« 馬籠・妻籠をゆく 五:妻籠歴史散策 | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 七:妻籠の町をあるく その2 »

2008年4月17日 (木)

馬籠・妻籠をゆく 六:妻籠の町をあるく

さて、保存活動が活発な妻籠。

郵便局も

Magometumago046

郵便資料館になってしまいます。

しかも、ポストが・・・

このポストはちゃんと使えるんですよ。

Magometumago047

中にはいるとこんな感じ。

手前から3つめのポストは知っていました。

トイレと間違われたという話は有名だし、

府中の郷土の森で見ました。

が、さらに古いポストがあったとは・・・

しかも、撮影OKなのがすばらしい

東京などを歩いていると結構NGの場所があって

ブログで伝えることができないこともあるので・・・

Magometumago048

さらにうれしいのはあちこちにベンチがあること

ベンチで休みながらのんびり町を眺めることができるのです。

せわしい日常から遠く来たと思わせる瞬間です

|

« 馬籠・妻籠をゆく 五:妻籠歴史散策 | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 七:妻籠の町をあるく その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬籠・妻籠をゆく 六:妻籠の町をあるく:

« 馬籠・妻籠をゆく 五:妻籠歴史散策 | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 七:妻籠の町をあるく その2 »