« おはつ | トップページ | 高坂宿と松山宿をちょっとだけ歩く »

2010年5月22日 (土)

気分は湖水地方

今日は、埼玉県こども動物自然公園に行ってきました。

Dsc01463

もちろん動物もたくさんいるのですが

20100522002

今回の目的は動物は動物でも

20100522001

ピーター・ラビットです。

実は公園内にピーター・ラビットの作者である

ビアトリクス・ポターの資料館があります。

20100522003

時代は19世紀末から20世紀初頭。

日本では明治時代、イギリスでも女性の立場はまだまだ低く、

自由に仕事を持てなかった時代。

そんな時代にもかかわらず、自ら自立するために小説を書き、

さらに、自然を守る活動を行ったビアトリクスの先進性に

驚嘆するばかりです。

そして、子供の手に合わせて小さな本で格安で

本を出版したことにも。

多くの人に愛されるのはその辺りにも理由があるのかもしれませんね。

女性であるばかりに職業に就くことができなかった時代。

でも、何物にもなれなかったからこそ、

絵を描き、文章を書き、時には論文を書き

農業も経営もし、そして自然活動を行うといった

さまざまな活動を、立場にとらわれることなく

行っていけたのでしょうね。

本当に、尊敬してしまいます。

オイラもそうなりたい・・・・。

|

« おはつ | トップページ | 高坂宿と松山宿をちょっとだけ歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気分は湖水地方:

« おはつ | トップページ | 高坂宿と松山宿をちょっとだけ歩く »