« 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~③竜泉を歩く | トップページ | 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~⑤千住宿を歩く »

2008年10月 5日 (日)

日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~④奥の細道出立の地

さて、ようやく日光街道と合流します。

2008_10_04_037

日光街道は、芭蕉が「奥の細道」でも歩いた場所。

たとえ、幹線道路で排気ガスに巻き込まれようとも

旅情は高まります。

20081004040 浄閑寺にやってきました。

遊女の悲哀を感じられます。

華やかな世界の裏で、

多くの女性の人生を犠牲にして

いたのですね・・・

さらに進むとすさのお神社がありました。

20081004042スサノオ神社では、

七五三(?)がおこなわれてました。

この神社は芭蕉が

「奥の細道」の出立の地としても有名です。

「ゆく春や 鳥啼き 魚の目は泪」

リズム感が良くとても良い一句だと思います。

深川から、隅田川で船で上ってから、いよいよ出発する芭蕉の

旅に対する期待と不安を良く表していますよね。

20081004045 2008_10_04_047

この横には荒川ふるさと文化館があり、

先史時代から高度成長期までの荒川の歴史を

展示しています。

オススメは、高度成長期時代のセット。

規模は小さいですが、実寸大のセットなので、

三丁目の夕日時代の下町の気分を味わえる・・・かも。

さらに進むといよいよ千住大橋です。

2008_10_04_054

隅田川に始めて架かった橋ということで、

当時の通行量(陸運・水運含めて)の大きさを物語りますね。

西日本川の交通事情に比べると整備されている感じがするのは、

この道の先は日光で、将軍が東照宮参りをしなければならないことと

攻められることはなかったからかもしれません。

でも、川は何となく旅情をかき立てますよね。

今度は水上バスに乗ってみたい・・・かも。

|

« 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~③竜泉を歩く | トップページ | 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~⑤千住宿を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~④奥の細道出立の地:

« 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~③竜泉を歩く | トップページ | 日光街道をペタ歩き~吉原から千住宿まで~⑤千住宿を歩く »