« 馬籠・妻籠をゆく 廿弐:国境を越えて | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 廿四:別れの時 »

2008年4月30日 (水)

馬籠・妻籠をゆく 廿参:落合を抜けて

Magometumago177_3  落合の石畳にやってきました

和宮や明治天皇が通った際に、
補修した当時のままよく残っています

昔はこのように道を舗装していたのですね

今このように石畳が残されているのはここ落合と、箱根のみ。貴重ですね

耳をすませば静かな自然の音がと言いたいですが、工事現場から、大音量の歌が響いています
まぁ木挽き唄と思えば…

ここは当然ながら車は進入禁止。

歩き旅でなければなかなかMagometumago179

ここまで来られないですよね

歩きで来て良かったと思いました

たとえ、荷物が多くなっても・・・

Magometumago178 車で入り込むと、

奉行所にしょっ引かれます。

(想像)

Magometumago180深い森の中を一人静かに歩いていくと、

日常どころか、 なんだか現代からも

遠く離れた世界に来たような

気分になってしまいますね・・・

山中薬師寺は荒れ果てた印象を受け、

もの悲しさがありました

Magometumago181 医王寺です。

ここの桜はきれいでした。

県下随一といわれたのだとか

伊勢湾台風で倒されたらしく、今は二代目です。

さらに歩いていくと、

落合川にぶつかりました。Magometumago182

木曽の川はどの川も

川の音をとどろかせています・・・。

いよいよ落合宿へ・・・

|

« 馬籠・妻籠をゆく 廿弐:国境を越えて | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 廿四:別れの時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬籠・妻籠をゆく 廿参:落合を抜けて:

« 馬籠・妻籠をゆく 廿弐:国境を越えて | トップページ | 馬籠・妻籠をゆく 廿四:別れの時 »