« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

物欲の赴くまま(  ̄ε ̄@)

物欲の赴くまま(<br />
  ̄ε ̄@)
こんなものを買ってしまいましたヽ(*´▽)ノ♪

あ、万年筆のほうでは…(((・・;)

こういう

ちっちゃくってにくいやつ( ̄ー☆

に弱いオイラ(ノ∇≦*)

勝手にガチャ●ンと命名しました(Θ山Θ)

過酷な旅につれまわすことになるかもしれないけど、
よろしくね(Θ山Θ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

休日は部屋でのんびり

休日は部屋でのんびり
アデリア60のコーラガラスです。

なのでコーラを入れてみました。
(ノ∇≦*)

昔、このタイプで背が高いグラスが家にありました。

母が喫茶店をしていた名残だったそうですが、母曰く、

「グラスが厚いから少しの量でも多く見えたから(*´∀`)」

だそうです・・・(;´Д`)

とはいえ、子供のころの懐かしい記憶が戻ってくるような
そんなオリジナリティあふれるデザインは秀逸です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

ほすぃ・・・。

お金を貯めなくちゃ!と思いつつ

(オモイツツ?

ブツヨクには全敗な日々を送っております。

(ダメナニンゲン

今、欲しいのはカメラ。

さすがに前のカメラは10年近くまえなので、

買い換えたいと思っていたところ。

それに、一眼レフはかさばって。。。

(ミモフタモナイ・・・

きっと、コンデジがあれば

ブログももっともっと更新する・・・はず

(ホントカイナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

ルミネtheよしもとに行ってきました

かねてより行ってみたかったルミネtheよしもとに行ってきました

(ヒトリデ・・・

当日だったので、観られるかどうか分からなかったのですが

チケットも無事取れ観ることができました。

20081120001

後ろから2列目でしたが・・・

漫才、コント、劇、、、すごい面白かったです

20081120002 20081120003 やっぱり、生で観るとちがうんですね~

東京に来て1年。まだまだ行っていないところはあるなと

思いました

これからも歩き倒します

(ゲンキダネ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

来年の準備はこれでばっちり?

来年に向けて、日記を遂に購入

購入したのは「三年連用当用日記」

(ナガイ・・・)

何が気に入ったかといえば20081116002

「自平成二十一年 至平成二十三年」

という「自」や「至」という表現が

格好良いなと思い

(チヨツトカンソウガバカツポイ・・・

しかし、今年は里帰りする予定なので

今年の日記+来年の日記を

持ち歩かなければなりません。

早速試練が!!(マヌケナ・・・

もう一つ購入したのが家計簿。

「明るい暮らしの家計簿」という名前と

「月賦」の欄にノックダウン

でも、家計簿の分け方も詳しく書かれていて、

家計簿ってどこに何を埋めて良いのか分からない

というところも良いなとおもっております。

これで、来年もばっちり!(ナニガ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

まだまだ読書の秋は更けてゆく

まだまだ、本を読んでおります

(コリシヨウダカラネエ・・・)

梶井基次郎の「檸檬」と「城のある町にて」

「檸檬」と聞いたら、「智恵子抄」を

思い出してしまいました・・・。

("コクゴ"ノオモイデ・・・

美しい文体と、そこに潜む病気の鬱々しさが

はかなさを感じさせ、独特な雰囲気を持っていると

思いました。が、きっと国語の教科書に載っていたら、

顔写真に衝撃を・・・(シツレイキワマリナイ・・・

菊池寛「俊寛」

文明のアンチテーゼとともに、独特の切り口で

平家物語に切り込んでいると思います。

そして、さすがに読みやすい。

時代を感じさせない文体はさすがだと思います。

まだまだ読書の秋は続く。。。

(アキルマデ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

読書の秋、というわけで。

DSでわさわさと読んでおります

幸田露伴「五重塔」

国木田独歩「武蔵野」

泉鏡花「高野聖」

岡本綺堂「玉藻の前」

太宰治「走れメロス」

新美南吉「花のき村と盗人」

菊池寛「父帰る」

宮沢賢治「風の又三郎」

などと読みまくっています(ナンデモ・・・

本のさわりやあらすじを知っていても、

内容を読むと随分違った印象を受けたりしています。

幸田露伴の「五重塔」は

流れるような文体で、人々の心情を細やかに書いています。

一葉の文章に似ていますが、やはりより文章が男性らしく

どっしりとしています。

国木田独歩の「武蔵野」は紀行文です。

その場所に行きたくなってしまうような・・・。

読んでいて小手指に行ってしまいたくなりました

(エイキヨウヲウケヤスイ・・・

もっとも、当時は渋谷あたりも野原が多かったそうで

今では想像ができませんが・・・。

自然主義的な雰囲気をたたえている小説です。

泉鏡花「高野聖」

「婦系図」でココロ折れた泉鏡花ですが、

何とか、最後まで読むことができました。

が、やっぱりちょっと・・・。

あまりにも文章が奥ゆかしく婉曲なので

ちょっとわかりにくいです。

「玉藻の前」もそうですが

もともと、女性の色香にやられる男性の心情というのも

(「イロカ」ガナイモノネエ・・・

新美南吉は「ごんぎつね」が有名ですよね。

(アレハカナシカツタ・・・

この話は子供向けなのですが

なんだかほのぼのしていて、とっても良い話です。

菊池寛の「父帰る」は内容は知っていたのだけど、

ああいう終わり方とは思っていなく、ちょっと衝撃的でした。

まだまだ旧型DSで頑張って読もうと思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

当用日記

そろそろ年末も押し迫り(ハヤイモノダ・・・)

新たな、手帳と日記を購入する時期がやってきました

今日記を当用新日記でつけています

パソコンで日記をつける人も多いけど(マア、コレモ・・・)

やっぱり、「字を書く」ということは続けたいわけで・・・。

考えて字を書くことって、パソコンで文章を作っているときとは

違う感じがするんですよね~。

閑話休題。

さて、当用日記。今は高橋書店の当用新日記を使用していますが、

博文館の当用日記も捨てがたい。

いつかは博文館の日記でと思っていたし(イクツ!?

高橋書店のはその日の出納帳が上にあるのが

便利なんですよね。

こんなにもパソコンにお世話になりつつも、

細々とした金額をパソコンでつけるのはうっとうしいし。。。

(メンドクサガリヤ・・・

書き始めると、3行では収まりきらないので(ソウナノ?

やっぱり、当用日記が欲しいケド、

場所を取るのが玉に瑕(ヒツコシモタイヘンダヨネ)。

やっぱり、今年は懐中日記にしようかな・・・。

近々文具屋さんに行って決めようっと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

こわかった(>_<)

ある日、帰ると家の前に見慣れぬ車が。

不審な感じがしたのですが、そのまま部屋に入りました。

しかし、なんだかアヤシイと思い、そのまま電気もつけず

物陰にいたら(コツチノホウガアヤシイ・・・)

なんと、階段を上ってくる人が!!

物陰から、様子をうかがっていると、

携帯電話の明かりを窓に照らして

部屋の中を物色されてる!

ひぃぃぃぃぃぃぃ。

しかし、必至で気配を消していたので

見つかってはいないようでした。

相手はあきらめきれないらしく、しばらく

物色していましたが、ようやくあきらめて

帰って行ってくれました

やっぱり、不安だったので、次の日交番に行ってきました。

交番の警察官はちゃんと話を聞いてくれ、

不審車やアヤシイと思ったら110番するように。と・・・。

110番ってかけて良いのだろうかと躊躇していましたが、

そんな時は臆せずかけて良いと聞いて安心して帰ってきました。

あと、パトロールもしてくれると言ってもらえたし・・・。

しかし、部屋の中に明かりをかけているかどうかを調べる行為は、

借金取りとか、警察官がおこなう行為らしい

・・・・エ?オイラ、コツカキカンカラモ、マークサレテルノ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

タッチ de メトロラリーにまた参加してきました 2

前回までのあらすじ

タッチdeメトロラリーに参加したみもっち。

豊洲→銀座一丁目→新宿三丁目→明治神宮前

に向かわなければならないのに、まだ、いるのは築地・・・。

いそげ!急ぐんだ!みもっち!!

汐留にやってきました(ゼンゼンイソイデナイ・・・)。

無料クルージングをやってきました(タダニヨワイ)。

2008_11_02_042 と、いうわけでいよいよ

出発。

見えるのは築地水門です。

横には

2008_11_02_043 浜離宮も見えます。

浜離宮もいつか

観てみたいです。

さて、水路から外に出ると

2008_11_02_044 いきなりスピードアップ!

ゴルフカートのような

軽油の臭いに

少しやられつつ、ぐんぐん

進んでいきます。

2008_11_02_046 東京タワーが見えてきました。

さらに進むと

2008_11_02_054レインポーブリッジも。

下をくぐるレインポーブリッジはなんだか新鮮です。

屋形船も見えますね・・・。

2008_11_02_069  羽田空港が

近いので、

飛行機の姿も

ちらほら・・・。

2008_11_02_064 さらに進むと

天王洲が見えてきました。

ヨットハーバーがありました。

ヨットですか・・・風をきり

進むのは気持ちよいのでしょうね。

20081102071 船に乗っていると

手を振るのが礼儀らしく

手を振っていると

男の子が元気よく振り替えしてくれました。

・・・望遠レンズじゃなくてごめんよー。

2008_11_02_091 アクアシティのそばに

カモメが。

オジサンが

せんべいをまくと

2008_11_02_092 2008_11_02_094

ひやぁぁ

ヒッチコックの

「鳥」の

ようなんですけど・・・。

2008_11_02_104 と、隅田川に戻ってきました。

なかなか水路が複雑に

入り組んでいるのですね。

水とともに発展した東京の街が

少し分かったような気がしました。

すでに2時を周り、あわてて残りの地点を回ったのでした。

一切ショッピングをしていないし・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タッチ de メトロラリーにまた参加してきました 1

今週も

タッチdeメトロラリーに参加してきました。

今回は、「ショッピングの秋コース」

豊洲からのスタートです。

2008110210370000

なんだか、

イメージ図のようですが、

ケータイの写真です・・・。

やっぱり、新しい街なので

人工的な感じが

しますよね。

豊洲といえば、ららぽーとが

有名ですが、これから

どんどん新しくなっていく

かんじがしますよね。

20081102002これからどんどん風景が変わっていくのでしょうね。

さて、ここから、散策開始です。

20081102003 晴海橋にやってきました。

祝日の午前中なので、交通量は少ないです。

20081102004  2008_11_02_0082008_11_02_007

横には、すでに使われていない線路が。

高度成長期の名残を感じますね

さらに歩くと、晴海運河に。

2008_11_02_015_2 下町の雰囲気が残っていますが、

遠くには、高層マンションが。

現代と歴史が入り交じる東京らしい写真ですよね。

さらに進むと、月島につきました。

20081102021_2

もんじゃ焼きが並んでいました。

しかし、お昼前だったのでそのまま素通り・・・。

今度は食べに行きたいと思います。

2008_11_02_023_2  月島にある、

現役最古の交番だそうです。

大正15年からあるそうで・・・。

80年近くのコンクリ作りなのに

細かいヒビだけなんて頑丈ですね・・・。

さらに歩くと隅田川に

月島地区にかかる橋としては

2008_11_02_025 かちどき橋と

2008_11_02_026 佃大橋が架かっています。

20081102025a かちどき橋は、開門橋だったそうで、

真ん中部分が開くように設計されて

いたそうです。

一度観てみたいですね・・・。

さらに、歩き進むと新富町につきました。

20081102030 新富町というと、

聖路加(せいるか)病院という

大きな病院があります。

ちゃんと鐘の音もなるのには驚き。

このあたりも埋め立て地で、埋め立てられたのは江戸時代。

明暦の大火の焼土を持ってきて埋め立てた場所で

あったというのが始まりです。

20081102040  その後、四方を川に囲まれた

この場所は武家屋敷として

栄えました。

聖路加病院のそばには、

浅野内匠頭の邸宅跡の碑がありました。

2008_11_02_031

さらに、時代が下ると、蘭学が盛んになり、

2008_11_02_035 慶應義塾が福沢諭吉によって

ここにおこなわれるなど、

海外の影響を強く受けながら、

蘭学の中心地として栄えたのでした。

20081102037

明治時代になると、海軍発祥の地、また

外国人居住地として、先進的な地域として発展しました。

2008_11_02_033_2

芥川龍之介はここで

生まれています。

そんな、築地が様変わりをしたのは、

関東大震災以降。

2008_11_02_041 日本橋の魚河岸が、海軍用地跡に

移転して、現在のにぎわいになったと

いわれています。

最近は、市場の豊洲移転計画が

ありますから、それが実現すると、またこのあたりは

大きく変わっていくのでしょうね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »