« 自由が丘に行ってきました | トップページ | 宅配 »

2009年5月 3日 (日)

八十八夜

5月2日は八十八夜。

夏も近づく八十八夜♪

・・・あれ、今まで茶畑って見たことがない。

そんなことに気づいてしまったワタシは早起きをして

20090503001 入間市駅にやってきました。

しかし、ここでバスに乗り遅れてしまう

アクシデントがΣ( ̄ロ ̄lll)

道に迷うのも不安だったので、

タクシーに乗ってしまいました。

(サツソク、ムダヅカイ・・・)

2009050308520000 先ず向かったのは

入間市博物館。

なかなか立派な建物です。

入館料も200円とリーズナブル。

ただ、子供向け科学館、歴史展示、そしてお茶展示など

展示が分散されているのが気になります。。。

でも、世界のお茶の飲まれ方をお茶室のセットをくんで

展示しているのはとても良いと思いました。

そして、1階には入間市がロケ地になっている

ドラマの小道具もありました。

20090503009 また、近くにお茶室も完備。

ちょうどアヤメが咲いていて

池の畔を彩っていました。

5月ですねぇ・・・。

「狭山」茶と聞くと狭山市で生産されているのかと

思いきや、実は入間市で生産されているそうで、

20090503002 この辺り一帯を

元々「狭山」とよんでいたので、

狭山茶となったそうです。

やぶきた茶も狭山茶。

「香りの宇治、色の静岡、味の狭山」と

うたわれているそうです。

さて、歩いて戻っていくと

20090503019 大きな道標を発見。

ギネスに登録されている

日本一の道標だそうです。

(セカイイチジヤナインダ

周りを見ると

20090503021 20090503024

見渡すばかりのお茶畑。

扇風機みたいなのは防霜ファンといって

茶畑に霜が降りないように空気を拡販するファンだそうです。

なので、ファンがある場所の下には茶畑が広がっているはずで。

本当に広い茶畑です。

そんなお茶を味わおうと、八つ池のそばにある割烹に

やってきました。

2009_05_03_001 まず、出てきたのは

品評会に入選したお茶。

飲んでみると

口中にお出しの味が

何でも、グルタミン酸が

豊富に入っているそうで・・・。

2009_05_03_002 そんなお茶を焙じて

ふりかけにした物を

出してくれました。

味がしっかりしていて、

かなり塩をふらないと負けてしまいます・・・。

魚も、水菓子もおいしかったです。

20090503036 仏子駅に向かうため

八津池の山道を

抜けていきます。

そして、歴史すらも

感じられる

山道を抜けた先には

20090503038 すでに閉鎖された

国民宿舎が

ありました。

なんとなく「夢の跡」という

感じですね・・・。

外観はこんな感じ。

20090503044_2 うーん。

なんで、こんな作りに

しちゃったんでしょう・・・。

|

« 自由が丘に行ってきました | トップページ | 宅配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八十八夜:

« 自由が丘に行ってきました | トップページ | 宅配 »