« おくのほそ道をたどる~再びの草加~ | トップページ | 34年越しの・・・。 »

2019年3月17日 (日)

おくのほそ道をたどる~3室の八島

さて、少し時間が空いてしまいましたが今回は室の八島に行ってきました。

室の八島は古代より多くの歌人に歌われてきました。
Dsc04218
絶えず焚く 室の八島の煙にも
なをたち勝る 恋もするかな   摂津
室の八島の煙というのは恋焦がれる思いを比喩的にあらわされたもので、
多くの歌人に歌われたものです。
そのように歌われた煙なのだからきっと美しい・・・と芭蕉が感じ入るのも当然で
わざわざ壬生から遠回りをして入っているのです。
大神神社
Dsc04222 Dsc04221
狛犬の細かな部分に彩色が残っていて当時は華やかだったのだろうと思われます。
Dsc04219
現在の建築は大正時代のもの。
芭蕉がここに来たのは天和2年の復興後とのことですので
おそらく真新しい建築だったのだと思われます。
Dsc04228_2
日本最大の広葉杉。
Dsc04234
ここは親鸞も訪れた古刹なのですが、長らく荒れ果ててしまっていました。
(そう考えると関東三十三所はすごい・・・)
家光が日光に参詣するときに立ち寄り
名所であるこの場所があれてしまうのは忍びないと家光が寄進したのが
中興の礎になりました。
Dsc04231
家光が寄進した1万本を御用松と呼んでいるそうです。
Dsc04226
しかし、曽良がコノハヤサクヤビメとの関係をとうとうと語る部分で芭蕉は何を思ったのでしょうか。
そもそも大神神社は三輪山がご神体です。
一方でコノハヤサクヤビメは富士山とつながりがあるのですよね。
聞くからに怪しげな感じに思うのですが…。
とはいえ、八島だけを考えたらこのような景色も十分フォトジェニックだと思います。
なんといっても
Dsc04224
此処が室の八嶋
と強調されています。ハイ。
結局、芭蕉はここの歌を「おくのほそ道」には残しませんでした。
初めてたどった歌枕の地にもかかわらず。
替わりに
Dsc04225
糸遊に 結びつきたる 煙かな
と詠んでいます。
古代の人は春の陽炎を煙とみなした・・・そう考えたのかもしれません。
ちなみに室の八島は何を指すかは諸説あり、そのうちの一つに
かまどを指しているという説があります。
個人的にはかまど説が好きです。
家に帰ってきたときに煙が上がっているのを見て相手の愛を感じる…
いいと思うんですけどねーかまど説。
さて、このまま帰るのは少ししゃくだったので、プラプラしてみます。
Dsc04235
不思議な建物が…。
こういうものが八島に見えたのかなーなんて思ったりました。
しかし、何の建物だったのだろう…。
Dsc04236
ぎやー!遠い!
中世に比べて古代って距離感がずっと広いように感じる。
実は結構スピードを出して行き来していたんじゃないかって思う。
中世に比べて道も整備されているしね。
やっぱり、国家体制と共同体体制の違いかな・・・。
Dsc04237
昔ながらの建物が点々と続いています。
日本の農村景色ですね。
Dsc04240
この時にスウィートホームのゲームが思い浮かんだのは秘密。
Dsc04242
だんだん歩くのも心細くなる道の先に…
Dsc04243
目的地がありました!
下野国資料館です。
律令国家であったとき東山道の国衙の一つでした。
東山道は平城京から北は青森までという、一大行政区域だったのです。
おくのほそ道でここに立ち寄るのもある意味必定だったのかもしれませんね。
もっともここが発掘されるのはずっと先のことですが。
むろん当時のものは礎石や瓦などにとどまりますが、
Dsc04255
なんと入り口部分は再建されています!
Dsc04261
関東では大分寒そうですよね。
入り口部分ですね。
Dsc04254
脇殿には藤棚が配置されており
Dsc04260
遠景でもイメージがつかめるようになっております。
実は本殿跡には現在神社があります。
Dsc04262
この神社の祭儀風儀には氏子の祭組にいわゆる「宮座」をうかがわせるものがあること
祭式次第に「直会」をうかがわせるものがあるなど特色があるようです。
いわゆる講をはじめとした地域共同体が生まれるのは平安時代末期から室町時代と
いわれていますが、国衙の本殿をよりどころとして失われた神社も多い中で
文化と伝統が続いていったことは驚くべきことです。
文字以外の継承ももっと大事にしていくべきだと思った旅でした。

|

« おくのほそ道をたどる~再びの草加~ | トップページ | 34年越しの・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おくのほそ道をたどる~3室の八島:

« おくのほそ道をたどる~再びの草加~ | トップページ | 34年越しの・・・。 »