« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

レオナール・フジタ

こないだの里帰りの時、

観たかったのに、観れなかった「レオナール・フジタ展」。。。

しかし、なんと東京に来てくれます!!!

http://leonardfoujita.jp/

やったね

主催が道立近代美術館・・・。

一時期、足が遠のいていた美術館ですが、

最近はココロ動く展覧会が多いです。

・・・館長が替わったのだろうか

などと失礼な推測はさておき。

2月はセザンヌをするらしい・・・。

サンド・ヴィクトール山が来るなら、

・・・・帰っちゃおうかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

東京を寄り道

帰りに寄り道をした場所をふらふら書いてみようと思います(*´∀`)♪

今夜は…

♪ポーニョ、ポニョポニョ(*´ー`*)
観てきました(///ω///)♪。

崖の上のポニョ>゜))彡

酷評もされていた、ポニョですが、
なかなかかわいかったです。

まるで絵本を開いたような作品でした。
特に背景が手書きならではの良さが
十分にでていたと思います。(*´∀`)♪

しかし、絵本のような作品だからでしょうか。
映画館よりも、家でのんびりDVDなどで
観たほうが楽しいかもと思ったり(((^^;)。
子供のための絵本という表現がぴったりの
作品でした(≧∇≦)

ホテルにある映画館だったのですが
映画館のそばに水族館がありました。

今度は、その水族館にも行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

図書館ラリー

最近、あちこちに本を借りることがすっかり増えてきました。

コレが、本じゃなくお金だったら

間違いなく多重債務。ですが。

まぁ、どっちも返すのはちょっと大変なんですけど・・・。

最近行っている図書館を少しご紹介。

品川区大崎図書館

大崎駅から5分ぐらい歩いたところにあります。

商業施設を超え、坂を上ったところにある

こぢんまりした図書館。

2階にはビジネス図書館があり、

また、机が多いのもうれしいですね。

杉並区中央図書館

隣には読書の森があります。

あまりの暑さに読書どころではなく皆さんだれていましたが・・・。

なんだか、急にあつらえた造成地・・・にも見えてしまったんですけど。

でも、テーマを決めて展示をしている姿勢って好感が持てます。

(行ったときにはガンジー展を開催していました)

2階には杉並文士の紹介も。

地下には喫茶店もありました。

喫茶店は空いていたので、しばしまったり。。。

2008072014320000

世田谷区立経堂図書館

新しくできた図書館。

最近買った地図にも載ってなく・・・

駅前なのにちょっと迷ってしまいました。。。

でも、これだけ近くにあると本の返却とか

便利ですよね。

やっぱり、本は重いし、雨に濡れたりしたら大変だから、

できれば駅の近くにあった方がうれしいですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

ブルー

青って不思議な光だと思う。

さわやかでありながら、ちょっとメランコリーで。

自由な空の色。

果てを感じる海の色。

もう一度訪れたいあの教会だって

ブルーのステンドグラスがきれいな教会だし、

それほどカメラに興味がなかったあの頃

現像して衝撃を受けたあの一枚も

白いサクラダ・ファミリアと対比した真っ青な青空の写真だった。

青がきれいに撮れるあのカメラで、

もう一度、あの教会に行けたらなぁ。

・・・結局すっかり忘れて

見上げるだけで終わりそうだけど・・・

Image0054

P1050751 

ううん。タビゴコロがうずくねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

東京を歩く~千川を歩く3~

冨士浅間神社にある豊島長崎の冨士塚に行ってきました。

2008071313090000
冨士塚とは、富士山信仰が高まった近世、

高齢の方など、富士山を登ることができなかった人
のために作られた塚です。

2008071313120001

言ってみればミニチュア富士山。

宗教と観光をごっちゃにすると怒られそうですけど、

テーマパークのような役割を果たしていたようにも思われ。

旅行に行きたいという気持ちは今も昔も変わらないのでしょうね

今は金網に遮られ、登ることはできません。
残念。
2008071313100000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京を歩く~千川を歩く2~

●あらすじ●

千川に降り立ったみもっち。

豊島区立彫刻公園

というハイソな名前につられて、向かった先でみもっちが見たものは・・・?

2008071312510000 

これが彫刻公園?

一見普通の児童公園なのですが…

が、しかし

2008071312500000_2   

草むらに突然彫刻がΣ( ̄ロ ̄lll)

ナゼ(; ̄Д ̄)?何のテーマでこれらを選んだのだろう・・・。

2008071312490000

全然、公園と調和がとれていないのですけど…

さらに

2008071312490001

4体のうち、

3体が

裸婦彫刻というのも…

(もうひとつは羊を抱いた女の子↓)

2008071312480000_3

公務員のセンスがキラリと光る公園です

2008071312520000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京を歩く~千川を歩く1~

今回は東京の千川を歩いてきました。

「千川」という地名は「千川上水」から来ているとのこと。

玉川上水は有名ですが、千川上水は始めて聞きました

もっとも、ほとんど暗渠(あんきょ)され、見ることは出来ないのですが…。

今日は、身近なのに知らない場所「千川」に行ってみようと思います(`◇´)ゞ

まずは腹ごしらえと、向かった先は「安曇野」2008071312300000

千川駅前にある、そば屋です。

東京のお蕎麦屋は、お酒も出すのがビックリです・・・(;´Д`)

茶そばと空豆の天ぷらを食べました(´∇`)

さて・・・千川といえば千川上水なのですが、

本当に千川上水を見たいのならば、武蔵野市までさかのぼらなければなりません

というわけで、最初に向かったのは

2008071312460000_2 

豊島区立千川彫刻公園です。

彫刻公園・・・。

思い出されるのは札幌にある芸術の森とか

ロダン美術館とか。。。

期待がふくらみます

いざ!なかへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

東京を歩く~文学の足取りを求めて~5道はここから始まった

東京大丸のサバティーニで食事。

どこかで聞いたことがある名前だなぁ・・・と思っていたら、

東京フォーラムにもあったから

さて、その後、いよいよ「ルパン」へ・・・。

ルパンとは、銀座にある、ショットバーで、

織田作之助や太宰治・坂口安吾が通っていたバーで、

太宰治が椅子の上であぐらをかいている有名な写真もここで撮られました。

それで、銀座に向かった・・・はずだったのですが

20080705037

なぜか着いたのは日本橋。

・・・なぜだ

でも、初日本橋です。

江戸時代、日本中の道はここから始まったのですよね~。

そういえば、江戸四宿はまだ板橋、品川しか行けてないなぁ・・・。

20080705036 とても、イメージが悪かった日本橋ですが、

行ってみると意外とそうではなかったです。

たしかに、江戸時代の風情なんてあったものじゃなかったけど

いまでも、道の起点であるという気概を感じられましたよ。

川、道路、そして高速道路と、昔も今も重要な人や物を運ぶ「道」であり、

その役割を担っているのですね。

20080705035

残りの江戸四宿に行けるのは一体何時になるのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京を歩く~文学の足取りを求めて~4三鷹

いよいよ、今日の散策も大詰め。

夏の暑さに、すでにくらくらしながら、ようやく駅前までたどり着きました。

20080705026 三鷹にもたくさんの太宰治の

碑がたくさんあります。

でも、ワタシはどちらかというと、

この後ろに書かれている

20080705027

こっちの方が、気になった・・・。

他にも、変わった看板があるかもと思いながら歩いていくと、

北海道が やってきた

 ジョージが やっきた

・・・やっきた?

「ジョージがやっきただって~www

と、友達に言ったら

「ジョージは私ですが」

ぎゃぁぁっ!!!

そして、ジョージに捕まること10数分。。。

三鷹は・・・危険だ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京を歩く~文学の足取りを求めて~3禅林寺

このままでは、山本有三を巡るたびになってしまう・・・

さて、本来の目的である、禅林寺に向かいます。

そのまえに・・・。

20080705020 八幡大神社にやってきました。

ご神体は15代応神天皇とのこと。

15代って・・・

本当は、御朱印が欲しかったのですが、

残念ながら閉まっていました・・・。

いよいよ禅林寺へ。

20080705021 なかなか、近代的な門構えです。

もうすでに、日暮れ時です。

お墓参りは日没まで・・・急がねば

入口には森鴎外が臨終前に遺した言葉が

20080705022

森鴎外は、官僚としても高い地位まで務めたのですが、

死ぬときは本名である「森林太郎」とだけ書いて欲しいと。。。

森鴎外の信念を感じられます。

そんな森鴎外の人となりがわかる、特に後期の森鴎外作品を読み解く

上で、重要である遺言書。

20080705023

・・・400円で売っています。

・・・・・・・いいのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

東京を歩く~文学の足取りを求めて~2山本有三記念館

歩いて行くと、玉川上水にぶつかります。

玉川兄弟が用水路として作った川で、

太宰治が身を投げた川でもあります

でも、今となってはとても水流が穏やかで

流されるようにも見えないのですが・・・

本当は、石碑が見えるはずなのですが、

木々にじゃまをされたのか発見出来ず・・・

そんな玉川上水の近くに

20080705005

山本有三記念館がありました。

「路傍の石」や「真実一路」を書いた山本有三は

連合軍にこの建物を接収されるまでここに実際に暮らしていたそうです。

イメージでは、和風の建物に住んでいるような気がしたのですが、

意外とかわいらしい洋風の建物でこれらの作品を書き上げたんですね・・・。

20080705006_2 暖炉がなかなか特徴のある作りになっております。

内部は、

20080705007 山本有三が使用した机など、当時の雰囲気を

再現した調度品で埋め尽くされておりました。

また、長男に宛てた手紙には

事細かに、長男の手紙の誤字の訂正をしており、

本字を書くくせをつけなければ、覚える機会を失い

ずっと正しい字を書けなくなる、

ちゃんと字は、自分で調べるように

自分で調べることができてこそ、研究ができるのだと

書いてありました。

・・・うー。耳が痛い・・・・。

そうして、そろそろ出ようとしたら、

オジサンに声をかけられました。

一見館長にも見える風采ですが、

実は、今日から説明員になったフレッシュマンらしい

「もしよろしかったら、説明させてください」

・・・と

えっ!

しかし、熱意に負け

その後、説明を聞くことに・・・。

20080705010_2 山本有三の生い立ちから

作品に至るまで、

交友関係から、

建物の形状まで。

おかげで、山本有三作品をちゃんと読んでいないにもかかわらず

とっても詳しくなってしまったのでした。

20080705011 でも、今度

山本有三作品をぜひ読んでみたいと

思いました。

結局、この日は、「太宰治の足跡を巡る」旅だったはずが、

この山本有三記念館にいた時間が一番長かったような・・・。

20080705018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

東京を歩く~文学の足取りを求めて~1井の頭恩賜公園

今回は、友達とともに文学にテーマを求めて

東京散策をすることにしました。

しかし、テーマが崇高な香りがするにもかかわらず

なぜかオモシロ珍道中になってしまうのがオイラの

悲しいところ・・・。

とりあえず、はじまりはじまり~。

まず向かったのは、吉祥寺にある井の頭公園です。

正式には「井の頭恩賜公園」といいます。

20080705002

ここはあまり文学とは関係ありませんが、

吉祥寺駅から近いということで。

鯉がたくさん泳いでいました。

暑い日だったので、ボートをこいでいる人もたくさんいました。

20080705001 ここで、買ってきた和菓子を食べて一休み。

追分だんごの豆大福を食べました。

甘さが控えめでとてもおいしかったです。

20080705003

真っ赤な弁財天が映えていてとてもきれいでした。

公園内に、動物園もあって、なかなか広く充実しています。

・・・東京ってすごいなと実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

食いしんぼ野郎

最近、仕事が遅くなり、家に帰って作る気0です。

8時に帰る頃にはクッタリで、

その後、さらに20分歩いて買い物に行く気力はとてもとても。。。

今日は、家の近くにある、インド・ネパール料理店に行ってきました。

辛いものは全く苦手なオイラですが、

なぜ・・・ここに・・・・?

サモサとシシカバブーとネパール風焼きそばを頼みました。

シシカバブーは剣に、肉をきりたんぽのように団子状にして焼きます。

焼いた後に、肉を素手ではがしていてビックリ。

すごいな・・・。

なんだか暖かい雰囲気のお店でした。

ぜひこのままの雰囲気で続けて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

アイスクリームマン

品川駅でアイスクリームを食べてきました。

注文をすると、冷たい石の上でアイスを混ぜて

好みの味を作ってくれるのです。

なかなかおいしかったです。・・・でも、

20080708

歌を歌ってくれるのはちょっと恥ずかしいかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

タビゴコロ

夏に近づくにつれ、

タビゴコロがだんだん高まっています

・・・まぁ、いつでもなんですけど

北海道に住んでいたときは、

イマイチ国内旅行って・・・などど

考えていたワタシ

・・・生意気でした。すいません

東京を歩いてみたり、

馬籠、妻籠を旅してみたら、

国内旅行だってすてきじゃん!

と思っております。

信州の南では木曽路エリアと伊那路エリアに分かれていて

馬籠・妻籠の木曽より、中央アルプスをこえると伊那路に入ります。

伊那路もいつか行ってみたい・・・

南信州の飯田市では「語リスト」という

全国にその魅力を発信する力強いパートナーがいるそうです。

都会のような便利な生活ではけしてないけれども、

旅先で出会った人たちは、みんな魅力的で、

住んでいる町に愛着を持っていることが感じられました。

都会に住んでいると、便利さを追求してしまうけれども、

たとえ便利ではなくても、長い時間をかけて、

愛着を持っている人たちが作り上げていくというのは

田舎暮らしでなければ、なかなか味わうことができないですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

お財布

お財布がぼろぼろになってしまった。。。

すでに、5年は使っているからなぁ・・・

当時、エラク奮発してグッチのお財布を購入し、

大変気に入っておりました。・・・が

今は、もう同じデザインは売っていない模様・・・

あの金具のガチャガチャ感が好きだったのに・・・

ちなみに

グッチの創業者の名前は

グッチョ・グッチ

らしい。・・・いえ、それだけなんですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

新宿でお茶

今日は途中下車して新宿に降り立ちました。

本当は、笑える場所に行きたい!と

別の場所に向かおうとしたのですが、

紅茶で有名な喫茶店があったのでそのまま入ってしまいました。

2008070101

うーん。うまい。

2008070102

フランス 人?のギャルソンが給仕してくれました。

が・・・。

2008070103

えーと。。。。

2008070104

そんなに見られると逆に気になってしまうんですけど。。。

たしかに、客がワタシ一人・・・。

気になるのは分かるんですけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えーけん

何の因果か、

一次受かってしまった・・・

ダメだと思っていたのに・・・。

実は、昔、2次試験に今までに2度も落ちているのです・・・

まさかの2次試験3度連続落ちはさけたい・・・

と、思いつつ、ゲームをやってしまうコンジョウナシなワタシ・・・

今やっているのは、ドラクエ4です

今やっているのはDSなのですが、昔はファミコンだったんですよね。

なつかしー!

始めて、最後まで解いたドラクエもコレ。

(3はデータが消えてあきらめた・・・)

さらに、留学中にも「ドラゴン・ウォーリアー」という名前で

アメリカ版で遊んでいました。

コレがまた、難易度が低くて

ダンジョンの地図が最初から付いていたのでした・・・

死ぬと棺ではなく、マシュマロマンのようなお化けになっていたのも印象的でした。

勇者のことを言うたびに「He/She...」と

書いてあることに違和感を覚えていたのも今ははるか昔

今や、世界規模で販売が展開されるゲーム業界。

MSXから遊んでいたワタシにとって、時代の流れを如実に感じることが

できるんですよね。ゲームって・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »