« 悩み中 | トップページ | イマンデビュー »

2009年2月 7日 (土)

そこに山があるなら2

お菓子界の高峰モンブラン

(ウマクナイナ・・・

モンブランのお初ということで、

前回サロン・ド・テ・アンジェリーナ

行った来ましたが、

実はモンブランのお初といわれているお店は、もう一軒あります。

そのお店を目指して、いざ自由が丘へ。

ちょうど、横浜開港150周年をやっていて、

横浜は混んでいると踏んでいたのです・・・が。

自由が丘も十分混んでいた・・・

20090207001 自由が丘駅で

たねまるくんがおでむかえ。

なんと彼女がいるらしい

・・・ちっ

(ナゼオコル・・・

たねまるグッズを

販売していました。。。

自由が丘のすぐ側の商店街を歩いていくと

すぐ近くに見えてきます。

20090207002 その名も

モンブラン。

モンブランのお初と

いうことになりますと

かなりの老舗になりますね。

間口は狭く感じられましたが、

奥行きがあって、イートインも

できるだけの十分なスペースがあります。

内装は、日本のレトロな感じがします。

お酒とチョコのセットもかなり心動いたのですが、

20090207003 初志貫徹で、

モンブランのケーキセットにしました。

隣にあるのは青汁・・・ではなく

冷抹茶です。

20090207004 器にちょっとした

日本のモダンレトロな

感じがします・・・。

アンジェリーナが

しっかりした洋菓子に対して、

コチラは、日本的な味も

取り入れたケーキに

仕上がっていると思います。

20090207005 どちらが

モンブランのお初かは

分からなかったですが、

日本で売られている

モンブランの元祖は

間違いなく、このお店だと

思いました。

渋皮をきちんと取り除いているので

20090207006 20090207007_2 

色がとてもきれいです。

ショートケーキのように、

昔から並んでいたモンブラン。

日本人のオリジナリティを加えたお菓子は

西洋の洋菓子と伝統的な日本のお菓子の架け橋になったのでは

ないかとおもいます。

それにしても、モンブランのお初が二つとも食べられる

東京のすごさにびっくりです・・・。

東京歩きはまだまだやめられません。

|

« 悩み中 | トップページ | イマンデビュー »

コメント

冷抹茶は、夏のお茶会でも
たてたりするんです
個人的には、お茶碗で飲みたかった・・・かも

確かにアムァかった。。。
抹茶にガムシロがついていたけど、
全く使わなかった・・・。
苦い抹茶に良く合っていたよ。

モンブランは子供の頃全く食べられなかったです。
モンブランは克服できたけど、
シュークリームはまだ克服できない・・・

投稿: みもっち | 2009年2月 7日 (土) 21:12

すごい。行くと宣言してから早いね。
さすがみもっちサン。
冷抹茶は飲んだことないです。温かいのと
比べてどう?モンブラン、昔は食べれたのに
今はちょっと苦手です。
あむぁぁぁぁぁぁぁいモンブランでも
渋い抹茶があれば食べれるかも!

投稿: ヒロセ | 2009年2月 7日 (土) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこに山があるなら2:

« 悩み中 | トップページ | イマンデビュー »