« 懐かしのクリュニー中世美術館 | トップページ | 素晴らしきパリのマイナーミュージアム »

2011年1月12日 (水)

オテルからオテルへ

次に向かったのはホテル・ド・ヴィル

Dsc00508

最高級ホテル…ではなく市庁舎ですね。

時計の下には「自由・平等・博愛」の文字が。

Dsc00510

テレビ局が来ていました…。

Dsc00510_2

テレビクルーはどこの国でも一緒ですよね…。

Dsc00511

さらに向かうと、フォーラム・デ・アルに

市場の跡地だそうです。

奥には、サントゥスタッシュ教会が。

Dsc01842

そして、おなかがすいたので、

ブラッスリーのシャルティエでお食事。

Dsc01843

ガイドブックに載っているお店だけに大人気店。

フランス人の家族と同席となりました…。

Dsc01844

ワインと

Dsc01845

サラダと

Dsc01846

パスタをいただきました。

Dsc01849

それからデザートも

Dsc01847

混んでいましたが、雰囲気が良かったですし、

ブラッスリーで気楽に食事ができたのは良かったです。

JCBカードを使うと・・・。

ギャルソンが「日本人ですか?

Img_0016   

そして、泊まっているホテル。

Dsc00514

はい、歩いています…。こんなに歩けば痛くなるのも当然…。

Dsc00516

ホテルのそばの教会です。

観光地でなくてもこんなに素晴らしい…のです。 

|

« 懐かしのクリュニー中世美術館 | トップページ | 素晴らしきパリのマイナーミュージアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オテルからオテルへ:

« 懐かしのクリュニー中世美術館 | トップページ | 素晴らしきパリのマイナーミュージアム »