« 馬籠・妻籠をゆく 六:妻籠の町をあるく | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 八:妻籠の町をあるく その3 »

2008年4月18日 (金)

馬籠・妻籠をゆく 七:妻籠の町をあるく その2

枡形までやってきました。

Magometumago052

枡形とは、L字型に道を造ることによって、敵が勢いよく進入するのを防ぐ

足止めの役割を果たしています。

江戸時代大井川に橋を架けなかったことからも分かるとおり

西から攻め込まれるのを一番危惧していた幕府は

宿場町には必ず枡形を整えていたといわれています。

考えてみると、本陣も本来の意味は総大将がいる場所。

日本の宿場町は戦いの中から形成されていった一面も

あるのでしょうね

Magometumago051 この枡形あたりには昔の

庶民の建物が軒を連ねています。

Magometumago055 そんな中で

「にゃ~ん」と呼び止める声が

Magometumago053

ネコです

いや~んかわいい

ということで、そのままそこでお昼を・・・。

Magometumago054

キノコの炊き込みご飯に、ふきのとうの天ぷらにはるなの白和え、ずいこの煮物…など、ベジタリアンでかつボリュミーな内容となっております。

そして、苦い番茶を食後に飲む。
とても、日本的ですねぇ

Magometumago056

思えば遠くにきたもんだ・・・

|

« 馬籠・妻籠をゆく 六:妻籠の町をあるく | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 八:妻籠の町をあるく その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬籠・妻籠をゆく 七:妻籠の町をあるく その2:

« 馬籠・妻籠をゆく 六:妻籠の町をあるく | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 八:妻籠の町をあるく その3 »