« 馬籠・妻籠をゆく 拾九:続馬籠の町をゆく | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 廿壱:馬籠の朝 »

2008年4月29日 (火)

馬籠・妻籠をゆく 廿:馬籠に泊まる

Magometumago159

歴史ある街道のある馬籠宿。

しかし、温泉が出ないため通りすがりのお客さんが多いのでありました・・・

Magometumago160 Magometumago161_2 こんなに素敵な風景なのに・・・。

まだ早い内から、早々と店じまいをするところ

続出です。

そんななか、四方木屋さんに入りました。

Magometumago162 ここは、なんと藤村の子孫に当たる人の家で

この中でお茶をすることができるのです。

頼んだのは

Magometumago163 もちろん初恋ジュース

未だ上げそめし前髪の

甘酸っぱくておいしかったです。

その後・・・。

馬籠の宿に就寝

島崎藤村の孫が書いた絵が飾ら
れていたり、島崎藤村の詞が飾られていたり、藤村一色です。

Magometumago164 鮎の甘露煮も絶品でした。

しかし、お手洗いが水洗ではないのが

ちょっと残念・・・。

Magometumago165 でも、馬籠の春はのどかでステキでした・・・。

いよいよ残すは後一日・・・

|

« 馬籠・妻籠をゆく 拾九:続馬籠の町をゆく | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 廿壱:馬籠の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬籠・妻籠をゆく 廿:馬籠に泊まる:

« 馬籠・妻籠をゆく 拾九:続馬籠の町をゆく | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 廿壱:馬籠の朝 »