« 里の味 | トップページ | 通帳の磁気 »

2009年1月12日 (月)

内藤新宿を歩く

遂に、江戸四宿の最後、内藤新宿にやってきました。

とはいっても、昔このあたりを歩いたことはあったのですが、

元々信濃高遠藩内藤家の江戸屋敷があったとは知りませんでした。。。

先ず向かったのは新宿御苑・・・だったのですが

2009011210160000 正門が工事中のため

遠回りをすることに。。。

トホホ・・・

(ツイテイナイナア・・・

遠回りをしている間に、

神社を発見しました。

多武峯(とおのみね)内藤神社です。

20090112003 ここには駿馬塚があります。

徳川家康が江戸入府後、

家臣の内藤清成を呼んで、

「馬で一息に回れるだけの土地を与える」

と言ったところ、

20090112005 清成は南は千駄ヶ谷、

北は大久保、

西は代々木、

東は四谷まで走り、

その駿馬は

生き絶えてしまったそうです。

(ウマハカワイソウ・・・

そのため、このあたりを内藤町と呼び、内藤新宿の元になったそうです。

20090112006 うまく5,7,5に

なっているけど

何だろう・・・

きれいにまとまっているけど

きれいとは言い切れないような・・・

(フクザツダネ・・・

甲州街道に出ると、大きな石碑がありました。

20090112007 玉川上水開削を

記念した石碑です。

多摩地方からここまで

流れ着いているんですね

(スゴイ!

2009011210470000 もう一つそばに

四谷大木戸門の

石碑がありました、

実際は四谷四丁目に

あったそうなのですが、

昔木でできた門があり、

そこで厳重に検閲を

おこなっていたそうです。

20090112009 新宿御苑にやってきました。

新宿御苑も元々内藤家の

江戸屋敷があり、

日本庭園も江戸時代に完成した

ものです。

のどかで、落ち着いた庭園でした。

20090112010

2009011211240000 もちろん、

西洋庭園もあります。

バラや、水仙が咲いていました。

20090112018

新宿御苑から離れ、四谷を

散策しました。

まずは、策(むち)の池にやってきました。

徳川家康が鷹狩りの時

策をここで洗ったことに由来するそうです。

江戸時代は長らく、大名屋敷があったことからも

庶民の人は出入りができない場所だったようですが、

2009011212080000 今や、下町情緒

漂う場所になっております。

20090112020

とんかつを食べました。

20090112019 卵とじタイプ

のトンカツ

でしたが

すごく

おいしかったです。

実家のトンカツが卵とじだったので、

実家のトンカツを思い出してしまった・・・。

(ナツカシイネエ・・・

神社仏閣巡りをしてきました。

2009011212480000 全勝寺には山形大貮の

お墓があります。

尊皇論者で、

吉田松陰の

師匠にあたります。

倒幕に多大な影響を

与えた人が、幕府のお膝元に

いたのは何となく不思議な気持ちになります。

西迎寺です20090112022 20090112023

元々、江戸城内紅葉山にあったそうなのですが、

移築されました。

西迎寺には、阿弥陀如来像と梵鐘があり、

太平洋戦争でも残った数少ない貴重なものだそうです。

20090112025 貴重なはずの梵鐘ですが、

法雲寺ともども庭先に

無造作に置いてあるのが

気になります…

20090112026 内藤家の菩提寺だった大宗寺。

閻魔大王像には圧巻です

(シヤシンハトレズ・・・

20090112027 静かに靖国通りにあるのは定覚寺。

飯盛女の投げ込み寺といわれ、

飯盛女とその子らのお墓や

心中した男女のために

たてられた地蔵があります。

(カナシイオハナシ・・・

2009011213520000 最後に花園神社にやってきました。

江戸時代宿場町の街道だった面影は

もはや失われておりますが、

それでも江戸時代からの面影が

ここかしこに残っている街なのでした

|

« 里の味 | トップページ | 通帳の磁気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内藤新宿を歩く:

« 里の味 | トップページ | 通帳の磁気 »