« おくのほそ道をたどる~3室の八島 | トップページ

2019年5月 6日 (月)

34年越しの・・・。

さて、ゴールデンウィークがぐうたらと暮らしていましたが、

一日ぐらいどこかに出かけたい!と考えました。

以前、行きたいと思っていたところに行ってみよう。

と、いうことで

つくばに行ってきました。

といっても行きたいと思ったいた時ははるか昔…。

34年前に遡ります。

それは、つくばエキスポ85

博覧会好きとしてはどうしても行きたかった!のですが、

家から遠くて、行けなかったのです。

それでついに行くことが出来ました(跡地ですが…)

現在は「エキスポセンター」になっていますね。

中は科学館とプラネタリウムになっております。

当時のキャラクターがトイレのデザインに!

・・・でもどっち?

そう、このキャラクターも好きでした。紹介しましょう。

コスモ星丸

ファミコン時代の技術力の総結集であることはわかるのだけど…。

動いていないのがさらに悲しい。

ピンクもいるでよ

今の技術をつぎ込んだら、どれくらいのスペックを持ったコスモ星丸になるのかが知りたい。

きっと空も飛べるのではないだろうか…。

ちょっと見てみたい。

そして今は

Dsc04275

テクモ筑丸もいます。

令和を掲げてこどもの日仕様。

どうやらこちらは現役のようです。

科学館もいろいろ見て回りましたが、結構お金がかかっているように思います。

発電の仕組みなど面白かったです。

自然エネルギーよりも原子力発電の方が容易にクリアができるのはご愛嬌。

科学技術が人を幸福にすると信じられていた時代。

確かにAIや量子コンピュータも科学技術だけれども、

人の合理的判断がもはや立ち入れない時代になってきているのかなと思います。

人の合理性が神をも超える可能性があると信じられていたこの時代は、

今は色あせてしまっているけれども、当時の輝きは半端なかったんだよと伝えたい。

そうおもった散歩なのでした。

|

« おくのほそ道をたどる~3室の八島 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おくのほそ道をたどる~3室の八島 | トップページ