« 夜明け前 | トップページ | かっちゃった(  ̄▽ ̄)=3 »

2008年2月17日 (日)

東京大仏通りを歩く

東京大仏がいるなんて、東京に引っ越してくるまで

知らなかったのですが、この目で見てみたい!

というわけで、東京大仏に向かってみました。

Tokyodaibutu01_2  赤塚橋からスタートです。

右から左に読むあたりがレトロな感じがします。

下に通っているのは東武東上線です。

ここから、六道の辻を通り、松月院通りをとおり、向かっていきます。

六道の辻とは名前の通り、六叉道路です。

こんなに分かれているならロータリーにすればいいのに・・・。

そう思っている内に、最初の目的地松月院に着きました。

Tokyodaibutu02 松月院とは15世紀太田道灌につれられ転戦していた千葉自胤が

曹洞宗に改宗させ開基したお寺です。

本堂に近づくとお経の声と品の良いお香の香りが・・・。

さらに徳川家康が40万石の朱印地を寄進し、さらに歴代将軍が

朱印状を下付していたという由緒あるお寺なのです。

千葉自胤の他に「次郎物語」で有名な下村湖人のお墓もあります。

下村湖人のお墓はちょっと分かりずらいので、しばし道に迷ってしまいました。

明るいときで良かった・・・。

Tokyodaibutu03 下村湖人はこのあたりを大変気に入っていて、

「次郎物語」でも、赤塚が舞台の一つになっています。

Tokyodaibutu04

松月院は板橋十景の一つになっています。

このうち後どれくらい観れるのだろう・・・。

Tokyodaibutu05 なんとなくシュールだったので

思わず撮ってしまいました。

懐かしい・・・。

次はいよいよ東京大仏に向かいます。

Tokyodaibutu06 当然ではあるのですが、

東京大仏はお寺の敷地内にあります。

休日だったので参詣客がちらほら

みえました。

Tokyodaibutu08

うーん。大きい。

13メートルあるんですって。

ブロンズ像というのがモダンです。

Tokyodaibutu07 近くで売っていたお線香に火をつけて

大仏にお供えしてきました。

おみくじを引くと・・・。

大吉!

うーん。なんか良いことありそう。

さらに、奥に行くと、植物園がありました。

Tokyodaibutu09

犬はダメでも、ネコは良い・・・??

板橋区立赤塚植物園といいます。

無料、なのが良いですね。

結構、人が入っていましたよ。

でも、

Tokyodaibutu10  まだ、冬ですからね。

ざんねんながら、お花が咲くのはもう少し後のようです。

Tokyodaibutu11

福寿草はもう咲いていました。

北海道でも、雪割草、ふきのとうと並ぶ

春に一番最初に咲く花です。

でも、北海道で咲くのはいつになるかな?

Tokyodaibutu12

ここのおすすめは「万葉・薬用園」

万葉でうたわれた草花を和歌とともに展示されています。

このように展示されると、すごくわかりやすいし

和歌の世界が近づきますよね。

さらに、歩いていくと不動の滝公園が

なんでも、修行をするときにここでみそぎをうけて

いたとか。

Tokyodaibutu13

こんな霊験あらたかな滝がこんな住宅街にあるのかー。と

歩き進めてみると

Tokyodaibutu14 

・・・・これ?

ううん・・・・これじゃないよね。きっと。

・・・・。でも、他には見つかりませんでした・・・。

さらに歩き進めると赤塚城址が

急な階段を上っていくと本丸跡があるのですが

Tokyodaibutu15

Tokyodaibutu17

松月院を開基した千葉自胤がここにお城を構え、

豊臣秀吉に滅ぼされるまでここにお城があったそうです。

もちろん今や面影は全くありません。

お堀らしき場所には釣り糸を垂らす人が多くいて

城址跡もみんなキャッチボールをしていました。

想像するお城というよりも、自然の地形を取り入れた

砦という感じがすると思いました。

|

« 夜明け前 | トップページ | かっちゃった(  ̄▽ ̄)=3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京大仏通りを歩く:

« 夜明け前 | トップページ | かっちゃった(  ̄▽ ̄)=3 »