« 甘い期待、ほろ苦い思い出 | トップページ | 顔が… »

2011年2月20日 (日)

春の息吹を感じに

今日は、春の息吹を感じに

Dsc01171

越生まで来ました。

春の息吹を感じに行くはずが、雨の降りだしそうな天気。

本当に寒かった…。

「新宿(にいじゅく)」という地名があることから、もともと宿場町であったと思われます。

Dsc01170

が、調査不足もあり詳しくは…。

越生と言うと、有名なのが越生梅林。

Dsc01159

関東三大梅林の一つだそうです。

中にはSLもあるし

Dsc01157

しかし、何と言いますか…。

昨年見た青梅の梅林に比べるとちっちゃい気がしてなりません。

Dsc01149

たしかに越生は250年前から梅を出荷していたということで

歴史はあるのですが…。

Dsc01158

中には、むしろ屋台や商品が賑わっていて物産展の賑わいです。。。

Dsc01160 

こんにゃくはゆずが効いていておいしかったので買ってしまいましたけど。

すっかり物産展のノリです。

Dsc01154

福寿草は北海道でも早春の象徴。

万作ともいいます。

寒いこともあり、そのまま帰ってきてしまいました。

Dsc01163

言い訳をさせてもらえると、越生の観光地図があると便利なんですけどね…。

それか、立て看板とか・・・。

駅までで観光名所がわかるように書いてあるといいのに…。

と、思ったら立て看板が!

Dsc01165

・・・。

車庫跡の立て看板って初めてみました。

いやいや!こんなんじゃなくって!!

本陣跡とか、旧街道跡とかいろいろあるでしょう。

Dsc01167

こんなところにも立て看板が!

Dsc01166

確か、渋沢栄一は現在の深谷市の出身。

今は電車はもっと西を通っていますが、当時は越生を通る道が使われていたのですね。

当時はうなぎなども出されていたのだとか。

人の行き交うにぎやかな宿場町だったのでしょうね。

Dsc01168

通りにあった横町と市場…。

ところがこの道標複数の道に囲まれている広場にあるので、

どこがそうなのかがわかりません…。

Dsc01169

このあたりが中心地だったのでしょう。

観光地…としてはあれですが、このような素朴さって里の町らしくてそれはそれで良いのではないかと思います。

(ウエカラメセンダネエ

|

« 甘い期待、ほろ苦い思い出 | トップページ | 顔が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の息吹を感じに:

« 甘い期待、ほろ苦い思い出 | トップページ | 顔が… »