« 真夏の東京を歩いてみた~2清澄白河を歩く(霊厳寺) | トップページ | 真夏の東京を歩いてみた~4清澄公園を歩く »

2008年8月15日 (金)

真夏の東京を歩いてみた~3深川江戸資料館を歩く

深川江戸資料館にやってきました。

ここのおすすめはなんと言っても、江戸時代のセット!

結構本格的です。

しかも、自由に触ったりできるのもうれしい・・・。

江戸の街並みは残っていないですから、このような試みって

結構面白いと思います。

20080815007

20080815010_2  芭蕉の句碑も見つけました。

コレは実際にあったものらしいです。

拓本の跡もあるし・・・。

2008081511260000_3 

深川飯を食しました。

漁師の食事ということで・・・量が多い

郷土料理に興味がある人はぜひ!

でも、量は少なめにしてもらった方が良いかも

|

« 真夏の東京を歩いてみた~2清澄白河を歩く(霊厳寺) | トップページ | 真夏の東京を歩いてみた~4清澄公園を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の東京を歩いてみた~3深川江戸資料館を歩く:

» 江戸風俗雑記 [江戸風俗雑記]
江戸時代の文化風俗、芸者・浮世絵・ちょんまげ・チャンバラ・歌舞伎・・・日本人や外国人が想像するもっとも日本らしいイメージは、やっぱり江戸時代の文化や風俗が多いですよね。テレビの時代劇シリーズだって、水戸黄門・大岡越前・鬼平犯科帳・銭形平次・桃太郎侍・必殺シリーズ・・・こちらもやっぱり江戸時代の話が多いです。このころの江戸は、世界一の人口を有すると言われる大都市となり、武家・職人・農民などさまざまな... [続きを読む]

受信: 2008年8月27日 (水) 12:59

« 真夏の東京を歩いてみた~2清澄白河を歩く(霊厳寺) | トップページ | 真夏の東京を歩いてみた~4清澄公園を歩く »