« 東京を歩く~文学の足取りを求めて~3禅林寺 | トップページ | 東京を歩く~文学の足取りを求めて~5道はここから始まった »

2008年7月13日 (日)

東京を歩く~文学の足取りを求めて~4三鷹

いよいよ、今日の散策も大詰め。

夏の暑さに、すでにくらくらしながら、ようやく駅前までたどり着きました。

20080705026 三鷹にもたくさんの太宰治の

碑がたくさんあります。

でも、ワタシはどちらかというと、

この後ろに書かれている

20080705027

こっちの方が、気になった・・・。

他にも、変わった看板があるかもと思いながら歩いていくと、

北海道が やってきた

 ジョージが やっきた

・・・やっきた?

「ジョージがやっきただって~www

と、友達に言ったら

「ジョージは私ですが」

ぎゃぁぁっ!!!

そして、ジョージに捕まること10数分。。。

三鷹は・・・危険だ・・・。

|

« 東京を歩く~文学の足取りを求めて~3禅林寺 | トップページ | 東京を歩く~文学の足取りを求めて~5道はここから始まった »

コメント

彼は

北海道には縁もゆかりもないジョージ

子供の頃から三鷹近郊に住んでいた(らしい)ジョージ

地図を見て道を教えてくれたけど間違っていたジョージ

「上連雀って、神田連雀から来ているんだよ」
と教えてくれたジョージ

「もしかしたら、太宰治って、お兄さんが自殺していて、自分もそうなるのか心配だったんじゃ・・・」

といっていたけど、きっと違うよジョージ

そんな話を熱く語っていた男。それがジョージ・・・

投稿: みもっち | 2008年7月17日 (木) 23:48

結局、何者だったのジョージ?
北海道のジョージ?

投稿: M | 2008年7月17日 (木) 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京を歩く~文学の足取りを求めて~4三鷹:

« 東京を歩く~文学の足取りを求めて~3禅林寺 | トップページ | 東京を歩く~文学の足取りを求めて~5道はここから始まった »