« 太うで闘病記13~迷宮ふたたび~ | トップページ | 太うで闘病記15~サンタとともに~ »

2014年12月21日 (日)

太うで闘病記14~新たな謎~

造影剤のMRIを受け、さぁ、これで安心!と思っていたのですが、1週間後

「お話したいことがあります。」と留守電が。

なんだろう、と思って仕事の合間に電話を掛けると、

「実は脳動脈瘤の恐れが出てきました。」

ノウドウミヤクリユウ!?

「そのため、足からカテーテルを入れて検査をすることになります。」

足から…カテーテル?

20141221001

「手術の前日にカテーテル検査をすることになりますので。それで、脳動脈瘤の場合は手術が延期されます。」

それ以上は考えられず一度電話を切ったのですが、

ホームページで検索すると、いろんなことがわかってきました。

脳動脈瘤が破裂すると、一気に危険な状況になること、

脳動脈瘤と診断されると、新たな生命保険には加入できないこと、

そして、カテーテル検査は鼠蹊部からということ

アタリマエ!

脳動脈瘤の場合は手術に至らなければいったん退院なのか?

いつ手術なのか?

いやいや、そもそも、そんな大事なこと、電話で話すことなのか?

ということがぐるぐる頭を駆け巡っていたのでした。

大丈夫なのか?みもっち。

どうなるんだ?みもっち。

みもっちの明日はどっちだ!!

~太うで闘病記 第1章 完~

|

« 太うで闘病記13~迷宮ふたたび~ | トップページ | 太うで闘病記15~サンタとともに~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太うで闘病記14~新たな謎~:

« 太うで闘病記13~迷宮ふたたび~ | トップページ | 太うで闘病記15~サンタとともに~ »