« 館林を行く1~まずは茂林寺~ | トップページ | 館林を行く3~製粉ミュージアム~ »

2016年9月19日 (月)

館林を行く2~正田醤油記念館~

さて、いよいよ館林市駅へ

Dsc03008
りっぱな駅舎です。
工場城下町で、目の前には日清製粉の工場が。
実家の手稲もメルシャンの工場が駅前にあったので、
なんか懐かしいです。
もっともこんなに駅舎は立派ではなかったですが…。
さて、まず向かったのは
Dsc03010
正田記念館。
日清製粉のほうが巨大企業になりましたが、こちらが本家筋です。
もともとは新田義貞に仕えた武士だったそうですが、
江戸時代に入り、商人になるために館林に入ったそうです。
Dsc03015 その後米穀商として代々営んできましたが、
明治時代に入ってから
醤油製造に切り替えたのだとか。
武士から商人へ、
また米穀商から醤油・小麦へと
過去にとらわれない
柔軟な発想が
今まさに続く企業の礎に
なったのでしょうね。
中には、江戸時代から続く名士らしく
漆器などが展示されていて、
さらに、社長の部屋も
再現され展示されています。
きちんと片づけられた机の上には
そろばんと筆箱。
そして、ゴルフバックがかけられており、
部屋を見るだけでその人の人となりがわかるようになっています。
…部屋を片付けないといけないなと思いました。
F_dcim_100msdcf_dsc03019
他にも、祭っている稲荷神社や、トロッコ跡などを見ることもでき、
さらに本社ではしょうゆを直接購入もできます。
入場は無料ですので、ぜひ行った時には足を延ばしてみてください。

|

« 館林を行く1~まずは茂林寺~ | トップページ | 館林を行く3~製粉ミュージアム~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 館林を行く2~正田醤油記念館~:

« 館林を行く1~まずは茂林寺~ | トップページ | 館林を行く3~製粉ミュージアム~ »