« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月21日 (火)

スパニッシュオムレツ

今、石井好子さんの『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』を読んでいます。

フランス料理のレシピがところどころに出ていて

早速スパニッシュオムレツを作ってみました。

Dsc02235

薄切りの玉ねぎを炒めて、ピーマンとハムも炒める。

そしてトマトも炒めます。塩コショウで味を調えます。

そのように作ったトマトソースをオムレツにかけて食べます。

ちょっとトマトの味が強かったので、ウスターソースを足しても良いのかも。

本場のスペイン風オムレツはジャガイモやトマトをオムレツの中に入れるので

きっとフランスでの呼び名なのだと思う。

読んでいるうちに、母の作ってくれた料理を思い出した。

祖父母と同居をしていたし、しばしば親戚も近くに住んでいたから

誕生日とか特別な日にみんなを呼んで食事をすることがあった。

その時はたいがい手巻き寿司が置いてあった。

酢飯ではなく、普通のご飯を海苔にのせ、豪快に切り分けられた具を

さらにのせて食べる。

その横にはいつもそれぞれの家庭が

オードブルをそれぞれ持ち寄っているのだけど

母はいつも、フルーツサラダとザンギを持って行っていた。

フルーツサラダとは、ポテトサラダの中にリンゴの薄切りやミカンが入っているもので

子どものときは苦手なものだったのだけれども

今になってみると無性に懐かしい。

ザンギとは北海道のから揚げのこと。

一晩、ニンニクやしょうゆなどのたれに漬け込んで

片栗粉をまぶして揚げていた。

そうするとカリカリに揚がる。

すぐ焦げてしまうので、低い温度でじっくりあげなければならないのだけど

これはおいしかった。

今は、料理の準備がめんどくさかったりで外で食事をすることが

ほとんどになってしまったけど、

思い返すときに、その時のほうがよっぽど上等なものを食べたような

気になってしまうのはどうしてなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

フライング気味に読書の秋

最近、ようやく電子書籍の中にも読める本が増えてきたので、

電子書籍で本を読むことが増えてきました。

もっぱら、読んでいるのは小説ですが…。

図書館に行けば、このような本を求めて列をなしているのは知っていますが、

個人的には図書館にもっと専門的な本を置いてほしい。。。

ま、それはともかく。

場所もはかどらない電子書籍はとても便利です。

最近読んだ小説といえば…

東直己『消えた少年』

『探偵はバーにいる』でおなじみの「ススキノ探偵シリーズ」です。

実家のある手稲が舞台だったので、

モデルはどこなんだろう…なんてずっと考えながら読み進めてしまいました。

手稲といえば昔、駅前の神社そばにある団子屋で団子を食べていたのも

今は懐かしい思い出。

有川浩『三匹のおっさん』

軽妙な読み口はなかなかです。

ツッコミどころがないとは言いませんが、それも読みやすさに隠されてしまう。

ドラマ化できそうだけどされないのは主人公が「おっさん」だからか・・・?

沖方丁『天地明察』

これも、さすが映画化されるだけあって面白かったです。

学問の道は一生をかけるほど、深く険しい。でもそれだけの価値がある。

研究の中でまさしく「明察」といえる瞬間がやってくる。

たまにその「明察」も思い違っていたりして、泣きたくなったりするんだけど。

でも、それを味わってしまったら…やめられないんだな。

すぐに「答え」や「結果」を求めがちな世の中だけど、

簡単な答え合わせでは導けない問いを求めていくことだって

必要なんじゃないか…と思います。

でも、全体的に本の値段が高すぎ!

(『天地明察』はキャンペーン中だったから安かったけど)

とくに、なんでカラーの本が高いのかわからないんです。

そりゃ、安くしたらカラーの本が売れなくなってしまうかもしれないと

思うのはわかりますけど

でも印刷代がかかっていないんだから安くしたって良いと思うんですよ。

あと、まだ本が探しづらい。。。

電子書籍上でも本屋さんがあると便利です。

たとえば、哲学の本を時系列に並べているこだわりの本屋とか

お気に入りのフランスの雑貨の本ばかり集めてみたとか

文化人とか○○さんの本棚にあるのと同じ本がここに!とか

今だと、どうしても必要ない情報も一緒に出てくるので見づらいのです。

電子書籍サイトでむりなら、電子書籍サイトでタイアップして

アフィリエイトのようにさまざまな人にさせてみればよいのに。。。

でも、電子書籍で人気があるのはエッチな小説やコミックだというし、

そういう人はあまり知られたくないだろうから今みたいなごちゃまぜでいいのか。。。

(イイノカ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルフト焼き

リサイクルショップで

Dsc02233

デルフト焼きが売っていたので手に入れました。

デルフトとはマイセンに並ぶオランダの有名な窯元です。

機械で塗っているものが多いのですが、

これは手塗りなので味があります。

カップも欲しくなってしまう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

シャトーラギオール君の獲物たち レ・タンヌ オクシタン

今日は レ・タンヌ オクシタンを開けてみました。
ランドック地方のシャルドネです。

undefined
さわやかな青い香りですが、口に含むと
チーズに似た豊潤な香りが広がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

シャトーラギオールの獲物たち ルースタンハーフ

久しぶりに赤ワインを家飲み。

Dsc01689w

ボルドーワインで、ハーフサイズでした。

ボルドーワインですが、癖がなく飲みやすかったです。

一気に飲んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フクロウとカイジュウ

今日は、池袋に行ってきました。

東池袋からサンシャインまで地下道ができていました。

Dsc01685w

フクロウがたくさんいました。

池袋はフクロウがキャラクターになっていまして、

駅前の交番もフクロウ型だったりします。

サンシャインでは、ウルトラマンフェスティバルをしていました。

熱狂しているお子様たちを横目にその横にあったカフェに入りました。

Dsc01686w

ジャミラです。

そして注文したのは

Dsc01688w

ウルトラマン…ではなく

Dsc01687w

ウルトラマンカレーセットです。

このかわいさに思わず食べに行ってしまいました。

このご飯の型が欲しい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

ヒルカレーナ

昼だってカレーです

undefined
銀座カリードリアです。
冷凍食品ですが早速電子レンジに...

チーン


undefined

うん...なにかイメージが違う...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »