« がまぐち | トップページ | おくのほそ道をたどる~発端~ »

2018年7月29日 (日)

さんふらわあ だいせつで北海道に行ってみた

 

最近、フェリーが熱い!
ということで、少し前ですが、さんふらわあ だいせつで北海道に行ったときのことを書きたいと思います。

さんふらわあは大洗―苫小牧間を夕方便、深夜便と運行していて、今回は深夜便に乗ってみました。

深夜便だと仕事帰りでも十分間に合います。

Dsc04129

水戸駅からバスに乗りました。最終便なのでちょっとドキドキ。
まずは大洗港に向かいます。

Dsc04130

茨城交通のバスで向かいます。

ICカードが対応していますが、いわゆるSuica、Pasmoが使えないので注意!

同じ失敗を繰り返したことは秘密

大洗港は水戸の玄関口だけあって古い町のように見えました。
今度はゆっくりめぐりたいな…

Dsc04131

架空のアニメののぼり旗が立っていました…。

フェリーターミナル近辺は港湾都市然としてました。

Dsc04133

中に入ると・・・。

Dsc04134

真ん中の自動チェックイン機が使えます。

チェックインするとカードが出てきます。

Dsc04158

これで、室内に入れるかと思いきや実は入船、退船のときのみで

必要なのはバーコードという・・・。

さんふらわあ だいせつで北海道に行ってみた

出港は深夜ですが、夜9時には乗り込むことができるので、早めに休むことができます。

出向前にお風呂に入りました。

部屋はカジュアルルーム。
なんとなく寝台列車をほうふつとさせます。

Dsc04139
二段ベッドではないけれど…。
四人部屋でしたが、もう一人入っているようでした。
なかなかの混み具合。
お風呂後のタオルをどこにかけるか悩みましたよ。
コンセントが一口ついていたのは嬉しい。
レストランはついていないので、自販機で買うことになります。
電子レンジもありましたが、夏は自販機の方が安心ですね。さんふらわあ だいせつで北海道に行ってみた

さんふらわあ だいせつで北海道に行ってみた
さんふらわあ だいせつで北海道に行ってみた

食事スペースもあります。

Dsc04141

Dsc04145
でも、ほとんどはベッドのスペースにいました。

海岸に近いところを運航していたせいか、結構電波も繋がりました。

Dsc04142

一応、公衆電話が…。

とはいえつくのは翌日の夜…。

安いですが、休みをわざわざとる人にとってはちょっとつらいかもしれませんね。

Dsc04143

|

« がまぐち | トップページ | おくのほそ道をたどる~発端~ »

コメント

コメントありがとうございます。
昔乗った北斗星を思い出しました。
一晩ぐらいだとフェリーの旅も十分アリですね。
乗っている人はトラックの運転手が多かったですね。
銭湯に行くようなプラスチックのかごを手に下船していたのが印象的でした。

投稿: みもっち | 2018年8月 5日 (日) 14:38

フェリーの旅。深夜出発。こういうのワクワクしますね!

投稿: 隊長 | 2018年8月 5日 (日) 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59006/66998555

この記事へのトラックバック一覧です: さんふらわあ だいせつで北海道に行ってみた:

« がまぐち | トップページ | おくのほそ道をたどる~発端~ »