« 和菓子三昧2 | トップページ | 家具がある生活 »

2008年1月28日 (月)

世田谷美術館に行ってきました

Parao0_2 チケットを頂いていたので、

世田谷美術館に行ってきました。

用賀駅から徒歩17分。

用賀って変わった地名ですよね。。。

一節にはあの「ヨガ」と由来が同じとか・・・

美術館は用賀駅から少し遠いところに

あるのですが、

いらか道を見ながら歩いていくと

あっという間です。

Parao1

”いらか”というのは瓦のことだそうで・・・。

ということはこの鬼の顔は・・・

鬼瓦??!

やっていたのは

パラオ-ふたつの人生

鬼才・中島敦と日本のゴーギャン・土方久功

」でした。

中島敦は中国の故事に着想を得た『山月記』が有名ですが

そのほかにも、ナポレオンを題材とした作品なども

書いていてまさしく天才です。

しかも、作家活動はわずか8ヶ月・・・。

8ヶ月なんて遊んで暮らせるな・・・ワタシ。

Parao2 本人直筆の原稿もありましたが

ほとんど誤字がない。

細々と書いている文面にも

作家の几帳面さが現れていました。

しかし、その几帳面さが

子供や家族への手紙になると

まめで心優しい性格が表れていて

才能だけではなく、人格もすばらしい人だったのだと

思いました。

また、中島敦の小説を読むときは

また違った心情で読めるのではないかと

思います。

|

« 和菓子三昧2 | トップページ | 家具がある生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷美術館に行ってきました:

« 和菓子三昧2 | トップページ | 家具がある生活 »