« お食事 | トップページ | 梅。 »

2011年3月28日 (月)

秩父ふたたび

週末は、秩父と川越に行ってきました。

川越では和菓子を買ったのは先述の通り。。。

秩父ではみそポテトを食べようと思ったのですが・・・。

Dsc01172

がらーんとしてました…。

Dsc01173

秩父も2回目なのですが、何度来ても不思議なところです。

Dsc01174

なんとなくタイムスリップしたような…

Dsc01175

パリではなくパリー。

しかも中華屋さんという。。。

さて、向かったのは

Dsc01176

秩父神社です。

いや、前回も来たのですが、暑さと虫にかまけてしまい

大事なものを見ずに帰ってしまったのです。

Dsc01179

子育ての虎です。

名工左甚五郎が作ったというもので、

世界遺産の日光でも「眠り猫」が有名ですよね…

秩父神社の文化的にも優れていることがわかります。

親の心得として

「乳児は肌を離すな 幼児には手を離すな

 子どもには目を離すな 若者には心を離すな」

と、書かれてありました。うーん・・・深い。

Dsc01185

日光の三猿は「見ざる 聞かざる 言わざる」ですが、

こちらの三猿は「見て聞き話そう」だそうです。

こちらの方が親近感を覚えます。

Dsc01186

北辰のフクロウです。

北を守っているフクロウは振り向いたような不思議なしぐさをしています。

「眠り猫」に通じるような写実的にもかかわらず

現実離れしているような不思議な感覚を受けます。

眠り猫と同じくとっても小さい…です。

Dsc01187

つなぎの竜です。

近くの池が反乱をおこすのはこの竜が暴れるから・・・と

何と、鎖で縛りつけているのです。

しかし、なるほどとても写実的で今にも動き出しそうですよね…。

少し緩んでいるのが気になりますが…。

もちろん絵馬などが売っているのですが、なんだか買う気が起きなかった…

絵馬ももちろん良くできているのですが、本物と比べると迫力が明らかに違うので・・・。

行くのが遠いからと言って行かないのはもったいない!

そう思える神社でした。

|

« お食事 | トップページ | 梅。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父ふたたび:

« お食事 | トップページ | 梅。 »