« 館林を行く2~正田醤油記念館~ | トップページ | 館林を行く4~館林の歴史をみる~ »

2016年9月19日 (月)

館林を行く3~製粉ミュージアム~

館林駅前にはもう一つ見どころが。

それは日清製粉の製粉ミュージアムです。
明治時代の社屋と、現代建物からなっています。
和食といえば、主食はお米!と思いがちですが…
Dsc03028
意外と、畑作よりも稲作の方が多い土地は近畿地方に限られており、
関東をはじめ多くは畑作中心でした。
農家では麦を食べるほうがずっと多かったんです。
埼玉県の北部から栃木県あたりは穀倉地帯でしたので、
製粉工場にとてもむいていたのでしょうね。
いまは、港から遠いですからどうなのでしょう…。
Dsc03031
明治時代の建物らしく和洋折衷の建物です。
Dsc03033
北海道にも同時期の建物がありますが、
解体復元のせいか、穏やかな気候のせいか
保存状態がとても良いです。
Dsc03032
正田記念館の机よりも洋風ですね。
Dsc03023
庭には日本庭園が
Dsc03036
庭石においてあるのは、フランスから持ち込まれ、
函館にあるトラピスト修道院にあった石臼だそうです。
トラピストクッキーで有名である通り、小麦の製粉をこの石うすで行っていたのですね。
歴史を感じます。
Dsc03038
有料ですが200円ですし、新館では映像資料も多く、
小麦について新たに知ることも多いのではないかと思います。

|

« 館林を行く2~正田醤油記念館~ | トップページ | 館林を行く4~館林の歴史をみる~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 館林を行く3~製粉ミュージアム~:

« 館林を行く2~正田醤油記念館~ | トップページ | 館林を行く4~館林の歴史をみる~ »