« ストラスブールのゴージャス担当 | トップページ | バラ色から群青へ »

2011年1月21日 (金)

ストラスブールのキュート担当

次に向かったのはアルザスの地方博物館

Dsc00861

かわいいーっ!

アルザス地方の独特の組み木の建物です。

Dsc00862 

手が込んでいます。

Dsc00863

椅子も、これはこれで素晴らしい。

Dsc00864

中にはも独特でかわいいです。

Dsc00866

なんだかおもちゃのようです。

Dsc00867

窓もかわいらしいです。

Dsc00868 

料理道具もかわいらしい。

Dsc00869

金型もこんなにかわいらしい。こんなこだわりって素敵ですよね。

Dsc00870

クグロフ型もかわいらしい…。

なんだか欲しくなってきてしまいました。

Dsc00872

アルザスの建物は、三角屋根に複数階になっています。

複数階になっているのは理由がありまして…。

Dsc00873

1階に大きなストーブを設置して、熱を煙突などで逃がさずに

上階に燻製小屋や寝室を作りました。

Dsc00879

冬の1階の寒さはとんでもないですからね…。合理的です。

Dsc00874

シンプルですが、暖かい食卓!って感じですよね。

Dsc00875

大きな出窓も特徴的。

太陽の光を効果的に入れようとしているのがわかります。

出窓をこんな感じにすると机になるんですね…。

Dsc00878

寝室はこんな感じです。

Dsc00887

ふかふか布団、あったかそう・・・。

Dsc00888

子ども用の ベッドもあったかそうです。

でも、冬の寒さの厳しさも感じられるような気がします。

Dsc00882

なんだか、おもしろいのですが、良くわからない…。

Dsc00889

ドールハウスです。とってもかわいい…。

Dsc00890

これも

Dsc00891

細かいところまで

Dsc00892

それも

Dsc00893

あれも

Dsc00894

どれも

Dsc00895

かわいい

Dsc00896

すべてかわいい…。

Dsc00897

・・・とこれは違いました。実際の建物もドールハウスのようにかわいいです。

Dsc00900 

ゴージャスさはないけれども、人々の素朴でやさしい生活が見えるような建物でした。

Dsc00905

おまけ。

Dsc00906

Dsc00907

|

« ストラスブールのゴージャス担当 | トップページ | バラ色から群青へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストラスブールのキュート担当:

« ストラスブールのゴージャス担当 | トップページ | バラ色から群青へ »