« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

アサカレーナ~チキンとトマトのスープカリー

例年にない寒い日が続いております。

しかし、カレーが傷みにくいので、手作りカレーはもう少し作れそうだと思ったり。

さて、今回は

Dsc01521w

スープカレーを作りました。

でも、普通に玉ねぎを炒めて普通のカレールーを

使って作っているのでニセモノ。。。

トマトの酸味がとってもよく合っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)





山形...というと

ロケット団を思い出してしまうオイラ...
(マニアツク)

銀座にアンテナショップがあり、
その2階に
ヤマガタ.サン.ダン.デロ
が、あります。

おしゃれなネーミングですよね。
しかし、山形ではずっと前から日常会話に出てきたそうなんです。

山形産だんでろ(なんです)
という意味だそうで...

山形産の山の幸、海の幸がふんだんに使われていました。
魚の美味しさと、お米の美味しさに感動です。

リゾットでお米が美味しいと感じたのは初めてかも。

たしかに駅弁も美味しかった。
侮りがたし山形...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

夢の島

さて、今日は夢の島に行ってきました。

夢の島、というと

名前とは大分違う埋立地…というイメージが強かったんですけど

(トシガバレル

Dsc01495w

整備されて公園になっていました。

北海道では考えられない景色ですが…。

Dsc01496w

っと、すごい建物が!

意味もなくテンションが上がります。

Dsc01497w

夢の島熱帯植物館です。

このガラス張りの建物は温室なのです。

Dsc01502w

中にはランがたくさん咲いていました。

Dsc01503w

ううん。きれいですね。

Dsc01504w_2

暖かいので、カメラのレンズが曇るほど。

寒い日には暖かいところに行くに限ります…。

Dsc01516w

食虫植物もたくさんありました。

大きいものはネズミやトカゲも食べてしまうのだとか。

(コワツ

もうひとつそばには…

Dsc01517w

第五福竜丸展示室がありました。

ビキニ環礁の水爆実験の被害を受けたんですよね…。

Dsc01518w

この後、マグロも汚染されていて大変問題になったのだとか。

築地市場のマグロにカウンターで調べている写真記事や

漁師さんや魚屋さんが困窮してしまうという記事がありました。

今だからこそ…とても深く考えさせられてしまうのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

アサカレーナ~フランクフルトとヨーグルトのカレー

今日は

Dsc02222

フランクフルトとヨーグルトのカレーを作りました。

みじん切りの玉ねぎを炒めた後に、

フランクフルトとジャガイモを加えて作りました。

フランクフルトの独特の食感がおいしいです。

でも、濃いカレールーを使ったので、料理本の色と

若干違う…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

アサカレーナ~ツナとキャベツのカレー

Dsc02219

今日はキャベツとツナのカレーを作りました。

赤いのはミニトマトです。

粒マスタードがとても美味。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

あごー

肩こりや頭痛の原因として

歯ぎしり

があるそうな。

そして寝ているときだけではなく

起きているときにも歯を食いしばっている人は要注意

なのだそうだ。

顎関節症になる危険性が高く、

舌のヘリに歯形がついてガタガタになっている人は危険

最悪頭蓋骨が歪んでしまって、うつ病になってしまうことすらあるそうだ。

ということで舌を見ると

ガッタガタ

(デエ

考えてみたら四六時中、歯を噛み合わせていたかも。

上の歯と下の歯を通常開けていたほうがよいなんて

全然知らなかった・・・。

これは完全に爪を噛むとかの癖と同じなので

意識的に治していくしかない。

今、意識的に歯をかまないように気をつけている。

すると、あごの力が抜けていることに気がついた。

こんなに力を抜いていて良かったんだ。。。

今でも料理をしているときについつい食いしばっているし、

まだ、寝ているとき、キリキリかんでいるみたいだけど、

そのうちかむ癖がなくなって肩こりが解消されるんじゃないかと

ちょっと期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »