« 思い立ったが発願めざせ結願~33那古寺 | トップページ | がまぐち »

2018年3月24日 (土)

思い立ったが発願めざせ結願~終わりに1廻ったからこそ言えること

さて、いろいろありました三十三か所巡り。

巡ってみれば楽しかったです。
でも、巡る方にはいろいろアドバイスを・・・。
1.お寺はそれぞれ
三十三か所巡りといっても、それぞれのお寺が独立しており、
決して統一的な見解を示しているわけではありません。
積極的なお寺もあれば、本当はやりたくないんだけど…と素直に言ってくれるお寺もありました。
それもそのはず、三十三か所巡りは源頼朝が作ったと言われていますが、
実際は江戸時代に民衆に広がり、お寺とは別団体が納経帳などを作っています。
あまり、寺院にはうまみが少ないのかもしれません。
そのため、納経には改めてお金を支払ってほしいと言われることも多々ありました。
一応納経代(朱印代)は300円と決まっていますが、
多めにお金(小銭)を持っていくことをお勧めします。
2.歩きやすい服装で
浅草寺などは言うに及ばす観光地化しているところは軽装で問題ないのですが、
とくに日輪寺は沢登りがあるなど、ウォーキングシューズでも厳しそうなところがありました。
私はたまたま長靴でしたが…。
往復1時間は当たり前、さらに大概山の上にありますので、
歩きやすく防水機能が付いている靴の方がよいのかも。
自転車も脚力がないとなかなか厳しそうです。
3.順番通りじゃなくてよい!けど・・・。
江戸時代のスタートは浅草寺からだったそうです。
最も人口が多い江戸の寺だから当然ですね。
順番通りじゃない方が廻りやすいことも確かです。
でも、順番通りにまわったからこそ、見えたこともあるのも事実です。
例えば、渦巻き状につないでいく三十三か所の寺は
さらに、勢力を伸ばしていこうとする頼朝の野望を感じることが出来ましたし、
渦巻き状に広げていった江戸の街並みを考えた徳川家康のアイデアの端緒にも
なったのではないでしょうか。
そのような頼朝の思いをなんとなく感じられたような気もするのです。
時間があれば、ぜひ順番通りにめぐっても面白いのではと思います。

|

« 思い立ったが発願めざせ結願~33那古寺 | トップページ | がまぐち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59006/66460419

この記事へのトラックバック一覧です: 思い立ったが発願めざせ結願~終わりに1廻ったからこそ言えること:

« 思い立ったが発願めざせ結願~33那古寺 | トップページ | がまぐち »