« 府中・日野に行く その2日野編 | トップページ | 新年度 »

2008年3月16日 (日)

府中・日野に行く その1府中編

またまた歩いてきました。

今日、歩いてきたのは府中・日野

今回は、海外行ったときぐらい歩きました・・・。

まずは、府中本町駅からスタートです。

Fuchuhino001

府中本町駅は、武蔵野線と、南武線が利用出来る駅で、

東京競馬場の最寄り駅でもあります。

行った日も、東京競馬場の開催日だったらしく、臨時改札口も

開いていました。

もちろん向かうのは東京競馬場・・・ではなく、

観光名所巡りです。

Fuchuhino002 Fuchuhino003

府中は、あちらこちらに

神社仏閣があります。

しかし、その中でも大きいのは

Fuchuhino004

大國魂神社です。

大國魂神社の設立はなんと111年!!!

ううん・・・。歴史あり。

大化の改新の時には国府にされ、以来武蔵野の中心地だった

場所でもあります。以後鎌倉時代より江戸時代まで時の将軍の

信仰も厚かったこの神社。

いまでも、すぐ近くに市役所が置かれ、今なお府中の中心地の

ようです。

Fuchuhino005 境内の中でみかん(橙?)がなっていました。

北海道では、みかん類が育たないので

このように、木になっているのは

すごく不思議です。

魚が海に泳いでいるのが想像出来ない現代っ子と

あまり変わらないな・・・。

Fuchuhino006 Fuchuhino007

Fuchuhino008 江戸時代4代将軍家綱の

命により完成した本殿。

室町末期の建築様式が

しっかり残っているのがすごいですね。

Fuchuhino009 Fuchuhino010

あ、うんと狛犬が

参道を見守っていました。

参道の横には、図書館や神社があり、

この神社から発展した、未だに歴史の流れの中に

そって存在している街なのだなと思いました。

参道の前には、旧甲州街道が、

東海道や、中山道に比べて、

大名行列にはあまり使われることがなかったようですが、

甲州から金を運ぶ金の道として発達しました。

旧甲州街道は結構広くてデパートもありますが、

昔からのお店もあります。

その中で和菓子屋に入り

「鮎最中・鮎の里 煎茶セット」をたのみました。

Fuchuhino011

多摩川は鮎の名物らしく、鮎をかたどったお菓子が

多いですね。

Fuchuhino012 鮎最中はおいしかった。

鮎の里も中にお餅?が入っていて

おいしかったです。

さらに歩いていくと、旧甲州街道と、府中街道が

交差していく場所までいくと

Fuchuhino013_2

高札場です。

法度や、重罪人などを、記していたということです。

6枚ほどの高札を掲げることもあったそうで、

今で言うと、国営のニュース番組みたいなものなのでしょうかね。

意外と大きくてびっくりです。

ここから、向かったのが府中市郷土の森。

結構遠かった・・・。

でも、遠かったけど見所はたくさんでした。

Fuchuhino014_2 昔の建物などを移築して

展示しています。

小学校ですね。

北海道にも、開拓の村など、移築して展示していますが、

建物の展示だけではなく、その中でいろいろな展示を複合的に

見せる試みをしています。

小学校内部では「村野四郎記念館」が併設されていました。

現代史の詩人である村野四郎は「ぶんぶんぶん」や

「巣立ちの歌」が有名ですね。

Fuchuhino015 Fuchuhino016

幕末脇本陣になった

この建物ではうどんを食べることができます。

やはり、北海道と比較すると、本州の方が木造建築が

良く保存されています。気候が木造建築と合っているのでしょうね。

面白いのは役場正面から見ると、洋風ですが

Fuchuhino017

後ろから見ると和風になっています。(ウメの木が・・・)

Fuchuhino018

建物の内部も、受付や市長室は洋風ですが

Fuchuhino019 

宿直室は和風だったりします。

Fuchuhino020 なんとなく、明治時代の政策と

それまでの文化とのゆらぎが

かいま見えて面白いです。

さらに、ちょうど郷土の森は梅祭りでした。

梅園では梅が満開でした。

Fuchuhino021

梅の盛りは過ぎ去りようとしていましたが、

梅の花びらが、風に乗って散りゆく様は

桜と違ってまた良いものです。

Fuchuhino022 Fuchuhino023 Fuchuhino024

花を取り始めたら

それでメモリーがつきてしまうくらい。

花が咲き誇る府中の春でした。

古代の昔から悠久の歴史とともに今なお昔の歴史が失われない

府中は童謡や唱歌などに出てきた日本人のふるさとの一つだと

思ったのでした。

|

« 府中・日野に行く その2日野編 | トップページ | 新年度 »

コメント

ずっと、北海道に住んでいたので、
「日本の風景」に憬れてしまうんですよね。
北海道は梅と桜の花が一緒に咲いて
仕舞うような場所なんで・・・。

そういえば、あのまま来ないですね・・・。
4月になってしまう・・・。

投稿: みもっち | 2008年3月17日 (月) 19:57

歩くの好きなんですか?
私地元が国立なので、府中、日野あたりとかなじみがあります。
あれから、ローソンのメール来ないですね。
3月に買うような事言われましたよね?

投稿: 林檎 | 2008年3月17日 (月) 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 府中・日野に行く その1府中編:

« 府中・日野に行く その2日野編 | トップページ | 新年度 »