宿場町を歩く

2019年1月 5日 (土)

おくのほそ道をたどる~再びの草加~

正月に中学生のいとこの子どもに百人一首で完膚なきまでやられたみもっちです。

9年前!?
古い記事をあさってみると三大ガッカリ観光地として
札幌時計台
をあげていました。
確かに、何度も行きたい!という場所ではないにせよ
どうしてそこまでたたかれてしまうのか。
思うに、時計台のイメージがよすぎるのではないかと思います。
どうしてイメージがよすぎるのか。
私は北原白秋の「この道」のせいではないかと思うのです。
この道はいつかきた道
ああ そうだよ
あかしやの花が咲いてる
そして2番
あの丘はいつか見た丘
ああ そうだよ
ほら 白い時計台だよ
と続くのです。
しかし待った――――っ!!!
これでは時計台が丘の上にあるようになってしまいます・・・。
アンドリューワイエスの絵のようなイメージです。
しかし時計台がある場所は扇状地。丘の上には建っていない…。
もっと言えば、あかしやの花を見て書いたかも疑わしい・・・。
北海道で咲いているのはニセアカシアで、色のせいかそれほど印象的ではないのです。
しかし!札幌の花はアカシアと繰り返し歌われることになり、
ビルに埋もれる時計台を見てガッカリされることになってしまったのです。
まさしく、素晴らしい詩が現実とは必ずしも一致しない札幌のイメージを作り上げたと
いえるのではないでしょうか。
閑話休題。草加に戻ります。
Dsc_0021
草加駅前へ。
しかし、ここで気が付いた。
ミラーレス一眼の電池が切れていることに…。
ということで、タダの重い荷物を持って歩き回ることになりました。
お土産を持たされる芭蕉さんの気持ちがわかったところで…。
Dsc_0025
歴史民俗資料館です。
大正時代に建てられたコンクリート造。
長らく小学校として使われていたようです。
無料で入れることもうれしい。
Dsc_0029
17世紀に創建された東福寺。
松尾芭蕉が歩いたころにはすでに存在していました。
ただこの建物は19世紀に入ってからのものです。
Dsc_0032_3
松尾芭蕉像です。
やはりたれ目が基本。
でも細身です。
Line_1546657629200
草加松原です。
今でこそこのような素晴らしい松並木が続いていますが…。
松尾芭蕉がおくのほそ道を書いた当時は
Dsc_0026
実はこんな感じ。
あの有名な草加せんべいもまだなかったと言います。
Dsc_0034
「おくのほそ道」では、ようやく草加に宿を取ったと書かれていますが、
実際は越谷宿よりも先、粕壁宿(春日部)で宿を取ったとされています。
それでは、どうして草加に泊まったことにしたのか。
つらい思いを示したかったなどともいわれていますが、
私は、松尾芭蕉の読者に対する考えがあったことだと思います。
あえて読者である江戸の下町の人にこの旅を身近に感じて
もらいたかったのではないかと思うのです。
もし、粕壁としてしまうと、日本橋から50キロ以上ありますから、
おそらく、下町で生活している人には身近に感じられない距離でしょう。
よっぽどでなければ行こうとすら思いません。
しかし、草加であれば日本橋から22キロ。さらに下町からなら
もっと近く感じられるでしょう。
頑張れば日帰りも無理ではありません。
そのように少し足を延ばせば届く草加を取り上げることによって
この作品を身近に感じてもらいたい、そして東北というはるかな旅路を
少しでも感じ取ってもらいたい。
そう思っていたのではないでしょうか。
そして、「おくのほそ道」に取り上げられたことによって
草加は現在のように発展したのだと思います。
まさしく、素晴らしい作品が作り上げたイメージに沿うように
街が作られ、ドナルド・キーンに「おくのほそ道の風景地」と
言わしめるほどになったと思うのです。
Dsc_0033
そして、この街並みが少なくとも300年続いているのですから
既に「歴史的」ともいえるのではないでしょうか。
そこには町に対する多くの住民の強い愛着を感じずにはいられません。
すべての松の木にこもを巻いていることも、
多くの人が行き来して時には松を見上げていることも、
先人の努力がまたあらたな郷土愛と素晴らしい景色をうんでいくのだと感じました。
・・・いっそのこと、羊ケ丘の丘の上に時計台を作ってしまおうか。
Dsc_0035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

川越本丸御殿に行ってきました

北海道からの友達が来たので、川越を案内しました。

何度も川越に行っていますが、今回初めて川越本丸御殿まで足を延ばしてみました。

本来は、ここにお城があり、川越の中心部だったのですが、

今や町のはずれとなっております。

でも、名残として市役所はこのそばにあります。

Dsc02614


うーん、通勤が大変そう…。

殿様は天守閣にいる…と思いがちですが、実はこのような御殿に住んでいたのですね。

喜多院と違った重厚な雰囲気が感じられます。

一部移築されているそうなのですが、詰所から大広間まで当時の雰囲気を残しています。

Dsc02616


大広間から見える景色はなかなかきれいでした。

Dsc02615

このような解放感のある庭は関東以南ならでは。

また、別の季節に行くと、違った雰囲気が見られるのでしょうね。

Dsc02617_2

交通が不便なのが玉にキズですが、その分ゆっくり庭を眺めることができました。

また、別の季節に行きたいなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

土浦にいってきました

今回は茨城県の土浦にいってきました。
茨城県はホッカイダーにとってはちょっと縁遠いところで、
水戸のほかに、土浦にもお城があったなんて知らなかったです。

undefined
ちょうどお祭りの時期だったようで。
城下町の人たちも、場内を練り歩くことができる特別な日だったそうです。


undefined
そして、お神輿に巻き込まれる...

おみこし行列を横目に向かったのは

undefined

undefined
亀城公園です。
「きじょうこうえん」と読むそうで
本丸が堀に囲まれていて敵に攻められにくいお城だったようです
幾度の水害にも耐えたお城でしたが、
廃藩後売却の憂き目にあったのでした。
一部は裁判所などに転用されましたが
本丸とその回りは現在公園として整備され、また復元も進められているようですね


undefined

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

中山道をひた走る~蕨宿編

  さて、戸田から北に向かうと…

Dsc01346w 蕨宿が見えてきました。

荒川が氾濫すると蕨宿に逗留しないといけないため、

江戸時代は大変賑わっていたそうです。

今でいう旅館である旅籠なども

たくさんあったようです。

チェーン店のような講を持っていたようですね。

また、織物も盛んだったようで、

多くの商人が行き来していたようです。

Dsc01347w

今は住宅街に変貌しましたが、

なんとなく、面影があるような気がしますよ。

蕨宿は観光に力を入れているようで、

Dsc01350w

公園もありました。

ん?右側にあるのは…。

Dsc01348w

「地表から driming」

・・・。

・・・・・・。

草に覆われているのは、地表から現れていることを表したいのか、

それとも作品を隠したいのか…。

Dsc01351w_2 なんだか、こんな細かいところに

力を入れているのも

なんとなく好感が持ててしまいます。

Dsc01353w

明治時代、織物商として財をなしていた人の邸宅です。

現在は歴史民俗博物館として一般開放されています。

しかも、無料!

Dsc01354w

なかなか手入れされていると思いました。

松も立派でしたし…。

そこからさらに北に向かい、脇本陣があったそばに博物館の本館がありました。

なかなか立派な建物で、ジオラマやセットもありました。

ここも無料でした!

(オドロキcoldsweats02

Dsc01364w

真ん中の石碑が…。

「行く春や」とうたうと、芭蕉の句が浮かぶんですけど

でも、あの句は千住だから関係ないのか・・・。

Dsc01367w

途中に横に入ると、神社仏閣が見えてきます。

歴史ある町だと改めて思います。

Dsc01371w

一里塚跡。

昔の人って、本当にすごいです。

ここに来るまでに何度も地図で確認してしまったワタシは…。

きっと江戸時代なら生き倒れ間違いなしです。

さて、自転車なら10キロ圏内なら余裕です。

今度はどこに行こうかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山道をひた走る~戸田編

さて、久しぶりな「宿場町を歩く」

が、厳密に言うと歩いたわけではありません。

クロスバイクを買いまして、

サイクリングをしてきたんですね。

だから宿場町をこぐと言った方が正しいのかもしれませんが。

さて、板橋宿に行ったのは、まだ東京も不慣れなころでした。

そして、浦和宿は蚊に悩まされたのも今では良い思い出・・・。

その板橋宿と浦和宿に挟まれた宿場町が今回の目的地です。

と、その前に…。

Dsc01339w

今では、こんなに立派な橋がかかっている荒川ですが、

西国からの侵攻を恐れていた江戸幕府にとって、

川は防衛ラインとして大事でした。

だから、橋がなく渡し船で川を渡っていたんですね。

名残は、埼玉側の橋より東側に降りたところに見ることができます。

Dsc01341w

戸田の渡しです。

浮世絵の題材にも選ばれたこの渡し船は

中山道を通る多くの旅人に利用されたものでした。

Dsc01344w 

今は、この石碑と近くにある水神社が面影を残しています。

昔は、この神社に初もののキュウリを備えなければ泳げなかったそうで

Dsc01345w

キュウリが備えられていました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

浦和宿で門をめぐる

浦和宿に行ってきました。

中山道の宿場町であった浦和宿は、

今もさいたま市の浦和地域として賑わっています。

Dsc01682

今は改装工事中。

まず向かったのは西口近くにある高砂小学校。

浦和最古の学校で、明治4年に設立されたそうです。

Dsc01684

門構えに当時の面影を残していますよね。

学校に威厳があるのもいいなと思ってしまいますが…。

次に向かったのは調神社(つきじんじゃ)

つきといえばウサギということで、

Dsc01690

狛犬ならぬ狛ウサギです。

Dsc01689

手水もウサギ・・・。

ツキということで、運を呼び込む神様なのですが

いい出会いがありますようにとお願いしておみくじを引いたら、

運命を変えたい気持ちはわかるが

朱に交われば赤くなるから今は我慢しなさい

みたいなことが書いてあった。トホホ。

旅行は一人で行くこととも書いてあったし…。

そうですかい!なら、一人で岬のヘリに立つさ!

(アブナイshock

さて、神社もあるとなればもちろんの寺も。

真言宗の古刹で、何と創建は平安時代だそうです。

Dsc01696

山門は江戸時代後期の建築。重厚感があります。

今でもすぐそばには図書館や会館があって、

古くより町の中心だったのでしょうね。。。

そばには常盤公園が。

徳川家康が御殿を作った場所なのだそうで、

明治時代には裁判所があったそうです。

Dsc01701

今は、公園に若干不釣り合いな塀に当時の面影を残しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

熊谷をあるく

行田を歩いた日。熊谷まで足をのばしました。

Dsc016601

熊谷駅はJR熊谷駅に隣接していてとても大きいのですが、

隣の上熊谷駅になると、こんなにちいちゃく。。。

プラットフォームから駅舎までは踏切を渡って移動します。。。

熊谷といえば

Dsc016671

日本国内の最高気温の記録がある場所です。

もちろん、このあたりの場所と比べてとくに熊谷が暑い・・・

というわけではないそうで、

熊谷に気象台があるのも大きな理由の一つだそうです。

もちろんこの日も暑かった…。

そんな暑い日は

Dsc01663

池の周りをぐるっと歩くと大分違いますね。

とはいえ、やっぱりこれでは物足りず・・・。

Dsc016701

熊谷名物しろくまを食べました。

かき氷なんてどこも同じ・・・なんて思っていましたが、

口当たりがよくとてもおいしかったです。

ちなみに熊谷は

Dsc016681

中山道の宿場町としても栄えていた場所です。

ところが、熊谷宿をしのぶものはほとんどありません。

終戦前夜の空襲によって消失してしまったのだとか…。

Dsc01669 

でも、道にどことなく面影を残しているような気がします…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

草加宿を歩く

日光街道の千住宿の次にある草加宿。

千住宿はほとんど面影もおぼろでしたが

http://fwit5220.cocolog-nifty.com/bachelorgirl/2008/10/post-b100.html

草加宿は面影が大分残っております。

Dsc015571

幹線道路には橋もかかっています。

昔は、この道も川だったのでしょうか…。

Dsc015601

松尾芭蕉も歩いた道です。

Dsc01562

確かにタビゴコロが呼び起こされる道ですよね。

Dsc01566

遠くには曾良が・・・。

やっぱり旅には相棒が必要…ですね。

カメラ買おうかな…

(マダ、ナヤンデルノ?!wobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

高坂宿と松山宿をちょっとだけ歩く

さてさて、高坂宿は高坂駅の東口あたりだったそうです。

20100522004

傾いている…。

東武東上線の開通ともにさびれていったのだとか。

交通の要所として栄えた場所が、交通の発達とともにさびれていく…。

時代の皮肉ですよね…。

Dsc01483

都幾川を超え、さらにしばらく歩いて行くと・・・。

松山宿につきました。

Dsc01495

江戸時代より栄えてきた日光街道ですが、

どことなくタイムスリップしたような不思議な風景です。

20100522005

20100522006

Dsc01493

江戸時代末期より続くうなぎ屋さんでお昼を食べました。

Dsc01498

二重にうなぎが入っていてうまい!です。

その後、箭弓稲荷神社に行ってきました。

Dsc01501

やきゅう繋がりということで、バットの絵馬やお守りもあります。

なんとなくタイムスリップしたような不思議な風景が広がる

不思議な町でしたが、これから開発が進んでいくと

消えていくのかもしれませんね。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

川越街道を歩く~三富新田と大井宿~大井宿編

次は川越街道に向かいます。

やはり、歩いて…。

20091011009 途中で、お店を見つけました。

何だろう・・・。この

一見オリジナリティーを

求めたお店のように見え

自分がなさそうなネーミングは・・・。

でも、結構好きですけど。

(ソウナノ?!gawk

川越街道に戻ると松の木が

20091011010 川越街道の

江戸時代からの

風景が残ってます。

もっとも昔はもっと

道の幅が狭かったようで

20091011011 20091011012

今の中央分離帯に松並木があります。

根を痛めていそうで、ちょっとかわいそうですね…。

でも、元気よく伸びていました。

20091011014 このあたりは、昔

大井宿と言われていました。

大きな井戸があったためと

言われています。

井戸が復元されてありました。

確かに、大きな井戸です。。。

一番近い川は柳瀬川でかなり遠いことから

井戸は水資源を確保するため大事だったのでしょうね。

川越から近いこともあり、継立てのみの宿であったにも

かかわらず、かなり賑わっていたそうです。

しかしながら、明治時代に何度かの大火にあい、

現在はほとんどその面影を残していません。

本陣跡も、洋風な建物になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧