« 太うで闘病記22~アンギオその後~ | トップページ | 太うで闘病記24~初めての一夜~ »

2015年1月 3日 (土)

太うで闘病記23~いよいよ手術~

さて、いよいよ手術当日。

「本院から先生を呼ぶので、少し遅くなるかも…。」

と主治医の先生はおっしゃっておりましたが、9時という驚異的な速さになりました。

病室から出るのは、8時…。

そんな驚異的な時間にもかかわらず、パパンは駆けつけてくれました。

パパン、アリガトウ

「おう、頑張ってこい。手術室まで行ってやるからな!」

アリガトウ

カシャ

ん?

カシャカシャカシャ

20150103001

報道カメラマンかっ!

しかし、見送ってくれる、看護婦さん。

「頑張って」との声。

ここに至って、今更ながら、

あぁ、ワタシって大変な手術をするのかもしれない…

と自覚したのでした。

オソツ

全身麻酔のための注射を打ち、

全身に回ってくる変な苦い感じ…。

というところで、麻酔が効きました。

5時間の手術のことは覚えているすべもなく。

次に気が付いたのは、

「みもっちさん。終わりましたよ。」

という麻酔の先生の声。

そのとき

体中が震えてしまうというアクシデントが、

「みもっちさーん。寒いですか?」

いや、足の裏が寒いけど、それとは関係なく震えています!!

痛み止めを打ってもらったり、なんたりしてもらい、

トラブルも乗り越え、ICUへ。

パパンが来てくれました。

20150103002_2




「頑張ったな。みもっちちゃん。そうか、のどが痛いか。

 パパンがずっと見守っているからね。

パパン~うれしい。

その、小一時間後。

お父さん、お帰りになりましたよ。」

20150103003

あ、そう・・・。

|

« 太うで闘病記22~アンギオその後~ | トップページ | 太うで闘病記24~初めての一夜~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太うで闘病記23~いよいよ手術~:

« 太うで闘病記22~アンギオその後~ | トップページ | 太うで闘病記24~初めての一夜~ »