« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

新年度

新年度
なんとか新年度を東京で迎える事が
できました( ̄∇ ̄*)ゞ

さて、今年こそといつもこの時期意気込むのが
NHK外国語講座。

今年も山のようにテキストを買い込んで
しまいました。

これをきちっとできたら今頃…(;¬_¬)

一番のネックが時間帯。
勤務中ならお手上げです~\(_ _;)/~

それで今年はこんなものを買ってしまいました。

オリンパスのラジオサーバー。

これでラジオをききのがすことはありません。

これで今年こそ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

府中・日野に行く その1府中編

またまた歩いてきました。

今日、歩いてきたのは府中・日野

今回は、海外行ったときぐらい歩きました・・・。

まずは、府中本町駅からスタートです。

Fuchuhino001

府中本町駅は、武蔵野線と、南武線が利用出来る駅で、

東京競馬場の最寄り駅でもあります。

行った日も、東京競馬場の開催日だったらしく、臨時改札口も

開いていました。

もちろん向かうのは東京競馬場・・・ではなく、

観光名所巡りです。

Fuchuhino002 Fuchuhino003

府中は、あちらこちらに

神社仏閣があります。

しかし、その中でも大きいのは

Fuchuhino004

大國魂神社です。

大國魂神社の設立はなんと111年!!!

ううん・・・。歴史あり。

大化の改新の時には国府にされ、以来武蔵野の中心地だった

場所でもあります。以後鎌倉時代より江戸時代まで時の将軍の

信仰も厚かったこの神社。

いまでも、すぐ近くに市役所が置かれ、今なお府中の中心地の

ようです。

Fuchuhino005 境内の中でみかん(橙?)がなっていました。

北海道では、みかん類が育たないので

このように、木になっているのは

すごく不思議です。

魚が海に泳いでいるのが想像出来ない現代っ子と

あまり変わらないな・・・。

Fuchuhino006 Fuchuhino007

Fuchuhino008 江戸時代4代将軍家綱の

命により完成した本殿。

室町末期の建築様式が

しっかり残っているのがすごいですね。

Fuchuhino009 Fuchuhino010

あ、うんと狛犬が

参道を見守っていました。

参道の横には、図書館や神社があり、

この神社から発展した、未だに歴史の流れの中に

そって存在している街なのだなと思いました。

参道の前には、旧甲州街道が、

東海道や、中山道に比べて、

大名行列にはあまり使われることがなかったようですが、

甲州から金を運ぶ金の道として発達しました。

旧甲州街道は結構広くてデパートもありますが、

昔からのお店もあります。

その中で和菓子屋に入り

「鮎最中・鮎の里 煎茶セット」をたのみました。

Fuchuhino011

多摩川は鮎の名物らしく、鮎をかたどったお菓子が

多いですね。

Fuchuhino012 鮎最中はおいしかった。

鮎の里も中にお餅?が入っていて

おいしかったです。

さらに歩いていくと、旧甲州街道と、府中街道が

交差していく場所までいくと

Fuchuhino013_2

高札場です。

法度や、重罪人などを、記していたということです。

6枚ほどの高札を掲げることもあったそうで、

今で言うと、国営のニュース番組みたいなものなのでしょうかね。

意外と大きくてびっくりです。

ここから、向かったのが府中市郷土の森。

結構遠かった・・・。

でも、遠かったけど見所はたくさんでした。

Fuchuhino014_2 昔の建物などを移築して

展示しています。

小学校ですね。

北海道にも、開拓の村など、移築して展示していますが、

建物の展示だけではなく、その中でいろいろな展示を複合的に

見せる試みをしています。

小学校内部では「村野四郎記念館」が併設されていました。

現代史の詩人である村野四郎は「ぶんぶんぶん」や

「巣立ちの歌」が有名ですね。

Fuchuhino015 Fuchuhino016

幕末脇本陣になった

この建物ではうどんを食べることができます。

やはり、北海道と比較すると、本州の方が木造建築が

良く保存されています。気候が木造建築と合っているのでしょうね。

面白いのは役場正面から見ると、洋風ですが

Fuchuhino017

後ろから見ると和風になっています。(ウメの木が・・・)

Fuchuhino018

建物の内部も、受付や市長室は洋風ですが

Fuchuhino019 

宿直室は和風だったりします。

Fuchuhino020 なんとなく、明治時代の政策と

それまでの文化とのゆらぎが

かいま見えて面白いです。

さらに、ちょうど郷土の森は梅祭りでした。

梅園では梅が満開でした。

Fuchuhino021

梅の盛りは過ぎ去りようとしていましたが、

梅の花びらが、風に乗って散りゆく様は

桜と違ってまた良いものです。

Fuchuhino022 Fuchuhino023 Fuchuhino024

花を取り始めたら

それでメモリーがつきてしまうくらい。

花が咲き誇る府中の春でした。

古代の昔から悠久の歴史とともに今なお昔の歴史が失われない

府中は童謡や唱歌などに出てきた日本人のふるさとの一つだと

思ったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

府中・日野に行く その2日野編

日野編は、高幡不動尊からスタートです。

このときにすでに府中を歩き倒して脚は痛くなりかけ・・・。

ですが、元気よく高幡不動尊に向かいました。

Fuchuhino025

京王線の高幡不動駅をでるとすぐに、参道入口が見えます。

・・・が。コレは・・・。

参道で揚げまんじゅうを購入。ほおばりながら中へ・・・。

Fuchuhino026 Fuchuhino027 Fuchuhino028

良くも悪くも

観光地然とした場所です。

見所は有料だし・・・。

でも、さすがに仏像はすばらしかった・・・。

それにすばらしかったのは「鳴り龍」

Fuchuhino029

天井に龍が描かれており、その間で拍手をすると

Fuchuhino030

Fuchuhino031

と、音が鳴ります・・・。なかなか面白かった・・・。

Fuchuhino032

そんな高幡不動尊を後にして、次の場所に向かいます。

ここが遠かった・・・。

Fuchuhino033 のどかで良い場所なのですが、

持っている地図も不親切で

どこを歩いているのか分からない・・・。

近くの交番に飛び込み、そこにある地図で確認。

よし!こっちの道の方がちかいっ!

・・・・が

Fuchuhino034

とんでもない階段に遭遇・・・。

ひ、ひえ~。

Fuchuhino035

そんなこんなでようやくたどり着いたのは

Fuchuhino036

「新選組のふるさと歴史館」

ブルーののぼりがまぶしい・・・。

ここでは、新選組の様々な物が展示されています。

しかも、ここでは

Fuchuhino037

土方歳三の扮装ができます。

年甲斐もなくやってしまいました。

いよいよ日野本陣に・・・と思ったら、その日はイベントということで

すでに閉まっているとのこと。

がっかりしていたら、

「イベントを見てみますか?」

と。

篠笛と落語の会をやっていて、今日は本陣でやるらしい・・・。

ぜひ見に行きたい!

ということで行ってきました。

Fuchuhino038

日野本陣です。東京都内では唯一残っている本陣です。

本陣自体は明治時代頃に立て直されたいるそうなのですが

当時の雰囲気は残っていると思います。

Fuchuhino039

篠笛は竹でできた笛で、フルートみたいな音が出ます。

今まで、長唄などにもあまり触れたことはないのですが、

なかなかステキでした。

落語も初めてでした。

面白かったのですが、慣れるまで時間がかかりました。

落語を聞くには前もって知識などが必要なのかも。

日野は街道の街として息づいたときより

街と街だけではなく未来と過去もつないでいる

街だと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

この季節がやってきた・・・。

今年もこの季節がやってきた・・・。

春!

そう、春は英語力測定テストの季節。

説明しよう!

「英語力測定テスト」とは

NHK出版が毎年出版している

NHK英語講座公式ガイドに付いてくるテストのことで

そのテスト如何によっておすすめ講座の目安を

見つけてくれるという優れものなのだ!

一昨年は中学生程度というアイタタな結果だったが、

去年は高校程度とレベルアップ!

さて、今年は・・・?

・・・・

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・。

64点。

なんと微妙な・・・。

で、でも、レベルが下がっていないから

よしとしよう・・・。

来年こそは、大学生並みの英語力を・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

インスタントうどん

Kiwamiudon

スーパーでココロ惹かれるパッケージを発見し、

早速食べてみました。

Kiwamiudon1

おいしい・・・けど辛・・・・。

鷹の爪がぴりりときいています。

実は他にスパイスが付いていたのだけど、使わなかった・・・。

辛いの苦手で・・・。

オイラ、男じゃなかったなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

雑司ヶ谷に行ってきました。

  今日行った のは雑司ヶ谷。

副都心線の駅にもなる場所ですが、今まで行ったことがなかったので、

今日行ってきました。

東池袋の駅を降りると・・・。

いつもはサンシャイン側に降りているのですが。

別の降り口からでてみるとそこは

全く違った風景が広がっていました。

Zoshigaya01

まず向かったのは雑司ヶ谷霊園。

著名人が多く眠っている場所です。

向かう途中に

Zoshiaya02

若い噺家らしき人が通り過ぎていきました。

そういえば、この近くには演芸場が・・・。

いつか行ってみたいです。

そうこうしているうちに雑司ヶ谷霊園に着きました。

Zoshiaya03

・・・。避難場所なんだ・・・。

Zoshiaya04 むかし、江戸時代このあたりは御鷹部屋、つまり

鷹の飼育場所だったそうです。

ここが霊園になったのは明治時代のこと。

以来。多くの著名人がここに眠っています。

まずは、特に有名な夏目漱石のお墓。

Zoshigaya06

大きくて立派なお墓です。

名に恥じない・・・という感じですね。

ここでは、管理事務所で地図をもらうことができます。

名のある人のお墓巡りも良いですよね。

Zoshigaya07

霊園自体もすごくきれいで整備されている印象を受けました。

また、様々な宗派の人が入っています。

Zoshigaya08

そんなお墓巡りもそろそろやめ、雑司ヶ谷の方へ・・・。

雑司ヶ谷は、大正時代、宣教師がアメリカからやってきて

宣教活動をしていたそうです。

それは、日本がアメリカと戦争を始めるころまで

続いていたそうです。

いまも、旧宣教師館として、当時の建物が残っています。

Zoshigaya09

市電の踏切。

なんだか、北海道の踏切を思い出す・・・。

Zoshigaya14

Zoshigaya10

踏切を越えてすぐのトコロに大鳥神社がありました。

日本武尊をまつっているこの神社は、元々鬼子母神境内に

まつられていたところ、明治時代神仏分離令のために

分けられたとのことです。

Zoshigaya11

ウメが満開でした。もう・・・春なんですね。

Zoshigaya12 Zoshigaya13

あ、うんと狛犬。

なんだか愛らしい・・・。

Zoshigaya15

次にやってきたのは鬼子母神です。

小さいですが、なかなか立派なお寺です。

おいなりさんも近くにあります。

Zoshigaya16 境内の中にいるみみずく。

池袋といえば?ふくろうだそうで・・・。

なかなか愛らしいですよね。

雑司ヶ谷は小さいながらも、いろんな物が詰まっている

魅力ある街なのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

外食ターイム♪

最近八方ふさがりな毎日。。。

でも、もちろん良いことだってありました♪

英検に受かったし(でも準2級・・・)

職場での評価も上々(そして仕事が増えた・・・)

ブログだってみんな読んでもらえるし(でも、最近書けてない・・・)

・・・。

・・・・・・・。

・・・・・・・・・・。

でぇぇぇぇぇぇぇぇいっ

と、言うことで今日は思い切って外食なんぞをしてみました。

(無駄遣いしないんじゃ・・・)

行ったのは、ずっと気になっていた居酒屋。

080316

結構雰囲気良くて

飲んべえにはとても良い場所でした。

思わず飲み過ぎちゃったい・・・。

でも、ちょっと、一人では寂しいかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ひな祭り。ということで

Hinagasi 雛菓子を買ってしまいましたー。

ところで菱餅って、どんなお菓子だったっけ・・・?

記憶をさかのぼっても、菱餅を食べた記憶ってない・・・。

いつもプラスチックの菱餅がひな人形に飾ってあったのは

知っているけど・・・。

・・・うーん。

食えば分かるさ!

いっただっきまーーーす。

・・・・。

・・・・・・・・。

菱餅って、餅・・・なんだね。

コレは焼かねば食われない・・・。

その瞬間、遠い遙か昔の記憶がよみがえった。

「ダメよ!それはお菓子じゃないの!!

 何でも口に入れちゃうんだから・・・。」

とママンにしかられているワタクシ。

・・・オイラ、3つから成長していないってことかぁ・・・。

まさしく、”失われた時を求めて”だねぇ・・・(違うと思う・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年…それとも……

昨日、少し歩き回っただけで、
今日はクッタリしてます(~Д~;)

年のせいかなと思うと同時に、
もう一つの疑いが(|| ゜Д゜)

若い頃に比べると、いつ付いたのか
ウンキログラムの体重が……(;つД`)

若い頃だってぽっちゃりだってのに(〃ω〃)
これ以上ぽっちゃりしてどうするのって(*`Д´)ノ!!!

そういいつつ、和菓子買っちゃったの
ですけどね……………。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

東京五社巡り

今日は、神社巡りをしてきました。

せっかく街中に行くので、おしゃれをしようと小一時間

散々迷った後

Jinjameguri01

ようやく決まって、いざ出発!

Jinjameguri02 

・・・・なにか問題でも?

最初に、日枝神社に行ってきました。

Jinjameguri03

日枝神社の鳥居です。

独特な形ですよね。

日枝神社は「山王さま」とも呼ばれていて

古くからまつられている神社だそうです。

将軍家の産土神にもなっていたそうです。

Jinjameguri04 もうすでにウメが咲いていました。

春が来ていますねー。

杉花粉も・・・ですが・・・。

Jinjameguri05

稲荷神社の階段は圧巻です。

朱を基調にした日本ならではの建物ですね。

Jinjameguri06 赤坂は坂が多い場所なのですが、

その中の山になっている場所に

日枝神社があります。

倉庫も、格好良いですね。

Jinjameguri07

日枝神社にはたくさんの神様がまつられております。

朱色が鮮やかな神社でした。

Jinjameguri08

エコにも気を遣っている・・・?

会館が併設されていました。

結婚式も開くことができるのでしょうね。

Jinjameguri09

スヌーピーの運命は・・・・?

Jinjameguri10 会館の茶寮で一休み。

豆腐チーズケーキを食べました。

ミルクカフェオレとともに

おいしかったです。

Jinjameguri11 実は、この神社にはエレベータも

参道の階段に併設されています。

なかなかモダンな建物な

日枝神社なのでした。

次に向かったのは明治神宮。

ただ、太陽が落ちてきて、カメラもフラッシュを焚かないと

そろそろ限界・・・。

Jinjameguri12 

新宿御苑は知っていましたが、明治御苑は

知りませんでした。

もう少し暖かくなったら花を見に来るのも良いのかも。

Jinjameguri13

清酒奉納されていました。

そしてその向かいには

Jinjameguri14

洋酒も奉納されていました。

うーん。すごいコラボレーション。

酒飲みにはたまりませんなぁ・・・。

Jinjameguri15

日本最大の鳥居で明神鳥居というそうです。

鳥居も神社によって随分違うんですね・・・。

Jinjameguri16 日枝神社は朱を基調としていたのに対し

明治神宮は白を基調としていますよね。

剛質なイメージが良く出ていると思います。

木の質感が良く現れていて、日本建築の様式美が

良く出ている建物なのではないでしょうか。

Jinjameguri17

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バルーンシェフ試食会イベントに行ってきたよ

始めてブログのイベントに行ってマイリマシタ。

Hotshef01

あまり、ヒット数もない地味なブログ管理者のオイラが

行って良いものか・・・。

でも、試食会イベントとはどんなものか

そんな好奇心を抑えることができずに行ってきてしまいました。

Hotshef02 バルーンシェフとは、ローソンが

新たなお総菜として、売り出した商品です。

実は、このイベントに参加するまでバルーンシェフを

知らなかった・・・。

何が新しいかというと、電子レンジで「加圧調理」するのです。

加圧調理というと、思い浮かべるのは”圧力鍋”

圧力鍋の良いところは、短時間で物を煮ることができることですよね。

同じように、電子レンジの加熱を利用して、

空気を適度に逃がさないようにすることで

圧力鍋のように短時間で調理ができるのだそうです。

Hotshef03_2 そのことで、野菜の調理が可能になり

かつ野菜の栄養素を壊さずに

しゃきっとした食感を実現 し、かつ

ヘルシーなのだそうです。

たしかに、今まで電子レンジで、蒸したりすることはあっても

加圧というのは画期的なのかも。

Hotshef04

パッケージはこんな感じ。

野菜が生というのがよく分かります。

スーパーでも、使い切り野菜が売っていたりしますが

イメージはそんな感じです。

野菜と調味料がミックスされて入っています。

そして電子レンジに入れます。

Hotshef03

印刷面を上にして、時間を設定して加温すると

Hotshef04 

加熱されるとともに、袋がふくらみ、そして一定の気圧を

保つために

Hotshef05

空気が抜けていきます。

そしてできあがり。

Hotshef05

ちゃんと、ジャガイモも中までちゃんと煮えていて

おいしかったです。

キャベツなどの野菜のしゃきしゃき感は浅漬けのように

しゃきしゃきしていて、新鮮なのがよく分かりました。

これは、今までにない画期的な電子レンジの

使い方です。

でもあえて、辛口に言ってしまうと・・・。

商品をパッケージしている紙に賞味期限が書いてあり、

商品そのものには書いていない。

食品偽装が続いた昨年。

やはり、簡単に交換・破棄できてしまうパッケージだけでなく

そのものにできれば日付を入れてもらいたいです。

また、安心を前面に打ち出すのであれば、

食品表示だけでなく、産地や添加物の説明を

インターネット上でも良いので表示して欲しいと思いました。

そのうち、塩分控えめなどさらに体に健康なメニューが

出てきたら、年配の方でも安心して調理出来ると思います。

どうしても一人暮らしだと、なかなか野菜が取れなくて

野菜を買っても使えきれなくて無駄にしてしまうことも多かったので、

そんな時は、気軽に野菜が取れて良いかも。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »