« 東京ペタ歩き~新橋から有楽町まで~2浜離宮庭園:前編 | トップページ | 東京ペタ歩き~新橋から有楽町まで~4文化と水が入り組む街 »

2009年2月23日 (月)

東京ペタ歩き~新橋から有楽町まで~3浜離宮庭園:後編

2009_02_22_057 浜離宮庭園の後編です。

浜離宮後編の東京湾沿いに

富士見山があります。

看板のしたには

Mt.Fujimi

の文字が

(カツチヨイイ!!

早速登って

2009_02_22_058 ・・・。

・・・・・。

がっかりしてきました。

いや、そりゃぁ富士山が

見えないのは百も承知

シオサイトもあるし・・・。

でも、もう少し見晴らしを良くしても

いいのではって思っちゃダメ・・・?

2009_02_22_060 本来、浜離宮は

江戸城の出城の機能を

果たしており、

海に面した庭園になっています。

その特長を生かして、

海の水を引き入れて

海水の池を造っています。

昔は、潮の干満の差を利用して、

回遊式庭園だったとか。

2009_02_22_056 さて、中島には

御茶屋があり、

ここではなんと

抹茶和菓子付きで

500円でいただけます。

2009_02_22_062なかなか本格的な

セットです。

練りきりだし・・・。

(ウマヒ

早速いただきます・・・

20090222011 っておい!!

足を崩すのは認めよう・・・。

抹茶と茶菓子を交互に飲むのも

良しとしよう。。。

(チガウケド

でも、茶碗を片手で(そしておそらく聞き手じゃない手で)

持つのはやめてくれい!!

(”ノブシ”カ!!

茶碗を粗末に扱われているようでとても悲しい・・・。

抹茶には

1.茶菓子を先に食べる(交互に食べない)

2.茶碗は両手で、持つ(おかれたときの向き(正面)をずらすのがベター)

という作法があります。

でも、片手で持っている人を結構見かけたし、

ひょっとして新しい流派なのだろうか・・・。

2009_02_22_071 2009_02_22_072

そんな悶々とした気持ちでしたが、花を見たらすっかり忘れ

(タンジユン・・・

2009_02_22_073 2009_02_22_075_2

都内とは思えない

のどかな景色を堪能したのでした。

2009_02_22_082

三百年の松。

今なお、堂々とした姿を

保っていて、すごいですね。

|

« 東京ペタ歩き~新橋から有楽町まで~2浜離宮庭園:前編 | トップページ | 東京ペタ歩き~新橋から有楽町まで~4文化と水が入り組む街 »

コメント

パスタをすするよりも
抹茶を片手で飲む
ほうが引いてしまうと感じる今日この頃。

茶の湯は作法を尊ぶはずなのに・・・

投稿: みもっち | 2009年2月24日 (火) 22:18

旅はいいものですね。

特に、春の花さく東京をぶらりというのもよいものです。

お茶をいただきながら、一足はやいお花見といったところでしょうか。

そんな中、左手だけでお茶を嗜む方々が・・・


新しい流儀なのか・・・いや、そんなはずはない・・・。

こころ落ち着かせていただくお茶のはずなのに・・・
新しい「流儀」に翻弄されながらお茶をいただくお姿・・・よく伝わってまいりました。

投稿: もりもり | 2009年2月24日 (火) 07:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ペタ歩き~新橋から有楽町まで~3浜離宮庭園:後編:

« 東京ペタ歩き~新橋から有楽町まで~2浜離宮庭園:前編 | トップページ | 東京ペタ歩き~新橋から有楽町まで~4文化と水が入り組む街 »