« 酒のあて | トップページ | じゃすてぃす »

2011年3月17日 (木)

不謹慎と他人の不幸

最近、不謹慎と批判を浴びることが増えていると指摘している記事があった。

高級店でイタリアンを食べ、高いワインを飲んだと書いて批判されたり、

野球の試合を始めると決めて批判されたり。

外国人の被災に関する知識の欠如による批判は置いておくとして、

このような批判を受ける人は被災に対する本質的観点を知っているにも

かかわらず批判されているような気がする。

どうして、こんな批判を受けてしまうのか。

たとえば。

あなたが、足をねん挫して外科に行くとする。

名医の病院なので、すでに受付には大勢の人がいる。

あなたは痛みに耐えてじっと待つ。

いよいよ、自分の番が来たと思ったら、交通事故に遭った急病人が運ばれてきた。

出血多量で放っておくと命にかかわる。

この時、あなたはこの急病人に対して

「自分の番なのだから、自分より後ろで待っていてほしい。」

なんて、言えるだろうか。中には言える人もいるかもしれないが…。

ほとんどの人は瀕死の急病人のために順番を譲ることになるのではないのだろうか。

「生死にかかわる重病人のために、自分は我慢しなければならない」

と思うのではないだろうか。

ここで重要なのは、重病人がいるからと言って、あなたのねん挫が軽くなるわけでも

治るわけでもないということである。

自分自身に、「もっと深刻な人がいるのだから」と言い聞かせたところで

自分のねん挫には全く関係がないのである。

だから、それを見た付き指をした人が、

「その人に順番を譲るのならば、私に代わってほしい。」

なんて言われたら、あなたはきっと怒るに違いない。

それは、良くなったわけではなくて、我慢しているのに過ぎないのだから。

それは身体のみならず精神でも同じことが言えるのではないだろうか。

私たちも知らず知らずにストレスを受けている。

それは、いつもと違う生活であったり、予定が全く立てられなかったり。

その時には

「もっと苦労をしている人がいる。」

と自分に言い聞かせる。

でも、それはストレスが消えたわけではない。

心が傷つき、ストレスが解消されているわけではないから

あるきっかけで、他者を攻撃してしまう。

そうならないためには、

自分の状況を見極める。

つまり他人が受けた出来事と自分の経験は分けて考える、

まずは自分がどれだけストレスをためているのか、自分自身の状況を知ることが必要。

そのうえで自分ができることを考えることが必要だと思う。

そのうえで、考えてみると

高級レストランでワインを飲んだという書き込み、

確かに買いだめなどのように、積極的に混乱を起こしたり社会に迷惑をかけているわけではない。

それでも、それをわざわざ表現することはどうだったのだろうか。

読んでいるほとんどの人が傷ついていることに対して無関心であったからではないだろうか。

また、野球を始めるという宣言も戦後間もない状況と比べているようだけど、

大きな思想と産業の喪失により目的を見失った時代と比べるのはどうなのだろうか。

明日どこに行けばよいのかわからないのではなく、

明日行きたい場所にたどりつけないこの状況では

目的を見出させるどころか、足を引っ張る状況になりかねない。

何をするべきかを完全に見誤っているとしか思えない。

だから、今表現をするのはちゃんと自分の状況を良くわかっていないと大変なことになってしまうと思う。

(コノカキコミモジヤナイ?!

|

« 酒のあて | トップページ | じゃすてぃす »

コメント

コメントありがとうございますヽ(^-^ )

そうですね。
やっぱり日常生活としてどのように
過ごしていけるかだと思います。

あまり、緊急事態だなんて構えていたら、
気持ちがついていけないですよね。

投稿: みもっち | 2011年3月26日 (土) 13:02

なんだかこむずかしくなってきたねぇ。
溢れる情報を自分で取捨選択できる知識と冷静な判断力。これから先、優先度の上がった人間に必要な能力。
へそ曲がりな私は洗濯物を外に干し、水道水をゴクゴクのみ、買いだめも一切していない。(家にカニ缶が5個あった、、うーん、こんな時は戦力外、、)
こんな時だからこそ、あえて何も変えないという信念を貫く。そういう応援の仕方だと思っている。それでだめなら・・・しょうがない。ええぃ、ままよ!
被災地の皆さん頑張ろう!僕も頑張る?!

投稿: From A | 2011年3月26日 (土) 11:42

コメントありがとう

今回、マスコミの重要性を知ったワタシです。

人ってパニックになると情報の取捨選択ができなくなる。
ある意味強制的にとどくマスコミは緊急時にすごい力を持つんだね…
デマやパニックを押さえることができるんだと知りました。

だからこそ、冷静な対応をしてもらいたい。
間違ってもデマを広めたりパニックを煽らないように気をつけて欲しいです。

投稿: みもっち | 2011年3月19日 (土) 23:54

やあ。
君の冷静さには感服なわたしです。
マスコミとか、政治家とかに君のこの文章を読んで
よく考えてもらいたいね。
わたし達の多くが今受けているストレスに
自分で気づかないと、不安による(と思われる)
「買い占め」は、すぐには無くならないと考えるよ。
節電担当大臣よりも、国民を安心させる手だての方が
必要じゃないかしら。

投稿: M | 2011年3月19日 (土) 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不謹慎と他人の不幸:

« 酒のあて | トップページ | じゃすてぃす »