« 行田を歩く~古代編~ | トップページ | どうしても »

2010年6月25日 (金)

行田を歩く~戦国編~

行田というと、忍城が有名です。

Dsc01642

名古屋城もそうでしたが、お城の近くに市役所があるあたり、

連綿と行政の中心地であることがわかります。

水攻めにも屈することがなく、「浮城」とも呼ばれたのだとか。

『のぼうの城』の城でもあります。

江戸時代には川越城と同じように、徳川家に

強いゆかりのある人が城主となり治めていました。

ただ、明治時代に廃城となり、今ある城は戦後立て直されたものです。

Dsc01646

|

« 行田を歩く~古代編~ | トップページ | どうしても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行田を歩く~戦国編~:

» 浮城 うきじろ [今日の報道特集サイト]
のぼうの城。 、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、. 領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。 智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。 すごーい魅力的なお話でした。 成田長親好きー(笑). 歴史は全く詳しくないですが、 ...(続きを読む) 見たい 知りたい、急上昇中の話題! : ここにいるAV女優で一番スタイル ... 浮城(うきしろ) 磐月の城は、元々天然の要衝である河沿いの湿地帯に造られていた。 ... その感触を厭いながら、ともはなだらかな坂を下っていった... [続きを読む]

受信: 2010年7月23日 (金) 10:18

« 行田を歩く~古代編~ | トップページ | どうしても »