺらさに乾杯!(ヤケダネ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

グラスを味わう

グラスを味わう・・・。

それは大人の楽しみ。

(ホントニ??)

子供の頃からガラスは好きでしたがとくに家にあったアデリアが好きでした。

今は、背の低いコーラグラスのみですが、

実家には背の高いコーラグラスがあります。

もっとも、これは、母が昔喫茶店を経営していたときに

少ない容量を多く見せるため厚いガラス製品を使用した

という事なのですが。

今日は、リーデル社のワイン試飲会に行ってきました。

グラスによって、ワインの味わいが全く異なってしまうのです。

という事で

P3040803 買っちゃいましたー。

(オカネ、ナインジヤナカツタノ・・・?)

右からワイングラス、ウィスキーグラス

そして、グルメグラス。

早速グルメグラスを使って牛乳を飲んでみました。

ごきゅ、ごぎゅ、ごきゅ。

・・・・ジーン。。。。

(オイシカツタノネ・・・)

次回は、ウィスキーグラスを試してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

’07冬の陣

モスクから出た後、バスに乗り込み、シテ島へ。

シテ島のお店巡りをした後、近くのカフェで食事をしました。

こんなノンベンタラリと出来るのも

旅の醍醐味、ですよねぇ。

P1030707 クロック・マダムを注文しました。

クロック・マダムとは、

クロック・ムッシューに

目玉焼きをトッピングされたものです。

クロック・ムッシューと値段が一緒なんですけど、

ちょっとお得感を感じて注文してしまいました。

それから、

P1030706 ここでは、フランスのカフェでは珍しく

紅茶の銘柄を選べたので

紅茶を注文しました。

フランスのカフェって普通に紅茶を頼むと

ティーバックとお湯が出てきます。

日本の喫茶店のほうがフランスのカフェより

紅茶の出し方にこだわりを感じます。

やっぱり、日本はお茶文化なのでしょうね。

その後、カフェで出してくれた紅茶のお店である

マリアージュ・フレールへ。

すっごい人混みでした。

日本人観光客やフランスのマダムなど。

マリアージュ・フレールは東洋のお茶も

味に取り入れているらしく、

茶器も鉄瓶などが売られていました。

・・・あまり、日本では珍しくないですが。

P1030709 そのあと、ノートル・ダム大聖堂へ。

いやはやすごい人混みで

全然、建物の中にも入れませんでした。

今までの中で一番混んでいました。

うーん、映画の影響もあるのでしょうか。。。

ノートル・ダム大聖堂まえにあったツリーです。

シンプルですが、きれいです。

P1030714 また、カフェへ。

(タベテバツカリ・・・)

ガイドブックにも載っているカフェ

だけあって、すごい人でした。

フランスのカフェで初めて相席になりましたし。

やっぱり、混んでいる場所は混んでいるのですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

4800だって

あまり、このブログ自体の事は書かないのですが

さっき、見たらちょうど累計が4800になっていたので。

このうち1/10は自分かもしれませんが

確かにいろんな人が見て頂いているわけで

カンシャカンゲキ!デス。

さて、直接入力などで来られる方もいますが

検索ワードで来られる方もいらっしゃいます。

(トモダチ、スクナイカラネ・・・)

検索ワードなんてわかるの・・・?と思われるでしょうが

わかるんです!今のブログってスゲー。

・・・コホン。

そんな検索ワードの中には

・・・せっかく、ここまで来てくれたのに・・・

ゴメンね空振りで。

と思ってしまうワードもなくはない。

だけど、そんなカンジでこのブログに迷い込んだ人にも

読んでもらって、ちょこっとでも面白いなんてもらえたら良いな。

なんて思っているんです。ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »