« 太うで闘病記14~新たな謎~ | トップページ | 太うで闘病記16~入院スタート~ »

2014年12月23日 (火)

太うで闘病記15~サンタとともに~

~第1章のあらすじ~

突然の頭痛に襲われ、薬をもらおうと「頭痛外来」に駆け込むみもっち。

しかし、予想に反して、大学病院を紹介されてしまう。

そして、その診断結果は「入院し、手術。」という現実だった…。

お金の心配をしながらも、みもっちは入院の準備にいそしむのであった…。

------------------------

なんだかんだと言いながら、初診日のその日に入院の手続きをすることになりました。

「入院日は、24日になります。」とスタッフの方は思わず苦笑。

えぇ、そうですよ。クリスマスになろうが、

悲しむ子供も、

困る旦那どころか、

恋人も予約もないっちゅーねん!!

ギャクギレ・・・

しかし、そんな状況だろうと、一緒に手術の話を聞いてくれる家族が必要。

ということで、パパンに電話をしました。

「いいぞ!みもっち!行ってやるぞ」

ありがとう、パパン。

「よし!入院中、ずっと東京にいるぞ!」

えっ?パパン?

「なんなら、退院後も良くなるまで一緒に住むか!」

い、いやいや、ありがたいんですけど。

狭すぎるワタシの部屋にそんなスペースはないっていうか。

「大丈夫大丈夫!」

いや、パパンわかってないっすよ。

ギューギューになりますって。

ということで、何とか退院までには帰ってもらうことにしました。

そりゃぁ、人を呼べる分譲マンションを買ってくれるのでしたら、いつでもカモンですけどね。

ドラムスメ・・・

|

« 太うで闘病記14~新たな謎~ | トップページ | 太うで闘病記16~入院スタート~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太うで闘病記15~サンタとともに~:

« 太うで闘病記14~新たな謎~ | トップページ | 太うで闘病記16~入院スタート~ »