« 兎月まんじゅう | トップページ | ロング・バケーション »

2007年12月15日 (土)

雨戸

北海道から東京に来て、とまどったことはいくつもあります。

細かいことをあげればきりがないのだけれども

もっともとまどったのは、「気候」だとおもいます。

東京は、温暖湿潤気候

それに対して、札幌は亜寒帯気候です。

冬でも、花が咲き虫が飛ぶ状況は

北海道ではとても考えられない。

今は、外に出ることすら億劫な季節。

だから、せめてもの贅沢として部屋の中を石油ストーブで

暖めて、まったりと過ごす。

もっとも、この灯油高のあおりで

今はそれすらもすごい贅沢になってしまったようだけど。

建物も北海道と東京では全く異なる。

札幌では、瓦屋根の建物は滅多に見ない。

鋼葺きというか、トタン屋根がほとんど。

そして、雨戸も見ない。

雨戸の代わりに、北海道では二重サッシになっているので

雨戸が必要なかったんです。

それに、結露があるので、足下までの窓なんてのも

北海道にはなかったですし。

この雨戸の開け閉めのタイミングがよく分からなくて

引っ越してきたばかりの頃は苦労しました。

しばらく経ち分かったことは

夜に雨戸を閉めると、熱が逃げないので

朝明け、夜閉めるってことですかね。

雨戸だけど、雨がしとしと降っているときは閉めていません。

閉めると思いの外暗くなるんですよね。

うーん、未だ雨戸の開け閉めのタイミングが分からず・・・。

|

« 兎月まんじゅう | トップページ | ロング・バケーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨戸:

« 兎月まんじゅう | トップページ | ロング・バケーション »