« 桜めぐり | トップページ | 青梅巡り »

2010年4月 7日 (水)

はるのうらら

滝廉太郎の花のうたのように

行ってまいりました隅田川。

20100407001

昭和モダンな構内からいよいよ外へ。

って、寒いっ!

本日は雨。

Dsc01235

桜はやっぱり暖かいときに見るのに限るよ・・・。

勝海舟の銅像もなんとなく寒々しい。

Dsc01237

Dsc01243   

墨田公園にやってきました。

もともとは、水戸藩の庭園だったとのことなので、

重厚な感じであったとは思うのですが。

今は桜がよく咲く憩いの場となっております。

ところどころに梅の花があるところに面影を残しています。

隣には牛島神社が。

Dsc01244

牛が祭られています。

この牛さんではないですが、境内には撫で牛がいて、

悪いところをなぜると治るのだとか。

もちろん頭をなぜてきました…。

ここには三越のおなじみのライオンもいます

Dsc01251

すみだ郷土文化資料館に逃げ込みました。

ここでは、墨田区の歴史と、

江戸時代の春の隅田川のジオラマが。

現在は、河川の氾濫を防ぐために直線的になったとのこと。

昔はもっと蛇行していて、雰囲気も大分異なっていたのでしょうね。

水害を防ぐためにやむを得ないですが、

当時の春の雰囲気は望むべくないのかもしれないです。

Dsc01257

最後に向かったのは向島百花園

江戸時代の骨董商が作った庭園だそうです。

当時の文人が集まって作ったそうで、

豪奢さはありませんが、それぞれに趣向を凝らしていて、

また形式ばっていないところもよいと思います。

Dsc01262 

|

« 桜めぐり | トップページ | 青梅巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はるのうらら:

« 桜めぐり | トップページ | 青梅巡り »