« 馬籠・妻籠をゆく 拾六:ピークを過ぎれば・・・ | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 拾八:馬籠の町をゆく »

2008年4月24日 (木)

馬籠・妻籠をゆく 拾七:あの山を越えると・・・

Magometumago135

ついに、馬籠に到着しました

あ、胸に熱いものが・・・

目の前に高く長く広がるのは恵那山です。

Magometumago136 Magometumago137

山には、島崎藤村と

彼の父である島崎正樹の石碑がありました。

「夜明け前」では悲劇的な最後を

向かえる彼ですが、

馬籠ではこのように石碑が建立されていることから

慕われていたことが分かります。

あの山を越えると、中津川。

ついに、ここまで戻ってきました。

思わず一首

恵那山の青い山際雪渓に

重ねてみるは遠きふるさと

いよいよ馬籠宿へ・・・。

|

« 馬籠・妻籠をゆく 拾六:ピークを過ぎれば・・・ | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 拾八:馬籠の町をゆく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬籠・妻籠をゆく 拾七:あの山を越えると・・・:

« 馬籠・妻籠をゆく 拾六:ピークを過ぎれば・・・ | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 拾八:馬籠の町をゆく »