« はやおきさん | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 拾壱:妻籠の夜 »

2008年4月19日 (土)

馬籠・妻籠をゆく 十:旅館に泊まる

さて、ようやくチェックインの時間になり
宿屋の中へ・・・。
Magometumago080 
さすがに朝から歩き通しで疲れました。
昔の人はこうやって旅を続けたのですね・・・。
観光というよりは、戦いに近いような気がします
Magometumago081 こうなると、宿が何よりの楽しみ
6畳の部屋です。が
布団で全てがこぢんまりとしているので
逆に広く見えます。
Magometumago084_3 
あと、お風呂とトイレは共同。
昔の旅館のイメージはあまり、水回りが
よろしくないイメージがあったのですが、
トイレはシャワー付きのトイレ
お風呂は檜風呂(非温泉)
とてもきれいでした
Magometumago085 木曽というだけあって檜風呂
しかも、家族風呂だったので
一番風呂を堪能してしまいました。
ワタシは湯あたりしてしまうタチなので
非温泉の方が好きなんです。
しかも、本当に香りがよい檜の香りが・・・。
Magometumago083 まだまだ、他の客が来る前で
ゆっくりお風呂を堪能出来ました。
歩き疲れもコレで回復
夕飯の時間になりました。
Magometumago086_2 
おおっ
この旅館は、食事に一番力を入れているそうで。
朝から歩きっぱなしでお腹が空きました。。。。

「イワナの塩焼きから先に召し上がりください」
おおっタンパクでお塩がきいていて、
これはご飯がススムクン!
おかわり

「蜂の子です」
形が…ですがしっかり佃煮の味が♪
これもご飯がススムクン!
おかわりっ

「沢蟹をそのままお召し上がりください」
しっかり味がついている♪
やっぱりご飯がススムクン!

「馬刺です」

臭みがない♪

またまたご飯がススムクン!

おかわり

「ほおばみその信州牛ステーキです」

もちろんご飯がススムクン!

おかわり

Magometumago087

おすいものです。

あっさりとしておいしくて

でもでもご飯がススムクン!!

Magometumago088

「天ぷらです」

ご飯がススムクン

「御幣餅です」これはご飯だススムクン

「おひつにご飯を足しましょうか?」いえもう!Σ( ̄□ ̄;)

Magometumago089

「もり蕎麦です」

………もう終わりだよねススムクン

「これで果物がきてすべて終了します」

Magometumago090

明日…歩けるかな?

|

« はやおきさん | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 拾壱:妻籠の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬籠・妻籠をゆく 十:旅館に泊まる:

« はやおきさん | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 拾壱:妻籠の夜 »