« 岬めぐり~旅の始まり~ | トップページ | 踊る大捜査線 »

2010年7月11日 (日)

浦和宿で門をめぐる

浦和宿に行ってきました。

中山道の宿場町であった浦和宿は、

今もさいたま市の浦和地域として賑わっています。

Dsc01682

今は改装工事中。

まず向かったのは西口近くにある高砂小学校。

浦和最古の学校で、明治4年に設立されたそうです。

Dsc01684

門構えに当時の面影を残していますよね。

学校に威厳があるのもいいなと思ってしまいますが…。

次に向かったのは調神社(つきじんじゃ)

つきといえばウサギということで、

Dsc01690

狛犬ならぬ狛ウサギです。

Dsc01689

手水もウサギ・・・。

ツキということで、運を呼び込む神様なのですが

いい出会いがありますようにとお願いしておみくじを引いたら、

運命を変えたい気持ちはわかるが

朱に交われば赤くなるから今は我慢しなさい

みたいなことが書いてあった。トホホ。

旅行は一人で行くこととも書いてあったし…。

そうですかい!なら、一人で岬のヘリに立つさ!

(アブナイ

さて、神社もあるとなればもちろんの寺も。

真言宗の古刹で、何と創建は平安時代だそうです。

Dsc01696

山門は江戸時代後期の建築。重厚感があります。

今でもすぐそばには図書館や会館があって、

古くより町の中心だったのでしょうね。。。

そばには常盤公園が。

徳川家康が御殿を作った場所なのだそうで、

明治時代には裁判所があったそうです。

Dsc01701

今は、公園に若干不釣り合いな塀に当時の面影を残しています。

|

« 岬めぐり~旅の始まり~ | トップページ | 踊る大捜査線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和宿で門をめぐる:

« 岬めぐり~旅の始まり~ | トップページ | 踊る大捜査線 »