« 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~①まずは入谷 | トップページ | 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~③竜泉を歩く »

2008年10月 4日 (土)

日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~②吉原を歩く

次はいよいよ気になっていた「吉原」です。

江戸時代から売春禁止法施行まで、

日本のある側面の文化を牽引した吉原。

しかし、きらびやかな世界の裏側にどのような

女性の世界や思いがあったのか・・・。

まず、向かったのは新吉原花園(弁天)池跡

20081004012_2

「新」吉原の名前が付いているのは、

元々日本橋にあった吉原遊郭がここに移ってきたため。

関東大震災の時には、火から逃れようとした人々の

多くがここでおぼれてなくなられてしまったのだとか

池も一部残っているのですが

20081004016 20081004017_2

この一角には花吉原名残の碑も

20081004014_4  華やかな舞台の裏で、

世界の犠牲になっていった女性を

思うと、複雑な思いですが、それでも

華やかだった昔を懐かしむ人の気持ちは、

正直なところなのでしょう。

いまは、弁財天はここではなく、この近くにある吉原神社で

まつられています。

20081004019 いよいよ、お参りをしたら

吉原の中へ・・・。

20081004021

が、このあたりは道が入り組んでいて

とっても複雑なのです

20081004022 一見碁盤の目のように見えて、

実は入り組んでいるので

しばらく(吉原で!)迷ったあげく

ようやく吉原大門にたどり着きました。

2008_10_04_025

2008_10_04_028 なんだか三叉路になっていて、

ちょっと微妙ではありますが・・・。

ここには、見返り柳があります。

客がこの柳の下、

後ろ髪を引かれるように振り返ったのだとか。

女性の立場からなら、コラコラと思ってしまいますが、

これが、旅行から帰った空港だと思えば、きもちも・・・わかるだろうか・・・

20081004026_2 

いまや、吉原の名前は地図にもなく、

ただ歴史の中にあるのみ・・・と思ったら、違った

20081004030

|

« 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~①まずは入谷 | トップページ | 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~③竜泉を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~②吉原を歩く:

« 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~①まずは入谷 | トップページ | 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~③竜泉を歩く »