« 東京ペタ歩き 王子をゆく~4王子の由来 | トップページ | ほしいもの »

2009年3月22日 (日)

東京ペタ歩き 王子をゆく~5飛鳥山公園

王子の観光名所といえば

20090321052 飛鳥山公園です。

徳川吉宗が庶民の

行楽地として

お酒や仮装ができる

花見会場として造成したのが始まりです。

20090321055 公園内には、

佐久間象山の碑や、

豊島氏がまつった王子神社や

音無川のこと。

そして、設営に至った事情を

書いている石碑があります。

20090321057 難解な文章で有名な

飛鳥山の碑

飛鳥山

「飛鳥山

 なんと読んだか

 拝むなり」

といわれるほど難解な文章です。

・・・・オイラは漢文の時点でギブアップ。

(ダメナコ・・・

その後明治時代に国内初めての

20090321050 公園の一つと

なったのでした。

今でも、東京の

有名な花見の場所の

一つですが、

20090321060 残念ながら、

ちょっと早かったです。。。

さぞかし、桜の季節は

人であふれるのでしょうね。

さてさて、この園内には

3つの博物館があります。

紙の博物館、飛鳥山博物館、そして渋沢資料館です。

紙の博物館は、近くに王子製紙があるので

紙の歴史や、種類について説明があります。

和紙と洋紙の違いとか・・・勉強になりました。

北区飛鳥山博物館は縄文時代からの歴史展示がされています。

そして、渋沢資料館には、渋沢栄一の生涯の展示もさることながら

渋沢庭園がオススメです。

20090321062 渋沢栄一が

実際に使用していた青淵文庫と

晩香廬があります。

土曜日の午後には内部も見られますので

(ただし、入館料が必要)

20090321065 簡素であっても

贅沢な日本の美と西洋が

絶妙に融合された

建物を見るのもステキじゃないかと

思います。

20090321067

|

« 東京ペタ歩き 王子をゆく~4王子の由来 | トップページ | ほしいもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ペタ歩き 王子をゆく~5飛鳥山公園:

« 東京ペタ歩き 王子をゆく~4王子の由来 | トップページ | ほしいもの »