« 馬籠・妻籠をゆく 廿参:落合を抜けて | トップページ | 魔除け »

2008年5月 1日 (木)

馬籠・妻籠をゆく 廿四:別れの時

あらすじ

気楽な気持ちで旅に出ようと思い立ったみもっち

しかし

Magometumago183_2

待っていたのは、散歩気分では過酷な道と

観光気分では重すぎた荷物だった・・・。

しかし、そんな道もゴールが近づきつつあった・・・。 

Magometumago184いよいよ落合宿にやってきました。

しかし、馬籠・妻籠に比べると開発は

だいぶん進んでいますが

でも、ちゃんと石碑が建っていました

Magometumago185 脇本陣跡と本陣を見てきました。

今も、実際に住まれているとか

うーん。歴史と今でも繋がっている

と感じますね。

Magometumago186 なので中には入れないのですが、
外からみるかぎり、
重厚な古い建物でした。
このあたりになると、
やはり中津川に近いので
住宅も増えています。
ただ遠くに目をやると田園風景が広がっていますが(* ̄∇ ̄*)
Magometumago187 ここで、長らく歩いてきた

中山道に別れを告げ

いよいよ落合川駅に向かいます

・・・が

離れたとたん道に迷ってしまいました

Magometumago188 地図もおおざっぱすぎて分からないし

道を聞くも、

どれくらい歩けばよいのか・・・

Magometumago189 散々迷った後、

ようやく落合川駅にたどり着きました・・・。

次の電車まで40分ほどあったのですが、

歩き疲れたのでこのまま一休み

Magometumago190_2

でも、落合川は近くにトンネルがあり、

静かに電車がそこまでのびていて

のどかながら、何となく懐かしい感覚があります。

さすが信濃路。

旅情が高まります。

と、

Magometumago191

おおっ

Magometumago192

まるで雪のようにまいおちる桜は美しいです。

出立の
ホームに舞い散る
花雪景

日本の旅を感じることのできる旅でした

|

« 馬籠・妻籠をゆく 廿参:落合を抜けて | トップページ | 魔除け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬籠・妻籠をゆく 廿四:別れの時:

« 馬籠・妻籠をゆく 廿参:落合を抜けて | トップページ | 魔除け »